メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

共有数式

許可が必要: モデル管理とモデル

ナビゲーション: 数式

共有数式は、数式ウィンドウで入力を取得する値または計算です。  共有式は、選択したバージョンの期間全体に適用されます。

共有数式ページでは、複数の組織で科目の共有数式を設定できます。 

共有数式入力で使用可能な科目 

共有数式入力では、GL科目 およびカスタム科目を使用できます。合計科目とシステム科目は、共有数式科目セレクターに表示されていますが、共有数式用に選択することはできません。合計またはシステム科目では、データ入力は、許可されていません。 

共有数式入力では、メトリック、モデル、キューブ、前提条件科目は使用できません。メトリック科目の数式入力は、科目管理で管理されます。メトリック、モデル、キューブ科目の数式入力は、シート管理で管理されます。前提条件科目の数式入力は、ユーザーの編集としてシートで管理されます。 

共有数式入力で使用可能な組織 

共有数式が入力を取得する組織に制限はありません。科目がある組織で非表示になっている場合でも、数式入力の組織を選択できます。 

共有数式は、シートにデータを入力すると上書きできます。ただし、管理者が科目をシート上で読み取り専用として設定している場合は除きます。共有数式は他の数式と何ら変わらないように見えますが、毎月、同じ数式が使用されます。

どのバージョンにも追加できる共有数式の数には上限が設けられています。科目/組織の交差部分で入力できる共有数式は 200,000 件までで、科目/組織/時間の交差部分に入力できる共有数式は 1,000 万件までです。 

共有数式ページの移動

  • ツールバーから科目を選択します。ドロップダウンを使用して、GL およびカスタム科目を検索します。参照または検索により、科目を見つけて選択できます。

  • 左ペインの組織選択は、組織構造での移動と組織の選択に使用します。選択方法:

    • 組織を検索します。検索が完了したら、[検索] タブが表示されます。ここでは、組織の検索基準に合致するアイテムに焦点が当てられます。

    • 組織を参照します。

[検索] バーから ([ツリーの深さを展開] アイコン)をクリックします。 メニューが表示され、組織ツリーを展開する深さを選択します。

  • 組織選択ペインの [組織] タブは、選択した科目の組織を参照するために使用します。列は、各組織で選択した科目に関する追加情報を提供します。 

    • ユーザーを編集: 値、数式、またはデータのインポートがシートに入力されると、 アイコンが、選択した科目の組織の横に表示されます。

    • 非表示の科目:  科目がその組織で非表示の場合は、  アイコンが、選択した科目の組織の横に表示されます。

    • 数式: 組織と選択した科目の数式を表示します。

  • [検索] タブ: 組織でフィルタされた検索結果を表示します。

  • [選択済み] タブ: 選択した組織にさらに絞り込みます。ここから、数式入力を管理し、特定の選択した組織を更新できます。 組織と科目の選択が維持されるので、バージョンを切り替えても組織と科目を再度選択する必要はありません。

共有数式の追加

ナビゲーション: ナビゲーション> 数式

  1. 画面右上にあるバージョン セレクターでバージョンを選択します。

  2. 科目セレクターから科目を選択します。科目セレクターは、画面のバージョン セレクターの下と左に位置しています。リスト内で科目を検索するには、[検索] ボタン(虫メガネ型)をクリックします。

  3. 更新する科目を選択したら、数式を追加する組織を選択します。  

複数の組織を一度に選択して一括操作を行える点に留意してください(数式の設定、ユーザー編集のクリア、数式の削除など)。 キーボードのショートカット(Shft キー + クリック、Ctrl キー + クリック、右クリック)は、共有数式で効率的なナビゲーションとマルチ組織範囲の選択に使用できます。 選択した範囲を右クリックし、ポップアップ ダイアログ ボックスで [チェック] オプションを選択することにより、ボックスを選択して一括編集の組織範囲を選択できます。

  1. 科目と組織を選択したら、[数式を設定] ヘッダーの下で、画面左の大きな白いボックスをクリックして、数式の構築を開始します。

  2. すでに数式を作成している場合は、これを [数式を設定] ボックスにタイプするか、コピーして貼り付けます。正しい構文の数式を作成するためにヘルプが必要な場合は、シートの右下にある [フォーミュラアシスタント] リンクをクリックします。組織の共有数式を作成または変更しても、共有数式を上書きする組織のユーザー編集は消去されません。

  3. [保持] ラジオ ボタン([フォーミュラアシスタント] リンクの下、画面右下にある [ユーザーを編集])を選択して、ユーザーがシートで数式を変更できるようにします。または、[削除] ラジオ ボタンを選択して、保存する際に数式のユーザー編集をクリアします。

  4. 数式の編集をキャンセルして元の状態に戻すには、詳細パネルの上部にある、[キャンセル]    をクリックします。

  5. 数式を設定するには([ユーザー編集] での ["保持"] または ["削除"] ラジオ ボタンの選択を含む)、詳細パネルの上部にある [保存]  アイコンをクリックします。

共有数式の上書き

以下のように、共有数式を上書きするには、いくつかのオプションがあります。

  1. シートのユーザー編集 - ユーザー編集で科目が利用可能である場合は、シートで共有数式を上書きできます。
  2. マスター数式 - 科目でマスター数式を入力すると、共有数式が上書きされます。 マスター数式の詳細については、科目詳細のマスター数式、データタイプを参照してください。

共有数式の削除

  • 共有数式を削除するには、組織を選択して、画面の左上にあるツールバーで [削除]    をクリックします。

  • 組織で表示されるユーザー編集内容をクリアして、強制的に当該組織のセルに共有数式を表示するには、[削除] ラジオ ボタン([フォーミュラアシスタント] リンクの下、画面右下にある [ユーザー編集])をクリックするか、画面左上のツールバーで、ユーザー編集の削除 アイコンをクリックします。

数式のバージョンおよび組織の管理

新しいサブ組織が作成されると、その親組織のすべての数式が新しいサブ組織にコピーされます。

 [新しいバージョンを作成]  ボタン(既存のバージョンをコピーする)で、新しいバージョンを作成した場合も同じです。ソース バージョンにあるすべての数式が新しいバージョンにコピーされます。

  • この記事は役に立ちましたか?