メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

数式の確認

ナビゲーション: [モデリング] > [モデル管理] [数式の確認] をクリック

許可が必要: モデルおよびシートのアクセス

[数式の確認] 機能を使用すると、特定のバージョンであらゆる数式のエラーを検索して、単一の画面に表示することができます。[数式の確認] をクリックすると、現在作業中のバージョンでエラー確認手順が実行され、数式エラーを列記したページが表示されます。 

設定

  • 最大エラー数: 画面に表示されるエラーの最大数。

  • 参照エラーを除外: このボックスにチェックを入れると、[数式の確認] ではエラーのある数式を含むセルのみが表示され、エラー セルの値を参照する有効な数式の結果としてエラーが含まれているセルは除外されます。

  • 更新: このボタンをクリックすると結果が更新され、[設定] セクションで行われた変更内容が反映されます。

要約

  • 必要な合計計算値: モデルで計算が可能な場所の数を示します。

  • 実行された合計計算値: [最大エラー数] に達するまで、ページの生成中に実際に実行された計算の件数。

  • 経過時間: この情報を計算するためにサーバー上で費やした時間。

  • 検出されたエラー数: 検出されたエラーのある場所の合計数。この数がその下に表示されているエラー数と異なる場合は、ツールチップでその差異について説明が行われます(例:"この数値にはスキップされた 27 件の合計エラーが含まれます")。

  • バージョン名: 数式が確認されたバージョンの名前。

[数式の確認] は現在作業中のバージョンでのみ実行されます。現在作業中のバージョンを変更するには、ホーム領域に戻って別のバージョンを選択してください。

エラー詳細

  • 科目名: エラーが現れている科目の名前と、その科目コードに関するツールチップ。

  • 組織名: エラーが現れている組織の名前。

  • 日付: エラーが現れている月。

  • エラー メッセージ: エラー メッセージと、セル エクスプローラーへのリンク。

  • この記事は役に立ちましたか?