メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

視覚的なモデル概要

許可が必要: モデル管理とモデル

[モデル概要] では、以下のようにモデル デザインのインサイトを見ることができます。

  • シートとその定義(標準、モデル、キューブ)
  • シートの科目
  • 科目間のデータフロー

[モデル概要] ページは、左側の要素ペインと右側のモデル キャンバスに分かれています。 

モデル キャンバスには、データフロー ダイアグラムが表示されます。 ダイアグラムは、現在選択されている組織とバージョンによってフィルタされます。 アクセス権により、ダイアグラム ビューが変わります。

異なるビュー ポイントで、キャンバスの要素を再配置できます。 ページを更新すると、ダイアグラムが元の状態に戻ります。  

新しいシートを作成するか、科目への新しいリンクを作成すると、データフロー ダイアグラムが自動的に更新され、モデルで新しい接続が反映されます。

モデル概要の使用

ナビゲーション: >[モデリング] > [モデル概要] を開きます。

さまざまな方法でモデルを操作できます。 

モデル キャンバスから、以下のことを実行できます。

  • ズームイン/ズームアウトする
  • 異なるエリアで、モデルの要素をドラッグする
  • ドラッグして、任意の方向にスクロールし、ページのモデルを配列する
  • モデル要素をダブルクリックして、プロパティとデータフローの詳細を開く
  • 方向矢印で、データフローの詳細を表示する
  • シートで、関連する科目、組織、属性、特性、前提条件、および制限を表示する
  • 科目で、科目の詳細を確認および管理する
  • ダイアグラムをキャンバスの中心に再配置します。

特定の科目でデータフローを分離するフィルタを作成できます。 たとえば、新しい予算管理マネージャーは、収益を計画するためにどのシートにアクセスするかを理解する必要があります。 予算管理マネージャーは、モデルの収益データフローも理解する必要があります。 収益フィルタを作成するには、予算管理マネージャーが以下の手順を実行します。

  1. 左側のナビゲーション ペインにある [検索] フィールドに、"「収益」"と入力します。
  2. [検索] タブから収益科目を選択して、フィルタを作成します。 複数のフィルタを作成できます。
  3. データフロー ダイアグラムを調べてドリルダウンし、収益モデルの理解を深めます。
  4. ブレッド クラムを選択してクリア アイコンをクリックすると、フィルタがクリアされます。

線やオブジェクトをダブルクリックすると、フィルタを適用している場合でも、 それについての詳細が表示されます。 

visual_model_overview_steps.png

科目の階層と関係の調査

[要素] ペインで、モデルで作成された科目階層を確認できます。 

親とリーフ科目を以下に関して確認できます。

  • 総勘定元帳科目
  • カスタム科目
  • メトリック科目
  • モデル科目
  • キューブ科目
  • 前提条件科目

これらの科目のいずれかを選択すると、データフロー ダイアグラムのフィルタが作成されます。

モデル概要のグラフィカル表現

下の表は、モデル概要のグラフィカル表現を示します。

科目とシートのアイコン

アイコン 説明

 

科目ツリー:
モデル概要に表示される科目ツリーは次のとおりです。
  • GL 科目
  • カスタム科目
  • 前提条件科目、および
  • メトリック科目。

このアイコンをダブルクリックすると、科目の詳細が表示されます。  

キューブ科目とモデル科目の詳細は、該当するシートに表示されます。 

科目について詳しくは、「科目の管理」科目の管理をご覧ください。

 

 

標準シート:
割り当てられた組織とユーザーが割り当てた標準シートは、モデル概要で青い六角形として表示されます。 
このアイコンをダブルクリックすると、シートのプロパティと、標準シート管理へのリンクが表示されます。 

標準シートについて詳しくは、シートの概要および標準シートをご覧ください。

 

 

モデルシート:
割り当てられた組織とユーザーが割り当てたモデルシートは、モデル概要で緑の六角形として表示されます。 
このアイコンをダブルクリックすると、シートのプロパティと、モデルシート管理へのリンクが表示されます。  
 
モデルシートについて詳しくは、「シートの概要およびモデルシート」をご覧ください。
 

 

キューブ シート:
割り当てられた組織とユーザーが割り当てたキューブ シートは、モデル概要で黄色の六角形として表示されます。 
このアイコンをダブルクリックすると、シートのプロパティと、キューブ シート管理へのリンクが表示されます。 
 
キューブ シートについて詳しくは、「シートの概要およびキューブ シート」をご覧ください。

モデルの接続アイコン

アイコン

説明

  


破線コネクタ:
破線のデータフロー矢印は、科目がシートに含まれていることを示し、科目がその上に表示されます。破線の矢印:
  • そのシートのツリーに科目が表示された場合は、科目ツリーをシートに接続します。
  • 1 つのシートで作成された科目(モデル科目など)が別のシートで作成された科目(標準シートなど)に表示される場合は、シートを他のシートに接続します。
この行をダブルクリックすると、ソースからターゲットシートに流れる科目のリストが表示されます。 
 
  

実線コネクタ:

実線のデータフロー矢印は、科目が、数式またはシートのリンクで参照されていることを示します。矢印の方向は、データフローの方向を示します。

この行をダブルクリックすると、ターゲットで参照されている、ソースからの科目リストが表示されます。

 

データ テーブルのアイコン

アイコン

説明

データフロー矢印
科目とシート間の接続を調べる場合、データ テーブルのヘッダーにアイコンが表示されます。

組み込み矢印

科目とシート間の接続を調べる場合、データ テーブルにアイコンが表示されます。破線データ フロー矢印に関連付けられます。


数式リンク
科目とシート間の接続を調べる場合、データ テーブルにアイコンが表示されます。実線データ フロー矢印に関連付けられます。
 数式に科目が含まれていることを示します。 データ フロー テーブルでは、From 科目は To 科目の数式に含まれています。

科目のリンク
科目とシート間の接続を調べる場合、データ テーブルにアイコンが表示されます。実線データ フロー矢印に関連付けられます。
科目がリンクされていることを示します。データ フロー テーブルでは、From 科目は To 科目のリンクです。 
  • この記事は役に立ちましたか?