メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

特性または特性値の作成

属性、属性特性、組織の特性、科目特性で同じ名前を共有することはできません。たとえば、インスタンスにすでに Region という属性が含まれている場合は、Region という科目特性を作成することはできません。

特性の作成

特性を作成するには、次を実行してください。

  1. [モデリング] > [モデル管理] を開き、[科目特性]、[属性特性] または [組織の特性] をクリックします。
  2. [新しい特性] をクリックします。
  3. [特性の詳細] エリアで、新しい属性の名前を入力します。
  4. 2 つのオプションを選択するかどうかを選択します。
  5. 科目のインポート(または組織)で特性値を自動生成する: このボックスを選択すると、[科目の管理] ページまたは [組織構造の管理] ページで構造をインポートする際に、必要に応じて新しい属性値が作成されます。
    • 並べ替えを維持: この特性リストのすべての値を手動でソートするのではなく、アルファベット順にするには、このボックスを選択します。
    • [保存] をクリックします。

特性値の作成

特性を作成したら、その値を作成する必要があります。これを行うには 3 つの方法があります。

[特性の定義] 画面から特性値を追加するには、以下を実行します。

  1. 値を追加する特性の名前をハイライト表示します。
  2. [新しい特性値] をクリックします。
  3. [特性値の詳細] セクションで、値の情報を入力します。
  4. 次のフィールドが用意されています。
    • : 値が割り当てられる特性、またはこの値が特殊である親特性値。
    • 名前: 値の名前。
    • 説明: (オプション)値を割り当てる条件とその意味の説明。これは、他の管理者が特性値を使用する場合に役立ちます。
  5. [保存をクリックします。

[特性構造のインポート] を使用して、1 つのアクションで多数の特性と特性値を作成することもできます。

特性が [科目のインポートで特性値を自動生成する] でマークされている場合、新しい特性値には、科目がインポートされたときに自動で作成される科目ファイルが含まれます。

  • この記事は役に立ちましたか?