メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

特性構造のインポート

一度に複数の特性と特性値を追加する場合は、それぞれを手動で作成するのではなくインポート機能を使用すると、より高速に実行できます。これを行うには、まず新しい特性と特性値の情報を含むスプレッドシートを正しい形式で作成してから、それをインポートする必要があります。

[特性構造のインポート] が表示されない場合は、構造インポートの権限をロールに追加するか、構造のインポート権限を持つロールを付与される必要があります。 

インポート可能な特性構造を作成するためのテンプレートをダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. [モデリング] > [モデル管理] を開き、該当する [科目特性] または [組織の特性] をクリックします。
  2. [特性構造のインポート] をクリックします。以下のオプションを含む構造インポート用のウィンドウが現れます。
    • インポートの操作 - [追加] または [構造全体を再ロード] を選択します。
    • [テンプレートのダウンロード] リンク - クリックして、テンプレートをダウンロードします。
    • [アップロード] および [キャンセル] ボタン

警告: [構造全体の再ロード] は、インポートするタイプの既存の特性をすべて消去するため、正しいオプションを選択したことを必ず確認してください。

インポート ファイルに既に使用中の特性名が含まれていて、「追加」が使用されている場合、エラー メッセージが表示されます。「追加」は、
既存特性のプロパティを変更したり、既存の特性値の親を再設定したりするために使用することはできません。

  1. テンプレートを保存または開くダイアログが表示されます。[テンプレートをダウンロード] リンクをクリックします。
    テンプレート自体には、インポートする情報を入力するための指示が含まれています。それをMicrosoft Excel に開き、その指示に従ってください。
  2. [追加] または [再ロード] では、インポート テンプレートに追加したい項目を読み込みます。
  3. コンピューターの従来の場所にテンプレートを保存します。
  4. 構造インポート ポップアップ ウィンドウで [ファイルの選択] ボタンをクリックし、インポートファイルを見つけて選択します。
  5. [アップロード] をクリックします。

[構造のインポート] オプションについて詳しくは、「構造のインポート」をご覧ください。

  • この記事は役に立ちましたか?