メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

科目の編集と削除

科目を設定したら、必要に応じて詳細を変更したり、親を再設定したりできます。

科目詳細の変更

科目の詳細を編集するには:

  1. 科目にナビゲートします。[科目の管理] ページが開きます。
  2. 科目を参照または検索し、ハイライト表示します。[科目の詳細] ペインが、科目に関連付けられた情報で更新されます。詳しくは、「科目の詳細フィールドの説明」をご覧ください。
  3. 好みに応じて、変更を行います。
  4. ツールバーで Save Icon アイコンをクリックして、変更を保存します。

親科目の再設定

新しい親として使用したい科目またはグループに、少なくとも 1 つの子科目がない場合、その科目やグループの子として新しい科目を追加します。

重要: 親科目で作成された最初の子科目は、–親科目が空である場合でも、親科目のデータで上書きされます。親を再設定している科目に関連付けられたデータを削除しないようにするには、まず、新しい親の子科目を作成します。

 科目をロールアップする親科目またはグループを変更するには: 

  1. 科目にナビゲートします。[科目の管理] ページが開きます。
  2. 科目を参照または検索し、ハイライト表示 します。
  3. [科目詳細] ペインで [ロールアップ先] ドロップダウンから新しい親科目または新しいグループを選択します。
  4. ツールバーで Save Icon  アイコンをクリックして、変更を保存します。
  5. 一時的に子科目 を作成した場合は、それを削除してください。

親科目の一括再設定

この方法を使用して既存の構造要素を更新することはできますが、科目の削除、または再コードはできません。

UI での親の再設定と同様、更新スプレッドシートは、既存の科目を現在のリーフ科目の最初の子に移動することはできません。現在親である科目の子となるよう、既存の科目の親を再設定することのみが可能です。他の科目に親を再設定しようとすると、アップロードが失敗する可能性があります。

インポート構造を使って、親科目を一括で再設定するには

  1. 科目にナビゲートします。[科目の管理] ページが開きます。
  2. [印刷対応ビュー] をダウンロードします。
  3. ロールアップ先 列を編集して、ダウンロードしたファイルの構造を更新します。
  4. [科目構造をインポート] をクリックします。
  5. [更新] オプションを使用して、ファイルをアップロードします。

科目の削除

 科目や、科目の過去および現在のデータが必要なくなった場合は、モデルから科目を削除できます。

削除する科目が親科目の最後の子科目である場合は、 子科目は、削除プロセスの一部として親科目に移動されます。

重要: 科目を削除する際には、科目に関連付けられているすべてのデータが 削除されます。1 つまたは複数のバージョンで過去のデータを保持したい場合は、科目を削除しないでください。親科目を削除すると、親科目と 子科目の 両方が削除されます。

ベスト プラクティス: 科目を削除する前に、[科目の詳細] で科目の [ 依存関係の表示 ] をクリックし、どこで科目が参照されているかを確認できます。

科目を削除するには:

  1. 科目にナビゲートします。[科目の管理] ページが開きます。
  2. 科目を参照または検索し、選択します。
  3. ツールバーで  Delete Icon をクリックして、削除します。
  • この記事は役に立ちましたか?