メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

科目グループの使用

管理者定義のグループで、メトリック科目、カスタム科目、および前提条件を整理できます。グループは、コンポーネント値を合計しないロールアップ科目です。科目グループは 、科目をまとめることなく整理する方法として利用できます。

グループの作成

メトリック科目、カスタム科目、または前提条件を管理している場合にのみ、[科目] ページに [グループを作成 createGroup.png] アイコンが表示されます。

たとえば、モデルに多くの前提条件があるとします。フォーミュラアシスタントから簡単に検索できるように、それらをグループ化したいと考えています。次に、一連の前提条件でグループを作成する方法について説明します。

前提条件でグループを設定するには :

  1.  [モデリング] > [ モデル管理] > [前提条件] に移動します。
  2. ハイライト表示されていない場合は、科目リストの一番上に表示される [前提条件] をクリックします。
  3. createGroup.png  をクリックし、グループを作成します。[科目の詳細] ペインを使用して、グループを定義して作成します。
    例: グループに、「個人の前提条件」という名前を付けます。
  4. SheetViewer-Save.png  をクリックして、保存します。
  5. 科目ツリーで、前提条件をドラッグして、新しいグループにドロップします。

グループ化した 前提条件の使用

グループ化した前提条件は、グループ化により、フォーミュラアシスタントで見つけやすくなります。

AccountGroupsFormulaAssistant.png

たとえば、科目が、レポートやシート エディタでタイプ別にリストされている場合、この新しいグループは、前提条件に表示されます。

科目グループについては、次の点に留意してください。

  • グループ名は、数式に含めるために選択することはできません。これらは、単なる整理ツールです。
  • グループは、科目を集めておく方法であることを忘れないでください。科目は合計されません。科目を集計する必要がある場合は、グループではなくロールアップ科目を作成します。
  • グループは、「科目の選択」ステップでシートまたはレポートに追加できます。

子科目

子科目を持つ科目は、子科目を持たない科目とは異なります。子科目を持つ科目は、ロールアップ科目で自身の値を保持できません。

子科目が科目に追加されると、元の科目は、自身の値を保持できなくなります。元の科目にあるすべての数式は、新しい子科目に移動されます。同様に、親科目に子科目が 1 つしかない場合、子科目が削除されると、子科目の数式または値は、元の親科目に転送されます。複数の子科目がある場合、そのうちの 1 つを削除しても、他の子科目の数式は変更されません。

たとえば、トレーニング科目に現在サブ科目が なく 、 次の数式のみがあるとします。

ACCT.Total_Headcount*ASSUM.Training_per_hd

オンサイト トレーニングという名前のサブ科目を追加します。数式は、サブ科目に移動されます。次に、オンサイト トレーニングが 削除されると、数式は親のトレーニング科目に戻されます。

注:科目を [ロールアップ] フィールドで表示するには、下の科目にサブ科目が存在する必要があります。他の科目が追加された後で、最初のサブ科目を削除できます。 削除する前に、サブ科目に元の科目の重要なデータが含まれていないことを確認してください。

  • この記事は役に立ちましたか?