メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

為替レートタイプの追加または編集

[為替レートタイプの追加または編集] ページでは、為替レートタイプに関する情報を設定または編集できます。この情報は、[通貨の為替レートを入力] ページでタイプがどのように表示されるかを決定します。為替レートタイプは為替レートそのものではなく、「"平均"」や「"月末」など、為替レートを決定するための手段です。"

 
  • コード: 為替レートタイプのコードを入力します。各為替レートタイプには、英数字とアンダースコアで構成される 8 文字以下の一意のコードが設定されている必要があります(特殊文字は使用できません)。

  • 省略形: 為替レートタイプに使用する省略形を入力します。この省略形は、シートとページ([通貨の為替レートを入力] ページなど)で為替レートタイプを特定するために使用されます。省略形は長さが 20 文字以下である必要があります。

  • 名前: 為替レートタイプの名前を入力します。為替レートタイプのフルネームは一部のシートとレポートに表示されます。

  • 説明: [通貨を管理] 画面に表示される説明を入力します。

為替レートタイプの設定変更

[設定] ボックスで、システムで使用する為替レートの方法を設定します。[ 通貨の管理] 画面 [モデリング] > [モデル管理] [通貨]をクリック)を開きます。 乗数または除数を選択します。既に為替レートを設定している場合、 これを変更すると、ここで方法を変更した後でそれぞれを変更する必要があります。 これは、推奨されません。

為替レートを変更するには、ドロップダウン メニューから別のオプションを選択し、 確認のポップアップが表示されたら、[OK] をクリックします。

[為替レート方法] メニューの下にあるボックスを使用すると、 為替換算調整勘定(CTA)を有効にできます。CTAを有効にすると、システムは株主資本科目ツリーと資産 および負債科目ツリー内で作成された差異(これらのツリーに異なる為替レートタイプがあるために発生する)を処理するために、株主資本科目ツリー に科目を作成します。この科目は編集できません。また科目に何かをインポートすることはできません。作成されると、科目のプロパティ (名前を含む)は、[科目を管理] 画面から編集できます([モデリング] > [モデル管理] を開き、[総勘定元帳科目] をクリックします)。

  • この記事は役に立ちましたか?