メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

バージョンの概要

モデル内のバージョンを紹介します。

バージョンは特定の財務シナリオを表します。 たとえば、バージョンは、本年度の実績、次年度の予算、3ヶ年計画、事業取引の効果を評価するためのwhat-if計画である可能性があります。

バージョンには、実績バージョンと計画バージョンという2つのバージョンがあります。実績を表示する場合、既に発生している販売やコストなどの実際の数が表示されます。複数のサブバージョンが存在する可能性があります。たとえば、データを、組織、属性、特性に基づいて小さなセグメントに切片化する実績のサブバージョンを持つことができます。

一方、計画バージョンは、予測または予算に計上された/されているデータです。これらは将来の推定です。インスタンスには一般的に複数の計画バージョンがあります。たとえば、予算、予測、実行予算、承認済み予算が表示されることがあります。計画バージョンは、さらに年別、組織別、属性別、特性別に分類することもできます。

ほとんどの企業では、1暦年または1会計年度をカバーするバージョンを使用しています。科目、組織、属性、その他の階層とタグの構造は、一般的にはバージョン間で同じですが、データは異なります。

バージョンの仕組み

バージョンを作成する場合、[アクセス制御] 設定を使用して、チームがバージョンを使用する方法を設定します。これらの設定は、すべてのユーザーに対して非表示、ロック(データ表示のみ)、または表示および編集可能にします。

バージョンを設定したら、組織設定を使用して、各組織のバージョンの可用性を示します。 

続いて、各チームメンバーに組織を割り当てます。

チームメンバーがログインする場合、ドロップダウンから使用可能なバージョンを選択します。可用性は、バージョンの設定、およびユーザーが選択、または割り当てられた組織によって異なります。

バージョンタイプ

異なるバージョンタイプでは、次のことができます。

  • [ルート実績] をアップロードします。
  • サブバージョンで実績データをスライスします。
  • 実績を真実のソースとして維持し、仕訳入力を使用します(連結した場合)。
  • 任意の数の計画バージョンを作成し、フォルダーを使用してそれらを整理します。
  • 仮想バージョンを使用して、固定通貨レポートの作成を可能にします。

バージョンタイプ」を参照してください。

  • この記事は役に立ちましたか?