メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

[変更履歴] を使用する

ユーザーがシートのセルに加える変更を記録するための [変更履歴] の使用方法について説明します。変更履歴のオンまたはオフの方法と、[変更履歴] レポートを使用した追跡変更の表示方法について説明します。

[変更履歴] はシートの1つのセルに対して、ユーザーが入力した変更内容の履歴を表示します。この情報はデータが作成された場所や日時についての質問(たとえば、このセルの最終変更者はだれかなど)に対応するのに役立ちます。 

[変更履歴] 機能は次に対する変更内容を記録します。

[変更履歴] は、個々のログインおよびログアウトアクションを明示的に記録、追跡しません。[ユーザーアクティビティログ] はこのタイプのアクティビティを記録します。「ユーザーアクティビティログ」を参照してください。 

変更履歴を使用した変更の追跡

デフォルトで、変更履歴はあらゆるバージョンでオフになっています。バージョンをクローンすると、元のバージョンと同じ履歴設定で新しいバージョンが始まります。元のバージョンにおいて変更履歴がオンになっている場合、新しいバージョンの作成時に既存の変更履歴をコピーできます。 それ以外にも、新規バージョンにおいて新しい空の変更履歴で開始することが可能です。

変更履歴はどのバージョンでもオンにできます(実績およびサブバージョンを含む)。

  1. モデリング > バージョンの順に移動します。
  2. バージョンの詳細で次の操作を行います。
    • 有効化するには[変更履歴] を選択します。
    • [変更履歴] のチェックをオフにすると無効化できます。
      変更履歴を無効化すると、そのバージョンに含まれるすべての変更履歴情報は削除されます。

 変更履歴の変更点を表示

変更履歴で追跡した変更内容を照会するには:

  1. 次に移動します: レポート
  2.  [新規レポート]から  [変更履歴の検索] を選択します。

 

変更履歴レポートの実行」を参照してください。

  • この記事は役に立ちましたか?