メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

組織を作成し、編集し、クローン化する

代替的な階層、リンク組織、相殺消去組織を含む組織構造を作成、クローン化、編集する方法について説明します。

対象者:モデルを管理する管理者。

組織はビジネスの組織構造です。たとえば、組織は部門、原価センター、利益センター、または地理的な地域を表します。

が始める前に

  • 組織に詳しくありませんか? 「組織の概要」および「組織インターフェースツアー」を参照してください。
  • 必要な権限: モデル管理アクセス > 組織構造
  • 追加の権限: [モデル管理アクセス > 構造のインポート ] でバルク更新をインポートします。

そこに着く方法

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニューから [モデリング] を選択します。[組織] および [属性] メニューから [組織] を選択します。

組織の基本ステップを作成する

  1. 方法を選択します。
  2. 設定を選択します。
  3. 保存します。
  4. Adaptive Insights組織を、新しい組織の親に既に割り当てられている、任意の組織割当シートに自動追加します。ユーザー割当シートの場合、新しい組織をシートに追加しなければなりません。

方法を選択する

  • 作成します: 組織階層リストから任意の組織を選択します。[新規組織の作成] createNewLevel.pngを選択します。この結果は、親の共有数式と多くの設定を継承する単一の組織です。 
  • クローン: 組織リストから、リーフ組織(展開できません)を選択し、[組織のクローン] cloneLevel.pngを選択します。 結果は、元の組織と同じ設定、共有数式、データを持つ組織です。
  • リンク: 組織の階層から組織を選択し、[新規リンク組織の作成] createNewLinkedLevel.pngを選択します。組織を別のインスタンスにリンクさせます。 
  • インポート: 複数の組織を作成するか、バルク編集を行います。個々の設定はスプレッドシート内の列です。「組織のインポート」を参照してください。

クローンまたは作成

設定または共有数式のいずれかをコピーしたい場合、組織の作成が最善です。コピーしたい組織の子を選択し、[新規組織の作成] createNewLevel.pngを選択します。ほとんどの設定が更新されて親と一致します。 

すべてのデータをコピーしたい場合、クローンが最善です。クローンしたいリーフ組織を選択し、[組織のクローン] を選択します。[合計先] ドロップダウンから別の親を選択した場合、クローン化された設定の多くは変更されて親の設定に一致します。データは依然としてコピーされます。

継承される組織の設定とデータ」を参照してください。 

組織の設定を選択する

設定を選択すると、組織の挙動と可視性が変更されます。詳細については「組織のフィールドと設定」を参照してください。

  1. [名前] と [短い名前] を入力します。
  2. [合計先] ドロップダウンから親組織を選択し、[保存] を選択します。

組織は、クローン中であっても親組織からの設定の多くを継承します。保存するまでの間、これらの継承された設定は表示されません。確定解除された計画バージョンの共有数式は常に新しい組織で継承されます。詳細については「親および親の再設定」を参照してください。

  1. ここでは [組織承認者] 選択ボックスはスキップします。組織の保存後、設定に戻ってユーザーの承認者を増やします。「承認者を組織に割り当てる」を参照してください。 
  2. [ワークフロー] がある場合、[ワークフロー内] の設定は全社(および下方向)から [はい] になります親がワークフローにない場合、フィールドは無効になります。選択します:
    • 組織がワークフロープロセスの一部である場合、[はい]
    • それをプロセスから削除する場合、[いいえ]
  3. [通貨] ドロップダウンから通貨を選択します。または、ドロップダウンリストの下部で [標準通貨を追加] を選択します。個々の科目の科目設定で設定された為替レートによって、合計組織で通貨が換算されます。
  4. [バージョンと可用性] セクションをスキップします。新しい組織を保存した後、戻って組織の可用性を更新します。「バージョンにおいて組織の可用性を変更するバージョンにおける組織の可用性の変更」を参照してください。 
  5. [シート] セクションで、チェックボックスを使用してシートを新しい組織に割り当てます。[シート] セクションには、すべてのモデルの組織割当シートのリストが含まれています。
  • 親組織に割り当てられたシートは、新しい組織に向けて自動的にチェックされます。チェックを外し、組織からシートを削除します。
  • シートが親に割り当てられていない場合、読み取り専用であり、組織に割り当てることはできません。
  • シートのチェックを外すと、組織はシートの列、行、フィルタに表示されなくなります。

組織を別のインスタンスへリンクさせる

リンク組織は、組織の階層内にリンクアイコンを持っています: linkedlevel.png

親インスタンスの組織を子インスタンスの組織にリンクさせます。インスタンスを更新する場合、親のデータは子インスタンスのデータに同期します。「マルチインスタンスソリューション」を参照してください。

前提条件

  • マルチインスタンスソリューション
  • リンク組織は、階層内の任意の組織の子である可能性があります。
  • リンク組織はリーフ組織でなければなりません。子の組織を持つことはできません。 

リンク組織を作成する

  1. ツールバーから [新しいリンク組織の作成] createNewLinkedLevel.pngを選択します。ボタンはマルチインスタンスソリューションの場合に表示されます。
  2. [組織の詳細] 設定で、[リンク先] ドロップダウンからインスタンスを選択します。ドロップダウンは [組織承認者] の下に表示され、現在のインスタンスに合計されるすべてのインスタンスを含んでいます。
    LinkedToLevelSetting.png

代替的な組織階層を作成する

個々の組織を属性または特性にタグ付けします。タグは、組織構造向けの代替的な合計値を作成します。たとえば、代替的な階層は地域、機能、部門である可能性があります。その後、個々の属性または特性について合計をレポートできます。 

前提条件: 

  • 以前作成した組織の属性または組織の特性。

組織の属性と特性」および「組織の属性と特性の作成」を参照してください。  

属性と特性を使用して組織をタグ付けする

  1. 階層リストから、タグ付けする組織をハイライト表示します。
  2. [組織の特性] セクションまたは [組織の属性] セクションにおいて、個々のまたは任意のドロップダウンメニューから値を選択します。ドロップダウンが表示されない場合、最初に組織の属性または特性を作成する必要があります。

Level dimensions and attributes drop-downs

  1. 代替的な合計を使用するには、数式およびレポートにおいて属性または特性を参照します。

相殺消去および取引先の組織を作成する

相殺消去組織は連結ソリューションの一部です。相殺消去ルールを使用し、相殺消去組織としてタグ付けされた組織の合計値から子組織間のトランザクションを削除します。たとえば、[全社] は会社Aと会社Bを所有しています。もし、会社Aが会社Bから何かを購入した場合、トランザクションは費用です。会社Bのトランザクションは収益です。[全社] が相殺消去組織である場合、[全社] 組織においてトランザクションを相殺消去するためのルールを作成します。得られた費用と収益は相殺消去組織に合計されず、合計組織の収益や費用データに影響を及ぼしません。

前提条件

  • 連結
  • 取引先は、作成組織として相殺消去組織を有する必要があります。 

相殺消去組織を作成する

相殺消去組織は、組織階層にアイコンが表示されています。 eliminationlevels.png

  1. 組織階層から任意の組織をハイライト表示します。
  2. [相殺消去の設定] において [相殺消去組織] チェックボックスを選択します。 
    EliminationLevelSetting.png

取引先としてタグ付けされた子孫間のトランザクションは、相殺消去ルールの設定後、この組織において相殺消去されます。 

取引先組織を作成する

ラベル、相殺消去、取引先は [一般設定] において設定されています。任意のラベルである可能性があります。

  1. 組織階層から任意の組織をハイライト表示します。
  2. [相殺消去] 設定において [ 相殺消去取引先] チェックボックスを選択します。この設定は、組織の世代の1つが相殺消去組織である場合にのみ使用できます。相殺消去取引先でタグ付けされた組織のすべての子組織もタグ付けされます。 
    TradingPartnerSettings.png

組織を編集する

  1. 組織リストから組織をハイライト表示します。
  2. 設定を更新します。前のセクションを参照してください。
  3. 保存します。

メッセージや警告に注意を払い、プロンプトに従って変更を保存します。組織の編集はデータの可視性とフローに影響を与える可能性があります。 

親組織の設定

親組織を編集すると、その子組織の設定も更新される可能性があります。「継承された、またはクローン化された組織の設定およびデータ」を参照してください。

ベスト プラクティス: 親組織に変更を加えた後、その子組織の設定を確認します。

全社の設定

全社の設定は、他の組織の設定とは異なります。 

設定ルール
次にロールアップ 読み取り専用。全社を [なし] に合計します。 
組織承認者 全社の承認者はすべての組織を所有します。「組織を承認者に割り当て」を参照してください。
ワークフローに含まれます ワークフローを使用する場合、全社のワークフロー設定は [はい] で、読み取り専用です。ワークフロープロセスにおいて、全社組織を [進行中または承認済み] にマークできますが、その送信または拒否はできません。
通貨 読み取り専用。全社の通貨は常に、インスタンスの初回設定時に選択した企業の通貨です。「FAQ」を参照してください。
バージョンと可用性 すべてのバージョンにおいて読み取り専用です。全社組織は常に、すべてのバージョンで使用できます。 
シート 全社からシートを削除する場合、シートとそのデータを、あなたを含むすべてのユーザーから非表示にします。

新規組織の共有数式をコピーする

新しい組織は、親組織の共有数式を継承します。「共有数式」を参照してください。

  1. 新しい組織の場合、コピーしたい共有数式を有する [合計先] ドロップダウンから親組織を選択します。組織を保存します。
  2. 組織の親を再設定します組織の親を設定または親を再設定する。組織は共有数式を維持します。組織を保存します。
  3. 必要に応じて他の設定を更新し、保存します。
  • この記事は役に立ちましたか?