メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

一括更新のための科目のインポートまたはエクスポート

総勘定元帳、カスタム、前提条件、グループ、メトリック科目のインポート方法について説明します。マスター数式およびその他の科目の設定などのバルク編集と追加、あるいは科目構造全体の置換について学習します。

Target audience: Administrators who manage the model. 

科目とは、費用、資産、債務、売上、任意のビジネスメトリックなどの実績情報または予測情報を分類する入れ物です。

Use templates to import bulk updates or new general ledger, custom, preconditions, and metric items. 

For bulk updates, you can: 

  • Change Hierarchy: Edit Total To column in template
  • Import Master Formula into General Ledger and Custom Accounts: Type or paste the formula in the Master Formula Adaptive Insights column using syntax and protocol. See " Formula ". 
  • Any other settings.

To import model subjects, import the entire model sheet. " Creating a model sheet Please refer to the". Cube subjects cannot be imported. " Creating a cube seat please refer to the".

が始める前に

  • Not familiar with your course ? See Course Overview .
  • Required access to import courses: Model Management> Structure Import.

[ Re-read the entire structure ], you can delete all of the relevant data subjects.

そこに着く方法

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニューから [モデリング] を選択します。[科目] メニューから次を選択します。総勘定元帳科目、カスタム科目、メトリック科目、前提条件。

Import options

  • 更新: 既存の要素のみを編集します。最初に要素をエクスポートしなければなりません。
  • 追加: 新しい要素を追加し、既存の要素をそのままの状態で残します。テンプレートを使用しなければなりません。
  • 構造全体を再ロード: すべての既存の要素とそのデータを削除し、新しい構造化リストをロードします。テンプレートを使用しなければなりません。

[構造全体を再読み込み] は、すべての関連データを削除します。

Add new subject or replace entire structure

最初にテンプレートを探し、それを完成させます。次に、完成したテンプレートをアップロードします。

テンプレートを検索する

  1. ツールバーから [構造のインポート] を選択します。このボタンが表示されない場合、[モデル管理 > 構造のインポート] 権限を有していません。
  2. ポップアップウィンドウから [テンプレートのダウンロード] を選択します。 

Download Template Link

  1. テンプレートを完成させ、コンピュータにそのファイルを保存します。
  • 最初のシートには、テンプレートの使用方法に関する説明が記載されています。
  • 2番目のシートは、完成させてインポートするテンプレートです。 

Batch edit (update) existing courses

  1. 適切な画面に戻り、ツールバーから [構造のインポート] importAccountStructureIcon.pngを選択します。このボタンが表示されない場合、[モデル管理 > 構造のインポート] 権限を有していません。
    • [インポート > 追加] を使用し、階層リストに新しい要素を追加します。スプレッドシートに既存の要素を一切含めないでください。
    • [インポート > 構造全体の再読み込み] を使用し、既存の要素を削除して新しい構造と置き換えます。これにより、既存の要素とそのデータが削除されます。
  2. [ファイルの選択] を選択します。ファイルを参照し、テンプレートのスプレッドシートを選択します。
  3. [アップロード] を選択します。 

階層リストを確認し、それらが希望どおりにアップロードされたことを確認します。

 

  • この記事は役に立ちましたか?