メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

科目構造を再編成する

では、総勘定元帳、カスタム、メトリック、前提条件、モデル、グループ、キューブ科目の並べ替えと親の再設定について説明します。

対象者:モデルを管理する管理者。

科目リストを再編成するには:

  • 並べ替え: 科目の表示順を変更します。 
  • 親の再設定: 科目の合計階層および、データの合計方法を変更します。 

次の例において、Fixed Assets, Current Assets, Other AssetsおよびLong Term Assetsの順番を変更できます。Long Term Assetsを移動させてそれをFixed Assetsの子にした場合、その合計を変更するか、その親の再設定が行われることになります。

Accounts in the same level hierarchy

ルート科目または一部の総勘定元帳科目については、順番の変更または親の再設定を行えません。テンプレートを使用して新しい構造をインポートすることもできます。 

が始める前に

科目の親を再設定する場合、合計データは確定中のバージョンを含むすべてのバージョンに変更を加えます。これは過去の予算と実績に影響を与えます。希望する代替的な合計をシミュレートするには、科目の属性の使用を検討します。  

  • 科目の階層がどのように機能するかを理解します。「科目の概要」を参照してください。
  • 必要な権限:  モデル管理>モデル
  • タスクに基づく追加の権限: モデル管理> 前提条件およびモデル管理>構造のインポート。

そこに着く方法

GL、カスタム、メトリック、および前提条件科目

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニューから [モデリング] を選択します。[科目] メニューから次を選択します。総勘定元帳科目、カスタム科目、メトリック科目、前提条件。

モデルおよびキューブ科目

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニューから [モデリング] を選択します。[シート] メニューから [組織割当シート] または [ユーザ割当シート] のいずれかを選択します。キューブまたはモデルシートの横にある [編集] リンクを選択します。[キューブ科目] リンクまたは [モデル科目] リンクを選択します。  

科目リストの並べ替え

科目の順番を変更する場合、階層の同一組織内で科目を移動させることのみが可能です。

  • 上向きと下向きの矢印: 科目を選択し、Move UpおよびMove Downを選択して科目を移動させます。
  • カットアンドペースト: 科目を選択し、右クリックして> [切り取り] を選択します。次に、同じリストで別の子組織を選択し、右クリックして> [貼り付け] を選択します。
  • ドラッグアンドドロップ: 科目を選択します。[アカウントの詳細] を表示した後、選択してホールドし、その科目を別の位置へドラッグします。その科目を新しいスポットにドロップします。 

科目の親を再設定する

科目の親を再設定する場合、科目を移動させてそれらを別の科目へ合計できるようにします。 

科目の [合計先] フィールドが読み取り専用の場合、親の再設定はできません(「組み込み総勘定元帳科目」を参照)。

Locked Rolls Up to Field

親の再設定のオプション

親の再設定方法を選択する前に、所与の合計に関する状態を検討してください。

所与の合計科目 それを実現する方法

既存の子科目を有しています。 

 

  • カットアンドペースト
  • ドラッグアンドドロップ
  • 科目設定を編集する
  • 既存の子科目を有していません。
  • そこにデータは一切保存されていません。

一時的な子科目を作成し、[合計先] ドロップダウンに所与の合計が表示されるようにします。

  • 既存の子科目を有していません。
  • そこにデータが保存されています
  • 所与の合計科目をその科目の兄弟にします。両方の科目を新しい合計に合計します。この方法を使用し、所与の合計に現在保存されているデータの移動を防ぎます。
  • 別の子科目を作成し、所与の合計にデータを保持します。 

カットアンドペースト

  • 親の再設定を行う科目: Payroll
  • 所与の合計: Direct Cash Flows
  • 注: Direct Cash Flowには子科目があります。

Cut and paste example

  1. リスト内の科目を選択します。 
  2. 右クリックして [切り取り] を選択します。 

    Cut drop-down
     
  3. 所与の合計の子科目を選択します。この例では、Sourcesを選択しています。
  4. 右クリックして [貼り付け] を選択します。 

    Paste action
  5. 警告メッセージが表示されます。[科目を移動] チェックボックスを選択し、[保存] を選択します。

科目は、ハイライト表示された科目の真下に移動します。  

Cut and paste result

ドラッグアンドドロップ

  • 親の再設定を行う科目: Payroll
  • 所与の新しい合計科目: Sources
  • 注: Sources には子科目があります。

Drag and Drop example

  1. 所与の合計科目を展開します。
  2. 親の再設定を行う科目を選択します。 
  3. [科目の詳細] を表示した後、科目を選択してホールドしながらドラッグします。
  4. 既存の子の上または下の新しいスポットで科目を解放し、ドロップします。 
  5. 警告メッセージにおいて、[科目の移動] チェックボックスを選択し、[保存] を選択します。

科目は、それをドロップした場所に移動します。  

Result of drag and drop

科目設定を編集する

  • 親の再設定を行う科目: Payroll
  • 所与の新しい合計科目: Uses
  • 注: Uses には子科目があります。

Account settings example

  1. 親の再設定を行う科目を選択します。 
  2. [科目の詳細] パネルで [合計先] ドロップダウンから新しい合計科目またはグループを選択します。

    Edit Account Details
  3. adminSaveDetail.pngを保存します。

科目は、選択した合計科目の下に移動します。

Result of account details

一時的な子科目を作成する

目的の合計科目の一時的な子科目を作成します。すると、目的の合計は [合計先] ドロップダウンに表示されます。

  • 親の再設定を行う科目: Adjustments due to Exchange Rates
  • 所与の新しい合計科目: Other Adjustments
  • 注: Other Adjustmentsに子科目はありません。そのため、[合計先] ドロップダウンには表示されません。科目にもデータはないため、一時的な子によってデータは削除されません。

Temporary Child Example

  1. 一時的な子科目を追加する: 目的の合計科目を選択し、Create Account Iconを選択して一時的な子科目を作成します。それを保存します。

    Temp Child Creation
  2. 合計科目を変更します。親の再設定を行いたい科目を選択します。Other Adjustmentsは子科目を持つようになり、それは [合計先] ドロップダウンから選択できます。目的の合計科目を選択し、[保存] を選択します。

    Temp child account and intended child account
  3. 一時的な子科目を削除します。作成した一時的な子科目を選択し、[削除] TrashIcon.pngを選択します。 

合計科目には、親の再設定を行った科目のデータが表示されます。

End result of temp child

別の子科目を作成する

  • 親の再設定を行う科目: PTE (非常勤の従業員)
  • 目的の合計: Headcount 
  • 注: Headcount は過去と現在のデータを有しています。Headcount は子科目を有していません。子科目を作成する場合、Headcount からのデータは子科目へロールダウンされます。この方法では、データを失うことなく移動できます。

Make Rollup example

  1. 子科目を目的の合計科目に追加します。合計科目を選択し、Create Account Iconを選択して新しい子科目を作成します。それを保存します。 目的の合計からのデータはこの科目に移動します。 

    New Child account
     
  2. 合計科目を変更します。親の再設定を行いたい科目を選択し、[合計先] ドロップダウンから目的の合計科目を選択します。[保存] を選択します。 

End result of new rollup

目的の合計科目は、新しい子科目と親の再設定を行った科目の合計を保持します。

目的の合計を子科目にする

  • 親の再設定を行う科目: PTE (非常勤の従業員)
  • 目的の合計: Headcount 
  • 注: Headcount はデータを持っていますが、子科目は持っていません。この方法は、元の科目のデータを保持します。

Make Rollup example

  1. 新しい合計科目を追加する: 目的の合計の合計科目を選択します。 

    Rollup of the intended rollup
  2. [新規科目の作成] Create Account Iconを選択し、詳細を入力し、科目を保存します。この科目は目的の合計に向けた新しい合計科目であり、また、親の再設定を望んだ科目です。オプション: その名前を変更して、現在は合計であることを示します。
    注:新しい合計にはこの時点でデータがありません。

    New Roll up
  3. 一時的な子科目を追加する: 新しい合計科目を選択し、Create Account Iconを選択して一時的な子科目を作成します。それを保存します。 

    Temp child of new rollup
  4. 元の科目の親の再設定を行う: 一時的な子科目の上の、親の再設定を行いたい科目をカットアンドペーストまたはドラッグアンドドロップします。オプション: 目的を明確にするために名前を変更します。合計は合計を保持します。元の科目はまだデータを保持しています。
  5. 目的の合計科目の親の再設定を行います。目的の合計をカットアンドペーストまたはドラッグアンドドロップし、それを新しい合計の子にします。この合計は両方の子科目を合計します。子科目はまだデータを保持しています。
  6. 一時的な科目を削除します。一時的な子科目を選択し、[削除] TrashIcon.pngを選択します。 

新しい合計科目には、目的の合計および親の再設定が行われた科目の合計が含まれており、効率的に合計が組み合わされています。この例において、Headcount Headcount Totalと区別するために名前がFTE に変更されています。 

End result of new rollup

  • この記事は役に立ちましたか?