メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

総勘定元帳科目のフィールドと設定

総勘定元帳科目の科目設定について説明します。

対象者:モデルを管理する管理者。 

プランニング向けの総勘定元帳科目GL)は、実際の総勘定元帳の科目をミラーリングします。この設定は一般的に標準会計原則に従います。総勘定元帳の多くは科目ツリーに組み込まれています。  

科目の詳細については「科目」ガイドを参照してください。段階的な指示については「科目の追加または編集」を参照してください。 

特定の総勘定元帳科目のいくつかの設定は編集できません。科目はインスタンスに組み込まれています。「科目のリスト」を参照してください。  

科目の詳細のセクション

フィールド 説明
コード

必須。デフォルトはありません。

科目の一意の数値コードを特定します。数式に表示されます。文字と数字の独自の組み合わせを入力します。アンダースコアを使用できますが、スペースやその他の特殊文字は使用できません。インポートに向けて空白のままにする場合、Adaptive Insightsは科目名に基づいてコードを自動生成します。 

名前

必須です。デフォルトではありません。

シート、レポート、チャートに表示される科目名を特定します。文字、スペース、特殊文字を組み合わせて入力します。科目名は一意である必要はありません。

短縮名

オプション。デフォルトではありません。

ダッシュボードチャートに表示される科目名を特定します。科目名が長い場合に使用します。文字、数字、特殊文字を組み合わせて入力します。

次にロールアップ

必須。デフォルトでモデルが含まれる科目の場合、読み取り専用です。デフォルト: [新規科目の作成] を選択した時にハイライト表示された科目。

編集中の科目の親科目を示します。合計科目を選択します。合計科目に関する情報については「科目の概要 」を、また、科目の親を再設定する方法に関する情報は「科目構造を再編成」を参照してください。

説明

オプション。デフォルトではありません。

科目について説明します。文字、数字、特殊文字、スペースを組み合わせて入力します。

タイプ

必須。デフォルト: ルート科目と同じタイプ、またはリンク元科目(選択されている場合)。ルート科目タイプは標準会計慣行に基づいています。たとえば、アセット科目は累積、費用科目は周期です。 

  • 累積(科目がストック科目またはルートに合計される場合に使用可能):   ストック科目は、残高またはデルタで計画が可能です。次の [計画] および [実績] を参照してください。
  • 周期(科目がフロー科目またはルートに合計される場合に使用可能): 所与の期間値は、その期間の正味アクティビティに等しくなります。 たとえば、電気料金請求書などの費用は周期です。1月のコストは2月のコストに影響しません。 
  • リンク(合計科目には使用できません): モデル科目またはキューブ科目はこの科目の値を投入します。 

科目タイプの設定: 「累積または周期」および「リンク元科目の概要」を参照してください。 

 へのリンク

編集中の科目の [タイプ] に [リンク] を選択した場合、これは必須です。合計科目には使用できません。デフォルトではありません。

ドロップダウンから選択した科目のデータを、編集している科目に入力します。このプロセスは2つの部分に分かれています: 最初にキューブまたはモデルシートを選択し、その後、科目を選択します。「モデルまたはキューブシートから別の科目へデータを引き出す」を参照してください。

リンクフィルター

オプション。[タイプ] の [リンク] を選択した場合にのみ使用可能です。合計科目には使用できません。デフォルトはありません。

この科目は、ドロップダウンから選択した属性や特性でタグ付けされた値のみを用いて入力します。利用可能なリストには、[リンク先] ドロップダウンにおいて選択された科目の属性と特性のみが含まれます。

時間合計

読み取り専用。[タイプ] に [リンク] を選択した場合にのみ表示されます。  

  • 合計値の合計(フロー科目の場合はデフォルト): 周期の場合、すべての値の合計 たとえば、第1四半期の合計であれば1月から3月までを合計するといった具合です。
  • 最後の期間における値(ストック科目の場合はデフォルト): 合計する前に最後の期の値を取ります。たとえば、第1四半期の合計の場合、3月の累積値を取ります。
組織/属性の合計 

読み取り専用。[タイプ] に [リンク] を選択した場合にのみ使用可能です。デフォルト: リンク元科目の [属性の合計]。科目がリンク元科目ではない場合、その科目に属性の合計はありません。 

この科目が組織と属性の合計を計算する方法。たとえば、[全会社] は、サブ組織として3つの部門を有する組織です。販売、製造、IT。個々の組織にデータを入力します。科目は [全会社] の合計をどのように計算しますか? リンク元科目から読み取り専用の設定が可能です:

  • 合計値の合計: 組織または属性の値をすべて合計します。たとえば、各部門の費用を合計します。
  • 合計値の空白なし平均: 空白を除き、データの平均を取得します。 セルに(空白ではなく)ゼロが含まれる場合、ゼロは平均において計算されます。
  • 合計値の加重平均: 科目または前提条件の値を使用し、平均前に各属性の加重を行います。 
  • テキスト: 属性の合計において指定したテキストを表示します。属性の合計においてデータを表示したくない場合、このオプションを選択します。 
加重

[時間の合計] または [属性の合計] に [合計値の加重平均] を選択した場合は必須です。デフォルトはありません。

時間または属性の合計の加重平均を提供します。科目のリストから選択します。

表示テキスト

オプション。[属性の合計] に [テキスト] を選択した場合に使用できます。デフォルトはありません。

属性の合計に表示されるテキストを提供します。NAや--といった任意の種類のテキストを入力するか、空白のままにしておきます。

計画者

表示される時に必要です。累積科目のみに利用可能です。合計科目には使用できません。デフォルト: 合計科目の設定。

プランニングバージョンのシートセルにおいて編集中の科目にデータを入力する方法を設定します。たとえば、その科目の最初の小口現金残高は1月に関するものであり、その値は10です。2月の値は20です。3月において、値は20です。選択します: 

  • 差額: シートにおいて、前回の期間からの変更を入力します。例に示すデルタ(または差異)は、2月は10、3月は0です。  
  • 残高: 1つのシートに現在の収支を入力します。この例において2月の残高は20、3月も20です。 
実績

実績バージョンのシートセルにおいて編集している科目のデータを入力する方法を設定します。 

たとえば、この科目の最初の小口現金残高は1月に関するものであり、その値は10です。2月の値は20です。3月において、値は20です。選択します: 

  • 差額: シートにおいて、前回の期間からの変更を入力します。例に示すデルタ(または差異)は、2月は10、3月は0です。  
  • 残高: 1つのシートに現在の収支を入力します。この例において2月の残高は20、3月も20です。 
実績のオーバーレイ

必須。[データ入力シートタイプ] に [キューブ] が選択されている合計科目または科目には利用できません。

[計画開始] 日の前に、科目にプランニングバージョンの実績データを表示するか否かを判断します。「実績オーバーレイをセットアップまたはオフにする」を参照してください。

累積科目または周期科目の場合、次を選択してください。 

  • 実績を有効化する(デフォルト): 個々のプランニングバージョンの [計画開始] 日の前に実績を表示します。 
  • 科目の実績はありません: プランニングバージョンに計画データのみを表示します。 

リンク科目の場合、選択:

  • リンク用の実績を有効化する: リンク元科目の [実績のオーバーレイ] 設定をオーバーライドします。[リンク先] および編集中の科目向けに選択した科目の [計画開始] 日の前に実績を表示できるようにします。 
  • リンク元科目に実績が含まれる場合、それらを表示させる: リンク元科目の [実績のオーバーレイ] 設定をオンにします。実績は、リンク元科目が [実績のオーバーレイ] を有効化している場合に限り、編集中の科目に表示されます。

[デフォルトの数式を指定] リンク:

オプション。合計科目には使用できません。使用可能なのは、[実績のオーバーレイ] で [実績を有効化] を選択している場合のみです。デフォルトはありません。

実績バージョンの各組織の科目に共有数式を割り当てます。シート上で、共有数式が計算した値を、シートに入力された数式またはデータを用いてオーバーライドできます。 

[デフォルトの数式を指定] リンクを選択し、組織別の実績の共有数式にアクセスしてそれを割り当てます。実績にアクセスできない場合、プランニングバージョンの共有数式にリンクさせることができます。

Specify Default Formula link

数式

オプション。合計科目には使用できません。デフォルトはありません。

プランニングバージョンの個々の組織の科目に対し、共有数式を割り当てます。シート上で、共有数式が計算した値を、シートに入力された数式またはデータを用いてオーバーライドできます。 

[デフォルト値と数式の設定] を選択し、プランニングバージョンの共有数式にアクセスします。各組織に数式を割り当てます。詳細については「数式」を参照してください。

Formulas link

依存

算出科目、共有される数式、キューブの入力、その他の入力、ルール、仕訳入力、レポートのモデル全体における科目の使用方法を示します。[依存関係の表示] を選択し、タブで参照します。

残高タイプ 

読み取り専用。

標準会計慣行による会計タイプ: 貸方または借方。GL科目ごとの標準会計慣行に従って設定します。

 

科目特性セクション

オプション。モデルが科目属性を有する場合にのみ使用できます。デフォルトではありません。

科目属性で編集している科目にタグを付けます。ドロップダウンの数は、利用可能な科目属性の数に一致します。ドロップダウンのいずれか、またはそれぞれから属性値を選択します。 

データタイプセクション

フィールド 説明
科目の時間層

読み取り専用。

シートがこの科目の時間をどのように表示するかを示します。インスタンスのカレンダー設定のデフォルトの時間層に基づいています。最も一般的なのは月ですが、週や日である可能性もあります。

表示形式

読み取り専用。

通貨は、選択した組織の通貨の数字をデータが示すことを意味します。 

マスター数式

[加重平均換算] チェックボックスが選択されている場合は必須です。合計科目の場合、または [データ入力シートタイプ] に [キューブ] を選択している場合、使用できません。デフォルトはありません。

数式を使用して編集している科目の値を計算します。デフォルトの数式とは異なり、マスター数式はすべての組織とすべてのバージョン全体の値を計算します。マスター数式は、デフォルトの数式とすべてのデータをオーバーライドします。科目のデータは、マスター科目を使用して編集することはできません。

数式を入力します。[フォーミュラアシスタント] リンクを選択します。エラーのない数式の作成を支援するユーザーフレンドリーなインターフェースを得られます。

加重平均換算

オプション。合計科目または周期科目では利用できません。累積科目は、[計画値] および [実績値] 用に選択された [デルタ] を有していなければなりません。デフォルトはありません。

累積科目のデルタにおける周期ごとの平均レートで通貨を換算します。通常、マスター数式のフロー科目を参照し、累積科目における周期データの通貨換算方法を提供します。

残高のリセット

加重平均換算は必須です。 

指定した期間において残高をゼロにリセットします。次の期間の開始時、科目は累積を再開します。期間を選択します。利用可能なオプションは、モデルのカレンダー設定、一般には、月、四半期、年によって決まります。 

リセット時に残高を移転

残高のリセットは必須です。

累積された残高を別の科目に移転させます。科目を選択し、残高の移転を受け取ります。

小数点の位置

必須。デフォルト: 通貨の精度。

データの小数位の桁数を示します。0~9から選択するか、[通貨の精度] を選択して通貨の設定に従います。 

すべての通貨の小数位の設定を表示するには、ドロップダウンから [通貨の精度] を選択し、[精度を表示] リンクを選択します。

為替レート

必須。デフォルト: 合計またはルート科目に選択された為替レート。

その科目についてどのような方法で通貨を換算するかを決定します。選択してください。

  • 平均: 月平均: 通貨を換算するために月平均の為替レートを使用します。
  • EOM: 月末: 通貨を月ごとに換算するために月末の為替レートを使用します。 
  • モデル用に作成した任意の追加的な為替レートタイプ。

 

シートセクション

フィールド 説明
シート上で表示しない

必須。デフォルト: ゼロまたは空白の場合、科目は表示されない可能性があります。

そのセルがすべてゼロや空白の場合、科目がシートに表示されるか確認します。選択します:

  • ゼロまたは空白のとき科目が表示されない場合があります
  • ゼロまたは空白でも科目は表示されます
展開して開始

必須。合計科目とルート科目においてのみ使用可能です。 

シートを最初に開いた時に子科目を表示させるために科目がシートに展開されているか確認します。

シートを開く個々の人員はシートビューを変更してそれをデフォルトとして保存できます。これによってこの設定はオーバーライドされる可能性があります。選択してください。

  • はい (デフォルト): 展開して子科目をデフォルトで表示します。
  • いいえ: デフォルトで折り畳み済み。
データの入力シートタイプ

必須。[タイプ] または標準キューブ科目の [リンク] を選択した場合は利用できません。デフォルト: 親科目またはグループ向けに選択された標準またはシートタイプ。

シート作成時に科目を追加できるシートのタイプを指定します。選択:

  • 標準: 科目を任意の数の標準シートに追加できます。 
  • キューブ: 科目を任意の数の標準シートおよび最大ひとつのキューブシートに追加できます。 

 

データプライバシーセクション

フィールド 説明
データのプライバシー

必須。

数式が組織ごとに科目データをどの程度使用可能であるかを制限します。選択します:

  • 科目の値は非公開(デフォルト): 数式は現在の組織とその直接のサブ組織の科目の値のみを参照します。 
  • 科目の値は全社単位でのみ公開: 任意の組織の数式は、全社の合計値を参照できます。組織の値を他の組織で参照するとエラーが発生します。
  • 科目の値はすべての組織で公開: 数式はすべての組織のこの科目の金額を参照できます。
給与の詳細を含む

必須。[データ入力シートタイプ] に [キューブ] を選択した場合は使用できません。[タイプ] に [リンク] を選択した場合、読み取り専用になります。デフォルト: 合計またはリンクされた科目と同じです。 

この科目が給与詳細の権限を持つユーザーの役割のみに制限されているかどうかを示します。「利用可能な権限」を参照してください。選択します:

  • はい: (デフォルト)この科目データは役割の権限によって制限されています。
  • いいえ: 科目へのアクセス権限を持つものはすべて、データを表示できます。

 

連結セクション

フィールド 説明
グループ間

Consolidationを有している場合にのみ使用可能です。

選択します:

  • はい: この科目は相殺消去ルールの対象になります。 
  • いいえ(デフォルト): この科目は相殺消去ルールの対象にはなりません。
取引パートナーの消去

[会社間] に [はい] を選択した場合にのみ使用可能です。

組織がこの会社間科目の取引先として選択されていることを識別します。組織を選択します。

 

  • この記事は役に立ちましたか?