メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

科目タイプ設定: 累積または周期

総勘定元帳、カスタム、前提条件、モデルおよびキューブ科目の [タイプ] 設定を管理者に紹介します。 周期的または累積的な変更の選択によって、チームがシートのデータを閲覧、入力する方法がどのように変化するかを学びます。

対象者:モデルを管理する管理者。

管理者として、科目の [タイプ] 設定を理解し、定義する必要があります。メトリック科目を除き、Adaptive Insightsのすべての科目はタイプを有していますが、常に編集可能であるとは限りません。どのタイプを選択するかは、追跡中のデータの種類によって決まります。この設定は [科目の詳細] において確認できます。

  • フロー: 値はその期間の純益です。
  • ストック: 値は実行中の残高です。 

Account Type setting

総勘定元帳科目の場合、科目の [タイプ] 設定にはタイプと科目ファミリーが含まれます。次の画像において、Current Assetsは科目ファミリーであり、科目は累積です。

GL Account Type Setting

科目の [タイプ] 設定は次を変更します。

  • 使用可能な時間合計オプション。
  • チームがシートの科目にデータを入力する方法。
  • シートにデータが表示される方法。

条件付きで利用できる科目の [タイプ] 設定があります。これらの設定は、科目がデータ値を取得する方法を変更します。これらの設定を選択すると、科目は周期または累積のいずれかで残ります。

  • リンク: 科目の値は、モデルまたはキューブ科目から得られます。「リンク元科目の概要」を参照してください。
  • スプレッド: 別の科目からの値は、この科目の期間全体に分散されます。このオプションは、モデルシートの算出科目においてのみ利用できます。これは通常、収益認識および資産減価償却に使用されます。「科目の分散」を参照してください。

科目について詳しくない場合は「科目の概要」を、科目タイプ設定の変更方法に関する指示については「科目タイプ設定の変更」を、すべての科目設定の説明については「科目のフィールドと設定」を参照してください。

時間の合計および科目タイプ

時間の合計は一定期間の科目の値を表します。たとえば、四半期の合計は四半期のすべての月の値を表します。年の合計はその年の月の値を表します。時間の合計はAdaptive Insightsカレンダーの設定に基づいており、最も一般的なのは、月、四半期、年ですが、週や半年を含めることもできます。

合計方法は、科目が時間の合計値を表示する方法を決定する科目設定です。

TimeRollupSetting.png

次の4つの合計オプションがあります。 

  • 合計値の合計(周期のみ)
  • 最後の期間における値(累積のみ)
  • 合計値の平均
  • 合計値の加重平均

総勘定元帳科目には時間の合計のオプションがありません。総勘定元帳科目の場合、周期タイプは必ず [合計値の合計] を、また累積タイプは常に [最後の期間の値] を使用します。

シート上のフロー科目のデータ

フロー科目の場合、所与の期間値は、その期間の正味アクティビティに等しくなります。 収益は周期データの例です。

シートにおいて:

  • チームは各期間の値を入力します。
  • 期間の間の値は無関係です。
  • Q1時間の合計は四半期の値を合計します。[合計値の合計] は、フロー科目の場合にのみ使用できる時間の合計方法です。

カスタム、キューブ標準、キューブまたはモデル算出科目の場合、任意の他の時間の合計方法を選択できます。ただし、[最後の期間の値] を除きます。

常に周期である科目 

  • 前提条件科目。
  • キューブおよびモデルの前提条件科目。
  • モデルに組み込まれている一部の総勘定元帳科目。「組み込み総勘定元帳科目」を参照してください。

シート上の累積科目のデータ

ストック科目は実行中の残高を維持します。各セルに表示される値は、期間の終了時点における現在の値です。たとえば、[小口現金] は、その前の期間から増加しているか減少しているかにかかわらず、時間経過で累積します。 

シートにおいて:  

  • 期間ごとに表示される値は、前の期間の値とその増減です。 
  • ストック科目の値は既にそのまま合計されているため、時間の合計は最後の期間の値です。最後の期間の値は、ストック科目においてのみ使用可能な時間の合計方法です。

カスタム、キューブ標準、キューブまたはモデル算出科目の場合、任意の他の時間の合計方法を選択できます。ただし、合計値の合計を除きます。 

常に累積されている科目

モデルシートおよび一部の総勘定元帳科目の初期残高科目。「組み込み総勘定元帳科目」を参照してください。

計画者および実績作成者

累積を選択する場合、次の2つの設定が追加されます: 計画者および実績作成者。これらの設定は、チームがバージョンタイプ(実績または計画)ごとにシートににデータを入力する方法に影響を及ぼします。それぞれにおけるオプションは [デルタ] または [残高] です。

Plan by and Actuals by settings

デルタによって計画されたストック科目を得るために選択してもかまいません。"デルタによって計画する場合、チームは期間ごとの差異を入力し、シートに累積を計算させることもできます。 同時に、「残高ごとの実績」を選択し、個々の期間の残高を示すソースからデータを簡単にアップロードできるようにしてもかまいません。 

シート上の残高による累積

チームが残高を選択する場合も、手順は周期科目と似ています。チームは、セルまたは数式バーに実行中の残高を入力します。次のシート例では、チームは1月に500、2月に600、3月に525を入力しています。Q1の後の月が空白であることに注意してください。累積値はまだ入力されていません。 

cumulative by balance.png

シートにおいてデルタで累積する

デルタを選択する場合、チームは数式バーのデルタ、あるいはセルの残高という2種類の方法でデータを入力できます。データの入力方法に関係なく、セルは実行中の残高を示します。チームは、確認時にデルタによっていつ科目がストック科目になるかを把握できます。

  • 将来の期間は、実行中の残高が事前に入力されます。
  • 数式バーによって [前期の増分] が表示されます。

チームが数式バーにデータを入力する時、デルタあるいは過去の残高からの変化を入力しています。そのため、5月に100を入力すると、4月に表示される値に100が追加されます。

Enterを押すと:

  • シートはセルにおいて新しい残高を計算し、その値は600です。
  • 累積値は、チームが別のデルタを入力するまでの間、次の期間において存続します。 
  • シートを保存すると、数式バーにデルタが表示されます。

cumulative account by delta.png

チームがセルに値を直接入力する場合、「デルタによる」科目であっても残高を入力しています。そのため、最初に5月に700を入力すると、前の残高に700を追加しているように見えます。Enterキーを押すとシートが更新され、100が追加されたことが示されます。 

cumulative by delta entering the balance.png

  • この記事は役に立ちましたか?