メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

リンク元科目の概要

管理者に対し、科目の [タイプ] 設定、[リンク] を使用する「リンク元科目」を紹介します。総勘定元帳、カスタム、共有キューブ科目をリンクしてその科目がデータを共有できるようにする方法とその理由について説明します。

対象者:モデルを管理する管理者。

リンク元科目は、キューブまたはモデルシートから科目に保存されたデータを使用し、総勘定元帳、カスタム、標準キューブ科目にデータを入力します。科目の [タイプ] 設定、[リンク] を使用し、科目をリンク元科目にします。

インスタンスを、いくつかのモデルとして考えてみます。たとえば、従業員モデルを有しているとします。このモデルはモデルシートに完全に含まれています。収益モデルを持つこともできます。これはキューブシートに含まれています。すべての総勘定元帳科目のセットは別のモデルと見なせます。科目リンクは、モデル間のデータを接続する1つの方法です。

モデルシートまたはキューブシートから別のアカウントへデータを引き出す」を参照してください。

リンク元科目の仕組み

[リンク] は [タイプ] 設定の一部ですが、科目のタイプは変えず、周期または累積のままにします。「科目タイプの設定: 周期および累積」を参照してください。

[宛先科目] は、データを他の科目から取得する科目です。この画像は、リンクが宛先科目に設定されているためにリンクが宛先から始まっていることを示しています。

Linked accounts graphic.png

ソース科目は、キューブ科目またはモデルシート内にデータを有する科目です。ソース科目は、キューブ科目またはモデル科目でなければなりません。科目がリンクされたら、チームは宛先科目ではなくソース科目にデータを入力します。この画像は、データがソース科目から宛先科目にフィードされていることを示しています。 

科目をリンクさせる場合

次を希望する場合... 使用例
モデルシートまたはキューブシートに保存されている属性、メトリック、その他のドライバを用いて総勘定元帳データを計算、計画し、引き続きデータを総勘定元帳の合計に合計させます。  従業員モデルシートのデータは、個々の従業員ごとの給与費用を決定付けます。総勘定元帳の給与科目を、総勘定元帳の [費用] 科目の子として作成します。その子科目を、モデルシートで生成された給与にリンクさせます。給与費用は、他のすべての費用とともに総勘定元帳の [費用] 合計に合計されます。「リンク元科目の使用例: 費用」を参照してください。
モデルシートまたはキューブシートからデータをピボットし、クリーンで明確な合計を提示します。 従業員モデルシートは、位置属性ごとの個々の従業員の給与を示します。キューブシート内のそのデータをピボットし、従業員を表示することなく位置別の合計給与費用を示します。 「リンク元科目の使用例: 費用
複数の属性を用いて計画し、別の科目においてこれらの属性の一部のみを使用します。 キューブシートは、製品、位置、顧客別に収益を計画します。総勘定元帳には製品カテゴリ別の収益が必要です。各製品カテゴリの総勘定元帳収益科目を作成し、属性でフィルタリングされたキューブの収益に個々の科目をリンクさせます。「リンク元科目の使用例: 属性と収益

モデルシートまたはキューブシートからの属性を用い、総勘定元帳科目コードを使用して直感的な数式を作成します。 

総勘定元帳科目をキューブ科目およびモデル科目にリンクさせます。数式においてモデル科目およびキューブ科目の長く非直感的な科目コードを参照するのではなく、総勘定元帳科目コードを使用し、その後、属性を追加します。リンク元科目の使用例: 属性と収益

リンク元科目と共有およびマスター数式

別の科目のデータを使用したい場合、共有数式、マスター数式、リンクを使用できます。 

目標: 同一データ  共有数式 マスター数式 リンク元科目を使用します
すべての組織とバージョンにおいて  
パフォーマンスを高めます    
他の計算をデータに追加します  
計算中の複数の科目から。   
数式とレポートの属性にオプション的なアクセスを提供します    

 

  • この記事は役に立ちましたか?