メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

リンク元科目のウォークスルー: 属性と収益

収益と属性を使用した、共通のリンク元科目の使用例を紹介します。この3つの例には、1) 複数の属性を持つキューブシートで収益を計算し、属性なしで総勘定元帳収益合計へ合計する例、2) 総勘定元帳科目の属性によってデータを分解する例、3) 数式の属性を使用して総勘定元帳科目からデータをフィルターする例、が含まれます。

対象者:モデルを管理する管理者。

属性と特性は、データのスライスを分析、計画、記録しやすくする、タグ付きのデータを分類します。科目がキューブまたはモデルシートにリンクされている場合、そのシートの属性と属性の特性のすべてにリンクします。リンクによってこれらの属性と特性が使用可能になり、セル内で、フィルターとして、数式内のタグとして探索できます。 

この例では、リンク元科目の属性がどのように機能するかを説明します。

リンク元の概要」および「モデルまたはキューブシートから別の科目へデータを引き出す」を参照してください。

属性と属性の特性を持つモデル

あなたの会社は、衣類を販売する店舗です。"製品はモデル内の属性です。製品の属性値は、タンクトップ、Tシャツ、ブラウス、セーター、レギンス、ジーンズ、スカート、ショーツ、ベルト、帽子、小銭入れ、手袋です。各項目の収益は、複数の属性をサポートするために [収益シート] キューブシートで追跡されています。 

製品は、属性の特性([製品グループ] と呼ばれています)を有しており、これらには トップス、ボトムス、アクセサリーの各値があります。個々の製品の属性を適切な特性にタグ付けします。製品は次のように編成されています。

製品特性値 トップス ボトムス アクセサリー
製品属性値
  • タンクトップ
  • Tシャツ
  • ブラウス
  • セーター
  • レギンス
  • ジーンズ
  • スカート
  • ショーツ
  • ベルト
  • 帽子
  • 小銭入れ
  • 手袋

[製品収益] キューブシートにおいて、チームメンバーは、属性、顧客、製品ごとのデータを2つの科目(UnitsおよびDiscounts)に入力します。 

WT_LinkedAccounts_CubeIntro.png

シート内の残りの科目は、数式と前提条件ドライバを使用し、これらの2つの入力に基づいて値を計算します。 

単純なP&Lシートの [複雑な収益データ] を使用する

キューブシートは、データ入力に関してはチームの時間の節約に貢献し、顧客および製品の分析に向けたデータを提供します。個々の顧客と個々の製品といった、イライラを伴う損益シートのデータを使用するには、リンク元科目を使用します。最初に、Revenueに合計される総勘定元帳のProduct Revenue科目を作成します。次に、キューブにおいてProduct Revenue科目をNet Revenueにリンクさせます。 

Create linked account in general ledger

Product RevenueをP&Lシートに追加します。想定されたとおりには次のようになります。

  • 詳細は表示されません
  • Revenueに合計されます
  • 合計に寄与します
  • 複雑で無関係な属性と特性がありません 

総勘定元帳においてデータを「属性化」します

総勘定元帳のキューブシートから、すべてではないもののいくつかの属性を引き出すには、リンク科目を属性でフィルターします。

1 個々の製品カテゴリについて、Product Revenue内で子総勘定元帳科目を作成します。(総勘定元帳科目がリンクされている場合、最初にリンクを解除する必要があります)。 

2 個々の子科目について、キューブでNet Revenue科目にリンクします。

3 その後、[リンク元フィルタ] ドロップダウンを使用して、製品グループ属性ごとにフィルターします。属性は、それらを有するシートにリンクするとすぐに利用できるようになります。 

Filtering by dimension

ここで、[損益] シートは製品グループ別にProduct Revenueを分類します。チームがセルを探索する際、セルエクスプローラーを使用してさらなる属性的な内訳を確認できます。これは、リンクがキューブシート内のすべての属性を保存しているからです。 

WT_LinkedAccountExploreCell.png

数式において「属性化された」総勘定元帳科目を参照する

作業を置き換えて、(属性を「保持」していない)データを引き出すための数式の使用と、(属性を「保持」している)リンクの使用の間の重要な違いを示しましょう。

総勘定元帳科目のリンクに代わる数式

Product Revenueは、3つの子科目を持つ総勘定元帳科目です。3つの子科目において、インスタンスは数式を使用し、総勘定元帳科目で製品グループの属性を示します。

Product Revenue - Topsは数式=ACCT.ProdSalesCube.Net_Revenue[Group=Tops]: を使用します

計算機は数式の「"指示"」に従い、セルにデータを入力します。

  1. [製品収益] キューブシートを検索します(ProdSalesCube)。
  2. この科目を取得します(Net_Revenue)。
  3. この属性でタグ付けされたデータのみを使用します。 [Group=Tops].

総勘定元帳科目を持つ、属性でタグ付けされた計算を実行する

別の科目が総勘定元帳科目4110 Product Revenue-Topsの一部を使用しているとします。合計を取得し、数式において製品別にそれを「属性化」させなければなりません。

数式に科目を入力し、製品の属性を追加します。=ACCT.4110_Product_Revenue_GrpTops[Product=Tank Tops].

計算機は次の手順に従います。

  1. 総勘定元帳科目を検索します。=ACCT.4110_Product_Revenue...
  2. この属性でタグ付けされたデータのみを使用します。 [Product=Tank Tops]

計算機は総勘定元帳属性モデルおよび一般科目で属性を検索しますが、どちらも属性でタグ付けされていません。科目は数式を使用し、数式はキューブシートから関連する属性を取り込みません。そのため、結果は空白です。

モデルに詳しければ、総勘定元帳の数式を確認してソースデータを発見するかもしれません。また、総勘定元帳科目のセルを探索するかもしれません。最初に総勘定元帳科目を持つシートを検索しなければなりません(この例のように同一のシートに存在しない可能性があります)。数式=ACCT.ProdSalesCube.NET_Revenue[Product=Tank Tops] のソース属性を持つソース科目を使用して適切なデータを得られるようになるのはそれからです。

 このシートでデータをレビューまたは監査した場合、これらの数式の参照は複雑である可能性があります。これは、総勘定元帳のコードに精通し、それらを検索しているものの、モデルに詳しくない場合に特に当てはまります。

数式が総勘定元帳と総勘定元帳コードを参照する場合、データ入力とレビューの両方においてより直感的に対応できます。

ソリューション

子 [製品収益] 科目のそれぞれをキューブシート科目にリンクさせ、製品カテゴリでフィルターします。

Filtering by dimension

各科目でフィルターされた属性は [製品グループ] であり、色、顧客、製品といったキューブシートのソースに存在する他の属性または特性を参照できます。

次に、数式で総勘定元帳科目を参照する場合、ソースキューブシートに既に追加されている任意の属性でそれをタグ付けできます。

Formula using the GL code and dimensions from the cube sheet

シートにおいて、セルは適切に計算し、チームの他のメンバーは計算を理解できます。なぜならそれは総勘定元帳コード: =Acct.4110_ProdRev_GrTops[Product=Tank Tops]を参照するからです。

実際のところ、インスタンス全体の数式において、この総勘定元帳科目の参照によって、ソース科目、ソース科目コード、ソース科目を使用するシートを今までのように理解し、把握せずともソース科目内の任意の属性または特性を引き出すこともできます。 

数式を再確認する

直感的ではないが誤り

総勘定元帳は数式を使用します。そのため、総勘定元帳を参照する数式、特性または属性は機能しません。 

数式をクリアする: =ACCT.4110_Product_Revenue_GrpTops[Product=Tank Tops].

戻る: セル内の空白データ。

正しいが非直感的

数式は、モデルに不慣れなチームメンバーにとって直感的ではない数式の文字列を作成する、キューブシートのソース科目を参照しなければなりません。 

紛らわしい数式: =ACCT.ProductDalesCube.Net_Revenue[Product=Tank Tops]

戻る: セル内のデータを修正する

直感的で正しい

数式は総勘定元帳コードを参照します。また、総勘定元帳科目がキューブシートにリンクされていることから、数式内の属性は機能します。

明確な科目コードを用いて数式をクリアする:   =ACCT.4110_Product_Revenue_Grptops[Product=Tank Tops].

戻る: セル内のデータを修正する

  • この記事は役に立ちましたか?