メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

モデルシートまたはキューブシートから別の科目へデータを引き出す

科目をキューブ科目またはモデル科目にリンクさせる方法と、属性をフィルタとして使用する方法について説明します。

対象者:モデルを管理する管理者。

リンク元科目によって、キューブシートまたはモデルシートから科目に保存されているデータを使用し、総勘定元帳科目、カスタム科目、標準キューブ科目にデータを入力できます。 

  • 宛先科目は別の科目からデータを受信します。宛先科目の設定を変更し、別の科目にリンクさせます。
  • ソース科目は、宛先科目に表示されるデータを保持します。ソース科目の一部の設定は、宛先科目で利用できるようにするために変更が必要な場合があります。宛先科目である科目はソース科目になれません。 
  • 実績に向けた科目のリンクはオプションです。長所と短所を検討します。本記事の最後のセクションを参照してください。

Linked accounts graphic

リンクの宛先科目 リンクのソース科目

総勘定元帳

カスタム

標準キューブ

任意のモデル科目

任意の非メトリックキューブ科目

 

が始める前に

  • リンク元科目の概要」および使用例を参照してください: 費用、および属性と収益
  • 必要な権限: モデル管理アクセス > モデル
  • 科目をリンクするには、シート、レポート、グラフにおいてデータがどのように追跡、表示されているかに影響を与える複数の科目設定を変更しなければならない可能性があります。 

[リンク] に対する宛先科目を変更する場合、その科目に現在格納されているすべての計画データを削除します。

そこに着く方法

科目をリンクするには、ソース科目と宛先科目を編集する必要がある可能性があります。

カスタム、総勘定元帳、前提条件を取得するには:

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニューから [モデリング] を選択します。[科目] メニューから次を選択します: 総勘定元帳科目、カスタム科目、前提条件。

キューブ科目またはモデル科目に移動するには:  

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニューから [モデリング] を選択します。[シート] メニューから [組織割当シート] または [ユーザ割当シート] のいずれかを選択します。キューブまたはモデルシートの横にある [編集] リンクを選択します。[キューブ科目] リンクまたは [モデル科目] リンクを選択します。  

基本ステップ

  1. 宛先科目がリーフ科目であることを確認します。
  2. ソース科目と宛先科目の科目の [タイプ] 設定を一致させます。
  3. 必要に応じ、ソース科目と宛先科目の [時間の合計] 設定を検証します。
  4. 宛先科目とソース科目の両方の他の設定をチェックし、変更します。
  5. 宛先科目の [タイプ] をリンクに変更します。
    1. キューブシートまたはモデルシートおよび科目を選択します。
    2. オプション。属性を選択してデータをフィルタリングします。 
  6. 保存します。

宛先科目がリーフ組織であることを確認する

リーフ組織である宛先科目のみをリンク可能です。科目の階層の詳細については「科目の概要」を参照してください。

リーフ組織科目に子科目はありません。[4100製品売上]は合計であり、リーフ組織ではありません。この科目には、隣に拡張矢印があります。4110 Product Revenue - Tops4120 Product Revenue - Bottoms4130 Product Revenue - Accessoriesはリーフ組織科目です。子科目はありません。これらをリンクの宛先科目として設定できます。 

Leaf level account

科目タイプ設定を一致させる

宛先科目は、ソース科目のタイプ、すなわち周期または累積に一致しなければなりません。「科目タイプ設定の変更」を参照してください。

ソース科目と宛先科目を確認し、必要に応じて更新します。

  1. 科目ツリーから科目を選択します。 
  2. 設定において、[タイプ] を見つけます。

Check the account type

  • 同一であれば、科目をリンクさせます。
  • 異なっている場合、ソース科目は [リンク先] ドロップダウンからは利用できません。
  1. 必要に応じ、ソース科目または宛先科目のいずれかの [タイプ] 設定を変更し、それらが一致するようにします。
    リンク元科目が総勘定元帳科目である場合、ソース科目の科目の [タイプ] 設定のみを変更できます。
  2. 変更を保存します。

科目のタイプを変更すると、シートおよびレポートにその科目がデータと合計データをどのように表示するかに影響が及びます。

時間の合計を一致させる

ソース科目または宛先科目のいずれかについて [時間の合計] を変更し、科目を一致させます。[時間の合計] は非表示であることから、総勘定元帳科目の [時間の合計] 設定の一致は異なります。

総勘定元帳科目の時間の合計

  1. 総勘定元帳科目リストから宛先科目をハイライト表示し、科目の [タイプ] 設定を確認します。設定が次の場合:
  • 累積: [時間の合計] は [最後の期間の値] です。
  • 周期: [時間の合計] は [合計値の合計] です。
  1. ソース科目の [時間の合計] 設定を確認します。 
  • (総勘定科目の [タイプ] に基づき)その設定が総勘定元帳と同じである場合、科目をリンクさせます。
  • その設定が異なる場合、ソース科目の [時間の合計] を変更して総勘定元帳科目と一致させます。
    • 累積である場合、[最後の期間の値] です。
    • 周期である場合、[合計値の合計] です。 
  1. すべての変更を保存します。

カスタム、モデルおよびキューブ科目

  1. ソース科目と宛先科目の [時間の合計] 設定をチェックします。

 Time rollup

  1. [時間の合計] が次である場合:
    • 同じ場合、科目をリンクさせます。
    • 異なる場合、次を行います。
  • 宛先科目の [時間の合計] 設定を維持します。ソース科目の [時間の合計] 設定を変更し、宛先科目と一致させます。
  • ソース科目の [時間の合計] 設定を維持します。設定はそのままにしておきます。科目をリンクさせると、宛先科目の合計は変更されてソースに一致します。
  1. すべての変更を保存します。 

他の設定を確認、変更する

宛先科目において:  

  • [データタイプ] セクションでマスター数式を削除します。
  • [データ入力シートタイプ] の設定を [標準] に変更する(キューブ入力はできません)

Data On Sheets Setting

[タイプ] を [リンク] に変更する

科目をリンクさせる準備が整っています。

  1. 科目リストから宛先科目をハイライト表示します。 
  2. [タイプ] の場合、[リンク] を選択して [はい] を選択します。
    Select Link and confirm
  3. ソースシートと科目を選択します。
    1. 確認したら、より多くのフィールドが表示されます。
      • リンク先: シートおよびソース科目を選択します。 
      • リンク元フィルター: シートから属性を選択してデータをフィルタリングします( 「属性または特性フィルタを使用してデータを制限する」セクションを参照してください)。
        Links to and Linked Filters
    2. [リンク先] の横にある [編集] リンクを選択します。これらのドロップダウンメニューが表示されます。
      Choose model and account
      • モデルを選択します。キューブまたはモデルシート(別名: モデル)を選択します。
      • 科目を選択します。選択したキューブまたはモデルシートの科目リストから選択します。シートを選択するまで、メニューは空白です。
  4. 保存します。

属性または特性フィルタを使用してデータを制限する

フィルタは、ソース科目のシートにある特性や属性によってソース科目からのデータを制限します。収益キューブ科目からデータを引き出している場合、[トップス] といった製品カテゴリの属性でフィルタリングが可能です。そのカテゴリでタグ付けされた収益のみが宛先科目に入力されます。「リンク元科目の概要」を参照してください。

  1. 科目リストから宛先科目を選択します。 
  2. 科目の詳細において、[リンク元フィルタ] の横にある [編集] を選択します。 

    ソースシートにおいて利用可能な属性または特性については、ドロップダウンメニューが表示されます。各メニューは属性または属性の特性の名前でラベル付けされており、このケースでは、色、顧客、グループ、製品、サイズです。
    Dimension filters
    各ドロップダウンには、その属性または属性の特性のすべての値のリストが含まれています。このケースでは、製品カテゴリはTops, Bottoms, AccessoriesおよびServicesです。
    Dimension values.png
  3. 属性ごとに1つの値を選択します。属性によるフィルタリングを望まない場合、ドロップダウンから何も選択しないでください。
  4. 保存します。 

実績バージョンの科目のリンクまたはリンク解除

実績の一部の科目および、計画バージョンに限り、プランニングおよび他の科目をリンクさせることができます。実績の場合、特定の科目はリンクさせないまま残す方が好ましいです。

  • 別の総勘定元帳ソースから実績データをインポートし、Adaptive Insightsのモデルまたはキューブ科目ではない場合。
  • 宛先科目の実績データがAdaptive Insightsにおいてモデル化されていない場合。
  • ソース科目において実績がない場合。

宛先科目で [実績] オーバーレイ設定を使用して選択します。

 LinkedAccount Show Actuals.png

リンクに向けて実績を有効化する: このオプションでは、実績バージョンにおいてソース科目と宛先科目に別々にデータを入力、アップロードします。また、実績では科目のいずれかまたは両方を空白のままにしておくこともできます。

リンク元科目に実績がある場合、実績を表示します。このオプションは、ソース科目がキューブ科目である場合、または実績を有するモデル科目である場合にのみ機能します。

  • ソース科目が実績を有する場合、実績バージョンのソース科目にデータを入力します。これにより、計画バージョンの場合と同様、実績バージョンの宛先科目に入力されます。
  • ソース科目が実績を持たない場合、実績バージョンにおいてその科目はリンクされないまま残ります。実績バージョンのソース科目および宛先科目について、データを別々に入力またはアップロードします。 

ベスト プラクティス: ソース科目がモデル科目である場合、実績の科目はリンクさせないまま残しておきます。ほとんどのモデルシートは計画目的で使用されており、実績データの場合にこれらを使うことはないでしょう。実績をリンクさせないまま維持し、実績バージョンにおいて総勘定元帳のデータをインポートまたは入力できるようにします。 

実績バージョンの科目をリンクさせる場合、宛先科目に現在保存されているすべての実績データを削除します。また、シートの宛先科目を確定し、データの編集やデータの科目へのアップロードを行えないようにします。科目にデータを入力する方法は、ソース科目を通じて行う方法のみです。

ソース科目に実績があるか調べる

  1. [モデリング > モデル管理] へ進み、[シート] メニューから [レベル割当シート] または [ユーザー割当シート] を選択してモデルシートを探します。
  2. シートのリストにおいて、モデルシートの横にある [編集] リンクを選択します。
  3. 列と組織を選択します。
  4. ツールバーから [シートプロパティ] Sheet Propertiesを選択します。  
  5. [設定] タブを選択します。 
    Sheet setting enabled for actuals
  6. このシートで [実績バージョンで利用可能] がチェックされている場合、このシートの科目には実績データがあります。チェックされていない場合、この科目は実績において非表示であり、実績について科目をリンクさせることはできません。 
  7. 設定を変更したい場合には変更し、[OK] を選択します。 
  • この記事は役に立ちましたか?