メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

加重平均換算の概要

管理者に対し、加重平均換算科目の設定、その仕組み、機能を紹介します。

対象者:モデルを管理する管理者。 

加重平均換算(WAT)は累積科目向けの科目設定です。マスター数式は、フロー科目からデータを引き出してストック科目にそれを投入します。その後、加重平均換算によって、平均周期為替レートでデルタの通貨を換算します。これにより、加重平均換算が提供されます。追加設定: [リセット] 時の [残高リセット] と [残高転送] によってデータフローを自動化できます。

動画を見る(2分13秒):

Weighted-Average Translation (WAT) Reset Overview
 

利益剰余金、純利益、期間終了日の純利益の科目を用いた設計を念頭に、加重平均換算はこれらの科目が通貨を換算するさまざまな方法に対応し、これらの科目間のフローを自動化します。

加重平均換算を設定していない場合、Adaptive Insightsは期間終了日の科目における残高を累積し、通貨を換算します。加重平均換算を設定すると、Adaptive Insightsは累積前にデルタ上の通貨を換算します。

[残高のリセット] および [残高転送] によってデータフローが自動化されます。[残高のリセット] によって科目の累積は停止し、指定されたタイミングでゼロにリセットされます。[残高転送] によって、残高はリセット時に別の科目へ移動します。 

加重平均換算科目の作成」を参照してください。サマリー、および他の複数通貨ツールへのリンクについては、「連結通貨ツール」を参照してください。

加重平均換算を使用するタイミング:

加重平均換算の設定は次の場合に使用します。

  • 複数の通貨を有する場合、かつ
  • 累積科目に周期科目データを累積したい場合。

最も一般的な使用例は、各会計期間における貸借対照表の利益剰余金セクションのYTD純利益に対する損益計算書の純利益科目からのデータフローおよび換算を自動化することです。

その他の使用例:

  • 利益剰余金を通じて流動する配当金およびその他の科目。
  • アクティビティベースの科目(追加、退職など)を伴う固定資産または投資ローリング予測

加重平均換算作業の仕組み

How WAT Works

1 純利益は、希望どおりの月間平均レートに基づいて周期値を換算します。 

2 期首利益剰余金残高は過去のレートを使用します。また、[通貨タグ付き分割] を使用し、複数の通貨でこれらの値を入力できます。

3 マスター数式は純利益科目の個々の周期値を引き出します。加重平均換算設定は、定期的な平均為替レートを使用してデルタを換算します。値はトップ1 net income 値に一致することに注意してください。これらの値は、加重平均換算なしに一致することはありません。換算は、2月のみの月末レートまたは平均レートで累積された残高に対して行われることになります。換算は1月のレートを考慮しません。

4 貸借対照表におけるYTD純利益/損失は、すべての通貨で累積されます。

[加重平均換算] 設定を使用するには、科目が特定の設定を有していなければなりません。「加重平均換算科目の作成」を参照してください。

残高のリセットとリセット時の残高移転

[残高のリセット] および [リセット時の残高移転] は、[加重平均換算] で使用するためのオプションの設定です。 

残高のリセット

[残高のリセット] では、累積残高はリセットされてゼロになり、指定された時間において累積を再開します。たとえば、YTD純利益は年間の純利益科目からデータを累積します。次に、ゼロにリセットし、翌年1月の純利益データの累積を再開します。 

使用可能な期間は、カレンダーの設定によって異なります。共通のオプションには、[月]、[四半期]、[年] が含まれます。 

リセット時に残高を移転する

[リセット時の残高転送] を用いると、科目の累積残高はリセットの時点で別の科目へ転送されます。たとえば、YTD純利益科目の終了残高は、年初において利益剰余金科目に移転します。 

移転の受信に使用可能な科目には固有の設定があります。「加重平均科目の作成」を参照してください。

リセット残高と残高移転を伴う加重平均換算科目の例

WAT Reset and Transfer

1 YTDは、年間の純利益の値を累積します。

2 年初において、YTDの残高はゼロにリセットされ、累積が再開されます。 

3 終了残高(年末時点)は期首利益剰余金残高に効率的に移転されます。 

加重平均換算を伴う場合および伴わない場合の為替レート

科目設定 何が起きるのか

期間の終了または平均期間のレートを有する残高による累積科目。

その期間のEOMまたは平均期間の為替レートで終了残高を換算します。

期間の終了または平均期間のレートを有するデルタによる累積科目。

経時的なデルタを累積した後、その合計を終了期間のEOMまたは平均期間の為替レートで換算します。
加重平均換算および平均期間レートを有する累積科目。 各デルタを各期間の平均為替レートを用いて換算し、その後、将来的なすべての期間について換算されたデルタを累積します。
加重平均換算と期間終了時のレートを用いた累積科目。 各期間のEOMレートを用いて個々のデルタを換算した後、将来的なすべての期間について換算されたデルタを累積します。
  • この記事は役に立ちましたか?