メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

加重平均換算科目を作成する

加重平均換算の設定を使用して総勘定元帳またはカスタム科目を作成する方法について説明します。

対象者:モデルを管理する管理者。 

加重平均換算(WAT)は累積科目向けの科目設定です。マスター数式は、フロー科目からデータを引き出してストック科目にそれを投入します。その後、加重平均換算によって、平均周期為替レートでデルタの通貨を換算します。これにより、加重平均換算が提供されます。追加設定: [リセット] 時の [残高リセット] と [残高転送] によってデータフローを自動化できます。

一般的に、周期科目データを使用するストック科目の設定には [加重平均換算] 設定を使用します。「加重平均換算のウォークスルー」を参照してください。

が始める前に

そこに着く方法

Compass.pngナビゲーションメニューから [モデリング] を選択します。[科目] メニューから [総勘定元帳科目] または [カスタム科目] を選択します。 

加重平均換算において要求される設定

[加重平均換算] 設定が非アクティブまたは使用不可である場合、次について確認してください。

  • 科目には子科目がなければなりません。
  • タイプ: 累積。
  • 計画者および実績値: デルタ。
  • 実績のオーバーレイ: 実績が有効化されている。
  • 表示形式: カスタム科目の通貨。これは総勘定元帳科目では編集できません。
  • マスター数式: ソース科目を参照します(通常は、平均為替レートを持つ周期科目)。
  • データ入力タイプ: 標準。

残高を受信する科目がドロップダウンメニューにない場合、上記およびこれらの追加事項において概説したすべての設定と要件を有していることを確認してください。  

  • マスター数式: 0(ゼロ)を入力します。
  • 時間の合計(カスタム科目のみ): 最新期間の値
  • 組織/属性の合計(カスタム科目のみ): 合計値の合計。
  • 加重平均換算: 選択済み。
  • 残高のリセット: 選択されていません。
  • リセット時に残高を移転: 選択されていません。

加重平均換算科目を作成する

動画を見る(2分56秒):

Create a Weighted-Average Translation (WAT) Account
 

科目ページから:

  1. 子科目を持たないストック科目を選択します。 
    または、新しい科目のストック親科目を選択して [creatAccount.png新規作成] を選択します。[累積] は [タイプ] に自動で設定されます。変更しないでください。
  2. [科目の詳細] セクションで:
    • [計画者] および [実績値]: 両方とも [デルタ] を選択します。[実績値] が確定されている場合、[実績オーバーレイ] 設定までスクロールし、[実績の有効化] を選択してその確定を解除します。 
      この設定は、累積あるいは周期の合計ではなく、デルタに為替レートを適用します。 
    • 時間の合計: カスタム科目のみ。受信者科目である場合、[最後の期間における値] を選択します。
    • 組織/属性の合計: カスタム科目のみ。受信者科目である場合、[合計値の合計] を選択します。

       YTD Account Details.png
  3. [データタイプ] セクションで:
    • 表示形式: カスタム科目の場合、[通貨] を選択します。総勘定元帳科目の場合、これは読み取り専用の設定です。
      これにより、個々の合計組織の通貨において値が数値として表示されます。
       
    • マスター数式: 周期科目を参照する数式を入力します。 
      この数式は、データ入力ではなく他の科目のデータを用いて科目の値を入力します。加重平均残高の転送における受信者科目である場合、ゼロを入力します。この数式は、関連するシートに入力された初期残高にゼロを加え、受信した転送を累積します。 
       
    • 加重平均換算: チェックボックスを選択します。
      この設定は、デルタを累積する前に選択された為替レートでデルタを換算します。この方法は、周期科目のデータに一致する為替レートの影響を維持します。 
       
    • 残高のリセット(オプション。[加重平均換算] を選択した場合に使用可能): チェックボックスを選択し、時間間隔を選択します。使用可能な間隔は、モデルのカレンダー設定に基づいて決まります。オプションは一般的に [月]、[四半期]、[年] を含みます。受信者科目の場合、このチェックボックスを選択しないでください。                                       この設定によって科目は累積され、ゼロにリセットされます。  
       
    • リセット時に残高を転送(オプション。[残高のリセット] を選択すると使用可能): チェックボックスを選択し、残高を受信する科目を選択します。
      この設定によって、科目の残高は選択された科目へ転送されます。
       
    • 為替レートタイプ: 通貨換算エラーを回避するため、[マスター式] フィールドで参照する科目の同じ為替レートタイプを選択します。これが受信者科目である場合、残高を転送する科目と同じ為替レートを選択します。通常は、[平均: 月次平均] または周期的な平均である任意のカスタムレートを選択します。

      YTD Net  Data Type.png
       
  4. [保存] adminSaveDetail.pngを選択します。
  • この記事は役に立ちましたか?