メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

加重平均換算のウォークスルー

損益計算書と貸借対照表間のデータフローを改善する方法についてウォークスルーします。[利益剰余金]、[純利益]、[YTD純利益] 科目の加重平均換算の設定を有効にします。次に、通貨タグ付き分割を使用し、[利益剰余金] の初期残高をシードします。この設定は、これらの科目間のデータフローを自動化します。

加重平均換算(WAT)は累積科目向けの科目設定です。マスター数式は、フロー科目からデータを引き出してストック科目にそれを投入します。その後、加重平均換算によって、平均周期為替レートでデルタの通貨を換算します。これにより、加重平均換算が提供されます。追加設定: [リセット] 時の [残高リセット] と [残高転送] によってデータフローを自動化できます。

詳細については「加重平均換算科目の作成」および「加重平均換算科目の概要」を参照してください。 

基本的な手順

カスタム科目または総勘定元帳科目を使用してこの例を作成します。このウォークスルーでは総勘定元帳科目を使用します。このウォークスルーは、一般的な総勘定元帳とカレンダーの設定について説明しますが、ユーザーによって異なる可能性があります。 

  1. [利益剰余金期首] と呼ばれる [利益剰余金] の子科目を作成します。 
  2. 新しい [YTD収益(損失)] 科目を、[利益剰余金] の子として作成します。
  3. [純利益] 科目の科目設定をチェックし、確認します。 
  4. [利益剰余金、期首] 科目用の初期貸借対照表を設定します。
  5. 通貨タグ付き分割を使用し、[利益剰余金、期首] の初期残高をシードします。 
  6. 貸借対照表科目を [貸借対照表] シートに追加し、データの流れを確認します。

このウォークスルーでは、[利益剰余金] 科目の保存データを計算済みの値に置き換えます。自動転送はその後累積されます。この科目の既存のデータを保存したい場合、データをエクスポートします。または、当社へご連絡いただき、移行の支援をお受けください。

[利益剰余金] を [合計科目] へ変更します。

ほとんどのインスタンスには、総勘定元帳リストに [利益剰余金] 科目が含まれています。[利益剰余金] を合計科目にするには、子科目を作成します。 

このステップでは、[利益剰余金] に含まれるデータを新しい子科目へ移動します。マスター数式を子科目へ追加するには、データを削除します。

利益剰余金の編集

[利益剰余金] 科目を合計科目にする準備を整えます。

  1. ナビゲーションメニューから、[モデリング] をクリックします。次に、[総勘定元帳勘定] をクリックします。 
  2. 科目リストにおいて、[利益剰余金科目](通常、[ 負債および株式 > 株主資本] にあります)をクリックします。
  3. 設定において:
    • 名前を [利益剰余金、期末] に変更します。 
    • 為替レートを [平均: 月平均] に変更します。
  4. [保存] をクリックします。

利益剰余金、期首科目を作成する

加重平均換算の転送を受信するために新しい科目を設定します。 

  1. 科目リストで、[利益剰余金、期末] をハイライト表示します。
  2. ツールバーから、[新規科目の作成] create new accountをクリックします。
  3. 設定の場合:
    • コード: コードの場合、REBeg
    • 名前: 利益剰余金、開始
    • タイプ: ストック科目の子であるため、デフォルトでは累積です。
    • 計画者および実績者: [デルタ] をクリックします。
      科目は、[YTD収益(損失)] から加重平均換算の転送を受け取れます。この科目にデータを入力することはないため、この設定は科目に他の影響を与えません。
      Setting for Beginning Retained Earnings
  4. [データタイプ] の設定の場合:
    • マスター数式: 数字0(ゼロ)を入力します。
      数式にゼロを入力すると、この科目はシートにおいて読み取り専用になります。この科目は、初期残高と着信する移転がどのようなものであっても累積します。
       
    • 加重平均換算: チェックボックスをクリックします。
      有効化し、この科目が [YTD収益(損失)] 科目の期末残高を受信できるようにします。
       
    • 為替レート: [平均] を選択します。月平均] に変更します。 
      この科目は、初期貸借対照表に追加した通貨タグ付き分割のため、通貨換算を計算しません。ベストプラクティスとして、この設定を [YTD収益(損失)] の為替レートタイプに一致させます。

      Data Type Settings for Beginning Retained Earnings
  5. [ 保存Save]をクリックします。 

結果

このステップを終了すると、総勘定元帳科目リストはこのようになります。

NewRollupandChildTree.png

新しいYTD収益(損失)科目を作成する

ほとんどのインスタンスには [YTD純利益] が含まれますが、このウォークスルーにおいて要求される方法でこの科目を編集することはできません。適切な設定を有する新しい [YTD収益(損失)] 科目を作成します。

  1. 科目リストで、[利益剰余金、期末] 科目をクリックします。
  2. ツールバーから、[新規科目の作成] create new accountをクリックします。
  3. 科目の詳細において:
    • コード: YTDNI
    • 名前: YTD収益(損失)。
    • 次にロールアップ: [利益剰余金、期末] をクリックします。 
    • タイプ: これは累積科目の子であることから、デフォルトでは累積です。
    • 計画者および実績値: [デルタ] を選択します。
      この設定は、累積あるいは周期の合計ではなく期間から期間までの変化に対して為替レートを適用します。

      YTD Account Details Settings
    • マスター数式: [ACCT.Net_収入]、[純利益] 科目のコードを入力します。
      この科目は、純利益科目の周期的な値を引き出し、その値を累積します。
       
    • 加重平均換算: チェックボックスをクリックします。
      この科目は、デルタを累積する前に選択された為替レートでデルタを換算します。この方法は、周期科目のデータに一致する為替レートの影響を維持します。
       
    • 残高のリセット: チェックボックスをクリックして [] を選択します。
      科目は12月末日まで累積されます。次に、残高をゼロにリセットし、累積を再開します。
       
    • リセット時に残高を移転: チェックボックスをクリックし、[利益剰余金、期首] を選択します。
      科目は年末時点の残高を翌年の開始時に [期首利益剰余金] 科目へ転送します。
       
    • 為替レート: [平均] を選択します。月平均] に変更します。 
      一致する為替レートの影響を維持するには、[純利益] 科目において使用されている為替レートを一致させます。 

YTD Data Settings

  1. [ 保存Save]をクリックします。 

結果

このステップを実行すると、科目リストはこのようになります。

Completed tree.png

純利益(損失)の設定を確認する

インスタンスには、損益計算書の [純利益] ルート科目が含まれます。設定を確認し、それが新しい [YTD収益(損失)] 科目と連携するようにします。

  1. [純利益] 科目をハイライト表示します。
  2. 設定において、為替レートには [平均] を選択します。月平均] に変更します。
  3. [保存] Saveをクリックします。

利益剰余金の初期残高用のシートを作成する

利益剰余金にシードするために通貨タグ付き分割をまだ使用していない場合、各組織の個々の通貨の為替レートを手動で入力、計算しています。科目のシード時に各通貨に共通する過去の値を使用する限り、通貨タグ付き分割の設定によってこのデータが変更されることはありません。機能の概要については、「初期残高の通貨タグ付き分割」を参照してください。 

  1. [モデリング > 組織割当シート] へ進み、標準シートを作成します。名前には、[REにおける初期残高入力] を入力してください。  
  2. [利益剰余金、期首] 科目をシートに追加し、[初期残高を表示] をクリックします。

    Initial Balance Sheet Account
     
  3. 属性には、[通貨(システム)] を追加します。通貨タグ付き分割の場合、シートにこの属性が必要です。
  4. シートにアクセスできる組織を追加し、保存します。

    Dimensions in Initial Balance Sheet

結果

このステップを完了するとこのようなシートが表示され、通貨タグ付き分割が可能になります。

New Initial Balance Sheet

利益剰余金、期首の初期残高をシードする

このウォークスルーの場合、インスタンスには、[利益剰余金] を3種類の通貨を用いて追跡するいくつかの組織が含まれています。

  • 本社は英国ポンド(GBP)を使用します。
    • 研究開発部は英国ポンド(GBP)を使用します。
    • 営業部とマーケティング部は米国ドル(USD)を使用します。 
      • 販売マーケティングの一部門であるカナダ営業部はカナダドル(CAD)を使用します。
      • 販売マーケティングの一部門である米国営業部は米国ドル(USD)を使用します。  
      • 販売マーケティングの一部門であるマーケティング部は米国ドル(USD)を使用します。

カナダ営業部は営業部とマーケティング部に合計され、これらは次に英国本社に合計されます。各通貨のリーフ組織に初期残高のみを入力します。この例においては、4つのリーフ組織(サブ組織なしの組織)があります: 研究開発、カナダ販売、米国販売、マーケティング。

初期残高をシードするには:

  1. ナビゲーションメニューから[シート] をクリックし、[REの初期残高入力] シートを開きます。
  2. バージョンのドロップダウンから [実績] を選択します。組織ドロップ談からリーフ組織を選択します。この場合、[カナダ営業部] を選択します。 
  3. [カナダ営業部] のすべての組織が合計されます。カナダ営業部は2つの組織に合計されます: 販売およびマーケティングおよび本社。各合計組織の通貨に注意します: GBP およびUSD
  4. ステップ3に記載されている各通貨の分割および、組織の通貨を追加します:(CAD)。 
    1. 利益剰余金、期首向けの初期残高列のセルを右クリックします。[分割の追加] を選択します。

      Create Split
    2. 分割の名前を入力し、通貨と一致させます。CADを用いて開始します。
    3. [通貨] 列のセルのドロップダウン矢印をクリックし、分割名と一致する通貨を選択します。 
      Currency drop-down
  5. 個々の通貨分割について初期残高を入力します。

    Seed Initial Balances with currency tagged splits
  1. シートを保存します。 

初期残高をシードする場合、リーフ組織は経時的に3つすべての通貨の値を表示します。

Beginning Retained Earnings Initial Balances

販売およびマーケティングなどの合計組織は、その組織のみについてその通貨で合計を表示します。セルを探索して、寄与する組織および、すべての通貨における個々の値を確認します。Rollup level with splits

結果データフロー

4つの科目([利益剰余金]、[利益剰余金、期首]、[YTD収益(損失)]、[純利益])のうち、シートで更新された科目は [純利益] だけです。この例では、[純利益] は、売上および費用アクティビティに基づいて計算された値です。簡単にするため、各月の損益計算書の [純利益] について同じ金額を計算しました: $75,000。

データは、マスター数式から貸借対照表の [YTD収益(損失)] にフィードされます。[YTD収益(損失)] データは、デルタ上の通貨を換算します。次に、1年を通して累積します。

Relation between the Net Income and YTD Income (Loss) accounts

[貸借対照表] において、[YTD収益(損失)] のセルが灰色であるものがあります。これは、あなたとそのチームがデータを編集できないことを意味しています。セルに紫色の三角が表示されている場合、これは数式がデータを計算することを意味しています。[YTD収益(損失)] セルを探索し、そのデータが、[純利益] に引き出して累積するマスター数式の結果であることを確認します。 

Explore YTD Cell

年末において、[YTD収益(損失)] の残高はゼロにリセットされ、累積が再開されます。 

YTD Reset

[利益剰余金、期首] 科目のセルも灰色です。これは、科目に数式があり、データを編集できないからです。前月比で、残高は変更されません。会計年度の開始時、科目は [YTD収益(損失)] からの残高の移転を受け取り、それは前年の残高に累積されます。

Retained Earnings Transfer

  • この記事は役に立ちましたか?