メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

特性インタフェースのツアー

モデリングについて、その特性インタフェースをツールバーと設定を含めて紹介します。

Attribute Interface Tour.png 

1 ツールバー: ボタンとドロップダウンで実行されます。

2 特性リスト: 特性のリストを展開して、値を表示します。青色の点は、値が使用中であることを意味します。 

3 特性の設定: 設定と特性の名前を更新します。 

そこに着く方法

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニューから [モデリング] へ進みます。[組織の特性]、[属性の特性] または [科目の特性] を選択します。ツールバーの最初のドロップダウンを使用し、異なる種類の特性に移動します。 

ツールバー

ボタン: 説明:
最初のドロップダウン 異なるタイプの特性に移動します。 
第2ドロップダウン 特性リストをフィルタリングして一度に表示します。
createDimension.png 特性を作成します
addDimensionValues.png 特性値を作成します
printView.png 特性をExcelスプレッドシートにダウンロードします。
importAccountStructureIcon.png 編集や新しい特性、特性値を [インポート] します。

特性の設定

フィールド: 説明:
名前 既存の属性名と一致しない、一意のものでなければなりません。 
属性インポートによって値が自動的に作成されます

(属性特性のみ)次を使用して新しい属性構造をインポートする場合、特性値を追加します。

科目のインポートによって値を自動作成する (科目特性のみ)次を使用して新しい科目構造をインポートする場合、特性値を追加します。
組織のインポートによって値を自動作成する (組織の特性のみ)次を使用して新しい組織構造をインポートする場合、特性値を追加します。
ソート状態を維持する 特性値リストをアルファベット順に並べ替えます。順番を管理したい場合、そのチェックを外します。

特性値の設定

フィールド: 説明:

階層の特性を作成します。値は、ドロップダウンから選択された値に合計されます。 

依存を表示 ダイアログを開き、モデルが特性値を使用する場所で閲覧できるようにします。 

 

  • この記事は役に立ちましたか?