メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

カスタムプロパティを使用する

カスタムプロパティは、追加情報をカスタム属性に関連付ける柔軟な方法を提供します。

カスタムプロパティ値は個々の属性値について定義され、数字のみを含むことができます。カスタムプロパティには既存の属性および特性と同じ名前を付けることはできません。たとえば、[地域] と呼ばれる属性を持つ場合、[地域] と呼ばれるカスタムプロパティを持つことはできません。 

販売プランニングにおいて、緯度と経度のカスタムプロパティは、地域のプランニングに向けた地理マップの作成に必要です。 

が始める前に

そこに着く方法

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニューから、[モデリング] を選択します。[組織および属性] メニューから [属性] を選択します。

カスタムプロパティを使用する

  1. 属性を選択してカスタムプロパティを追加します。 
  2. [カスタムプロパティ] 領域において、プロパティを追加し、プロパティ名を入力します。最大5つのカスタムプロパティを属性に追加できます。 
  3.  を保存します。

カスタムプロパティ値を設定する

  1. 属性値を選択してカスタムプロパティを編集します。 
  2. [カスタムプロパティ] 領域においてプロパティ値を入力します。カスタムプロパティ値には数字のみを含めることができます。
  3.  を保存します。

カスタムプロパティとプロパティ値をバルクで作成する

また、インポート属性テンプレート、またはupdateDimensionsAPIを用い、1回のアクションで多数のカスタムプロパティ値を編集できます。新しいカスタムプロパティは、[モデリング > 属性] からのみ作成できます。

  • インポート属性テンプレートは、カスタムプロパティとカスタムプロパティ値を編集できます。 
  • The updateDimensions APIは、カスタムプロパティ値のみを編集できます。

 

  • この記事は役に立ちましたか?