メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

カスタム プロパティの作成

追加情報をカスタム属性に関連付ける柔軟な方法を提供するカスタム プロパティの作成方法について説明します。

カスタムプロパティ値は個々の属性値について定義され、数字のみを含むことができます。カスタムプロパティには既存の属性および特性と同じ名前を付けることはできません。たとえば、[地域] と呼ばれる属性を持つ場合、[地域] と呼ばれるカスタム プロパティを持つことはできません。

販売プランニングにおいて、緯度と経度のカスタム プロパティは、地域のプランニングに向けた地理マップの作成に必要です。

Before You Begin

How You Get There

Navigation Icon5.pngnav menuから [モデリング] を選択します。[組織および属性] メニューから [属性] を選択します。

カスタム プロパティの作成

  1. 属性を選択してカスタム プロパティを追加します。
  2. [カスタムプロパティ] 領域において、プロパティを追加し、プロパティ名を入力します。最大 5 つのカスタム プロパティを属性に追加できます。
  3. [保存] を選択します。

カスタム プロパティ値を設定する

  1. 属性値を選択してカスタム プロパティを編集します。
  2. [カスタムプロパティ] 領域においてプロパティ値を入力します。カスタムプロパティ値には数字のみを含めることができます。
  3. [保存] を選択します。

カスタムプロパティとプロパティ値をバルクで作成する

また、インポート属性テンプレート、またはupdateDimensionsAPIを用い、1回のアクションで多数のカスタムプロパティ値を編集できます。新しいカスタムプロパティは、[モデリング > 属性] からのみ作成できます。

  • インポート属性テンプレートは、カスタム プロパティとカスタム プロパティ値を編集できます。
  • The updateDimensions APIは、カスタムプロパティ値のみを編集できます。

 

  • この記事は役に立ちましたか?