メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

地理地域座標データを属性と値に追加する

緯度と経度の情報をカスタム属性に追加して地理マップを作成します。

Adaptive Insights for Salesでのみ利用可能

地理マップには、地理的な地域を定義する属性値と、地域の緯度と経度の座標を定義するカスタムプロパティを含むカスタム属性が必要です。 

リスト属性または階層属性を作成できます。階層地理属性により、階層に沿ってデータを分析できます。たとえば、国の集計データの広範な地域的画面を表示させ、国の個々の州、州の個々の郡、郡の個々の郵便番号に絞り込みます。

始める前に

必要な地理的地域の属性値を持つカスタム属性を作成します。地理マップは、個々の位置に対して定義された座標がある場合、カスタム属性の地理的な階層モデルをサポートできます。

 

そこに着く方法

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニューから、[モデリング] を選択します。[組織および属性] メニューから [属性] を選択します。

座標データを属性と属性値に追加する

座標データを属性に追加するには、2つのカスタムプロパティを属性に追加し、その後、個々の属性値についてカスタムプロパティ値を入力する必要があります。 

緯度と経度のカスタムプロパティを追加する

  1. 地理的な地域を含む属性を選択します。
  2. [カスタムプロパティ] を選択し、[プロパティの追加] を用いて2つのカスタムプロパティを追加します。1つのプロパティは緯度、もう1つは経度に関するものです。例:
    プロパティ1:
    緯度
    プロパティ2:
    経度

属性値の地域の座標データをインポートする

  1. [印刷可能なビューを生成] を用いて属性構造をダウンロードします。 
  2. Excelでダウンロードを開きます。
  3. 対応する属性値のプロパティ列の地域について、緯度と経度の座標を追加します。 
  4. [属性構造のインポート] を選択した後、属性構造を更新して緯度と経度の座標データを更新します。

属性をモデルまたはキューブシートに追加した後、地理マップを作成できます。属性は地理マップの [地理属性] フィールドに使用されます。 

 

  • この記事は役に立ちましたか?