メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

モデルシート上の派生属性値をサポートする属性の作成

他の属性値によって決定し、モデルシートに自動的に入力される派生属性値を作成する方法について説明します。

派生属性値を使用すると、ユーザ定義の多属性ルックアップ ルールに基づいてデータを動的にグループ化できます。モデルシート行の属性値は、ルールに基づいて返されます。

モデルシートの派生属性値の仕組み

モデルシートでは、マッピング属性の値は派生属性値を決定します。派生属性は、属性マッピングに有効なカスタム属性です。派生属性に割り当てられたッピング属性は、派生属性値を返す動的ルールの作成に使用されます。

たとえば、販売プランニングでは、顧客の人口統計属性である地理的位置、業界、企業規模に基づいて、動的な顧客セグメンテーションを実行できます。

Before You Begin

How You Get There

Navigation Icon5.pngnav menuから [モデリング] を選択します。[組織および属性] メニューから [属性] を選択します。

属性マッピングの有効化

  1. 属性を選択して、他の属性に属性値をマッピングできるようにします。
  2. 属性詳細で、[マッピング基準を使用してモデルシートで属性値を設定] を選択します。
  3. 属性を追加して、属性マッピングで使用する属性を選択し、モデルシートに属性値を設定します。最大6つの属性を追加できます。

定義した属性マッピング ルールに基づく属性値のマッピング。

  • この記事は役に立ちましたか?