メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

モデルシートの概要

モデルシートの基本的な作成ブロックへ誘導され、それらの作成方法を理解できるようにします。

モデルシートは入力者からの入力を取得し、その入力の結果を自動的にモデル化します。 

Example Model Sheet

次を探します。

1 分割の追加、削除、名前変更ボタンに加え、あるいはそれらの代わりとなる [行の追加] sheetAddRow.pngおよび [行の削除sheetDeleteRow.pngボタン。「分割と行の追加」を参照してください。

2 上部全体のラベル付けされた列および行の下にリストされたレコード。列のタイプは、フィールドに入力するか、ドロップダウンから選択するかのいずれかによってデータの入力方法を決定します。行ヘッダーがありません。列ヘッダーのみです。

新しい情報を既存の行に入力するか、新しい行を追加します。管理者は、モデルシートが一度に表示できる最大行数を設定できます。この事例の場合、合計で行がいくつ表示されているかを示すメッセージが表示されます。フィルターを使用すると、異なるデータセットを見つけることができます。

モデルシートを作成する

さまざまなモデルシート作成方法から選択します:

モデルシートの作業方法

モデルシートにはデータ列を伴うレコード行が含まれています。レコードに向けてデータを入力するか、列からデータを選択します。科目向けのデータは入力しません。その代わり、シートは科目設定で定義した数式に基づいて科目の値を計算します。モデルシートの科目の数式は次のように評価されます:

  • 列に入力するデータ。
  • 列に追加するルックアップ。
  • シート向けに作成する前提条件。 

モデルシートの列タイプ

  • データ入力列により、ユーザーはシートを開くときにデータをセルに入力できます。個々のデータ入力列にはコードがあります。このコードは、シートの数式駆動型の科目で参照できます。一部の列には、数式が列を参照する際の計算に影響を与えるスプレッドまたは値ルックアップが含まれています。データ入力列はモデルシート外から参照できません。
  • カスタム属性列および特性列モデルシート上に既存のカスタム属性および特性を配置します。ユーザーは、シートをフィルターするために使用することも、入力データの一部として使用することもできます。カスタム属性には、データ計算に影響を与えるルックアップを含めることもできます。
  • 表示列は、シートが計算する値を読み取り専用で表示します。
  • 組織はデフォルトの列です。組織は必要であるため、削除することはできません。シートにおいて使用したい組織を選択し、設定を管理します。

モデルシート列を追加または編集するを参照してください。

モデルシートの科目タイプ

  • 算出科目は数式を使用し、列データとルックアップに基づく個々の値を計算します。 
  • 前提条件科目は、データを制御するフロー科目です。管理者のみがシートの要約ページから前提条件科目にデータを入力できます。
  • 初期の残高科目は、初期の残高データ入力列を追加すると自動的に作成されます。
  • 期間は、期間データ入力列をシートに追加すると自動的に作成されます。

モデルシートのルックアップ

テキストセレクタ、またはドロップダウンおよび属性列であるデータ入力列にルックアップを追加します。ルックアップは、データ入力時にシートのドロップダウンから作成した選択に基づく論理を提供します。その後、それらの列を参照する算出科目向けの数式を作成できます。

ルックアップのタイプ:

  • 値ルックアップは行からの選択を時間ベースの値に変換します。たとえば、収益の選択肢(HMOやPPOなど)を適切なパーセントに関連付けることができます。次に、パーセントと給与を乗算して給与額を計算できます。給付の選択肢とその割合は、値ルックアップ内にあります。 
  • スプレッドルックアップは、別の科目の後続の期間にわたって値をひとつの科目に分散させます。行からの選択は時間の経過とともに広がる値(スプレッド値)に変換されます。たとえば、資本支出科目をもとに、減価償却方法を使用して減価償却費用科目に値を広げます。  

 

  • この記事は役に立ちましたか?