メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

最初からモデルシートを構築

列、科目、属性、ルックアップに関するガイダンスを含め、モデルシートを最初から作成する方法について説明しています。

モデルシートを開始すると、[シートの要約] からそのコンポーネントを構築、編集します。[シートの要約] に移動するには、シートリストのモデルシートの横にある [編集] リンクを選択します。

[シートの要約] にはリンクが表示されます。各リンクに移動してシートの構築や編集を終了します。

  • モデル科目 設定、数式、名前、コードを含む、前提条件および算出科目を作成、編集、削除します。
  • 列と組織: シートに表示される列、シートに割り当てられた組織、列ごとのルックアップ、シート設定を管理します。
  • アクセシビリティ(ユーザー割当シートのみ): シートを表示および編集できるユーザーを追加または削除します。

シートに関連付けられる場合、シートの構築完了後に追加リンクが表示されます。

  • スプレッドルックアップ: 属性列またはテキストセレクタ列にスプレッドルックアップを追加した後に表示されます。このリンクを選択し、式とスプレッドを編集します。「スプレッドルックアップ」を参照してください。
  • 値ルックアップ: 属性列またはテキストセレクタ列に値ルックアップを追加した後に表示されます。このリンクを選択し、ルックアップシートの値を入力または編集します。「値ルックアップ」を参照してください。
  • 前提条件: 前提条件科目を作成した後に表示されます。このリンクを選択すると、すべての前提条件科目を持つシートが開きます。期間ごとに前提条件科目の値を編集または入力します。以下の前提条件科目データの入力セクションを参照してください。

が始める前に

  • 必要な権限: モデル管理アクセス > モデル
  • シートへの追加を計画している任意の属性、特性、レベルを作成してください。
  • モデルシートに詳しくありませんか?「モデルシートの概要」を参照して開始してください。

モデルシートを最初から作成することは、モデルシートを作成するひとつの方法です。また、モデルシートのコピーモデルシートのアップロードモデルシートテンプレートの活用も可能です。 

そこに着く方法

Compass.pngナビゲーションメニューから [モデリング] を選択します。[シート] メニューで [ユーザ割当シート] または [組織割当シート] を選択し、モデル内のシートのリストを表示します。

基本的なステップスモデルシートを最初から作成するには

  1. 新規シートを開始します。 
  2. ユーザを割り当てます。
    ユーザ割当シートに必要です。 
  3. 組織をシートに割り当てます。 
    ユーザ割当シートと組織割当シートの両方に必要です。
  4. データ入力列を追加します。
     属性用の列 と特性を追加することもできます。
  5. 計算科目と前提条件科目を作成します。
  6. オプション。表示列を追加します。
  7. [シート設定] を更新します。
  8. 保存します。 

シートの作成完了時に作成したシートコンポーネントによって異なります。

  • 前提条件シートにデータを入力します。
  • スプレッドルックアップの式を定義します。 
  • 値ルックアップシートに値を入力します。

[新規シート] を開始する

  1. [シート] リストから [新規シート] を選択します。 
  2. 一意の シート名を入力します。
  3. [新規シートの作成] ラジオボタンを選択し、ドロップダウンから [モデル] を選択します。 
  4. 第2階層のドロップダウンから [空白モデルシート(拡張)] を選択します。  
  5. アカウントコードのプリフィックスを入力してシートを識別します。シートに自動的に表示されるすべてのアカウントコードにはこのプリフィックスが含まれています。
  6. [次へ] を選択します。

ユーザを割り当てる

ユーザ割当シートの場合のみ。組織割当シートを作成する場合、次のセクションに進みます。 

  1. シートの要約からアクセシビリティーを選択します。 
  2. [利用可能なユーザー] ボックスからユーザーを選択します。
  3. 前進矢印を選択し、[選択したユーザー] ボックスに追加します。 
  4. 保存します。

シートに割り当てられたユーザは、レベルの所有権に関係なくすべてのデータと属性を編集できます。詳細については「組織承認者の割り当て」を参照してください。

シートを開くに当たり、給与詳細シート設定がアクティブである場合、ユーザには [給与詳細にアクセス] の許可が必要です。本記事の「シートプロパティの更新」を参照してください。 

組織を割り当てる

組織割当シートを作成している場合、このステップでは組織をシートに割り当てます。これによってシートおよびシートのデータへのアクセスをコントロールします。  ユーザ割当シートを作成している場合、このステップでは各組織におけるデータ入力に向けて関連組織をシートに追加します。ユーザ割当シートに割り当てられたユーザは、シートにおいてすべての組織のあらゆるデータを閲覧、編集できます。

列のインタフェースとタイプについて詳しく知るには「モデルシート列の追加または編集」を参照してください。

  1. シートの要約から列および組織を選択します。 
  2. キャンバスから [レベル] 行を選択します。モデルシートを最初から作成する場合、組織 はキャンバスに表示される唯一の行です。
  3. 設定において:
    • 組織列について、シートに別の組織を表示させたい場合、[名前] フィールドの名前を変更します。
    • シートにデータをインポートする場合、 ユーザが組織を 変更できない ようにするために列を読み取り専用にしてください。
  4. シートに追加したい組織の横にあるチェックボックスを選択します。 
  5. キャンバスツールバーから [保存] を選択します。 

データ入力列を追加する

列はシートに表示されています。列にはいくつかの種類があります: データ入力列、属性、特性、列の表示。数式で列コードを参照する必要があるため、科目を作成する前にデータ入力列を追加します。このステップで属性列と特性列を追加することもできます。

データ入力列を追加するには:

  1. シートの要約から列および組織を選択します。 
  2. データ入力列を展開します。
  3. リストから希望するデータ入力列のタイプを選択し、キャンバスにドラッグアンドドロップします。シートにおいて各タイプの機能は異なります。「モデルシート列の追加または編集」を参照してください
  4. プロパティの編集 「モデルシート列の設定」を参照してください。
  5. 保存します。

モデル科目を作成する

算出科目と前提条件科目を作成するには:

  1. シートの要約から [モデル科目] を選択します。 
  2. 算出科目の場合は を、前提条件科目の場合は を選択します。 
  3. 科目のコード と名前 を入力します。 
  4. 算出科目の場合、以下の設定の全項目を入力します:
    1. [タイプ] を選択します:
      • 周期: 月ごとに入力した額は、その月の活動を表します。
      • 累積: 月ごとに入力した額は、その月の終わりの時点での科目残金を表します。
      • スプレッド: 選択されたソース科目の額は、算出科目内で複数の期間にわたって広げられます。[スプレッド] を選択した場合、以下のドロップダウンが表示されます。
      • ソース科目: モデル科目の1つを選択し、ソースとして機能させます
      • スプレッドの使用:  スプレッド ルックアップを選択し、スプレッド科目が元のアカウントからどのように値を配分するかを定義します。データ入力列にスプレッドを作成しました。 
    2. 周期および累積のみ。 数式を入力してくださいフォーミュラアシスタントを使用してモデルシートの数式を作成できます。 
  5. 表示形式については、数字通貨またはパーセントを選択し、シートとレポート上における科目の表示形式をコントロールできます。スプレッドアカウントは常に通貨として表示されます。
  6. [データ] のプライバシーに関するオプションを選択してください。 
  7. 保存します。

詳細については「科目」を参照してください。 

表示列を追加する

表示列には組織の通貨と作成されたすべての科目が含まれます。これらの列は、シートを開いた時に読み取り専用データを表示します。 

  1. シートの要約から列と組織を選択します。
  2. [列を表示] を展開し、作成したアカウントのリストを表示します。
  3. それらをキャンバスにドラッグアンドドロップします。モデルシート列の追加または編集を参照してください。
  4. プロパティを管理します。「モデルシート列の設定」を参照してください。
  5. 保存します。

モデルシートプロパティを更新する

シート プロパティを設定するには:

  1. シートの要約から列および組織を選択します。 
  2. キャンバスツールバーから歯車アイコンを選択します。 
  3. タブを選択して設定を確認、編集します。[OK] を選択します。次の「設定オプション」を参照してください。
  4. キャンバスツールバーから [保存] を選択します。

設定オプション

オプション説明

[詳細] タブ

 
名前 シートの名前を変更します。
コードプリフィックス 情報のみ。このシートコードは、シート上のすべての科目コードのプリフィックスです。

[セキュリティ] タブ

 

給与情報へのアクセスを制限します。選択すると、給与詳細へのアクセス権限を持つユーザのみがシートを開くことができます。 

[設定] タブ

 
固定する列数を設定する 左側の、水平にスクロールできない数字列を指定します。
行キーに設定する列を選択(拡張) テキスト列のみに適用されます。行のレコードとして表示するテキスト列を選択します。 複数のオプションを選択できます。人事シート上で、このオプションを使って数式内の行単位の給与詳細へのアクセス権を制限できます。 
分割を許可 行の分割を許可します。有効化すると、シート上の個々の列に許可分割としてフラグを付けることができます。 ユーザーは行の配賦「分割」を作成し、分割可能な列に異なる値を入力できます。
組織の合計の表示中に編集を許可 ユーザーが合計組織においてレコードを追加できるようにします。
実績バージョンでシートを利用可能にする 実績バージョンでモデルシートを使用できるようにします。 
要求に応じて再計算 [手動再計算] 機能で利用可能です。要求があるまで、すべての計算を保持します。この設定は、計算に時間がかかり、進行中の作業が中断されるような大きなスプレッドシートに対して有効です。「手動再計算」を参照してください。 
このモデルシートに関連する時間層を選択します シートに期間列がある場合に使用できます。期間において表示する期間を選択してください。一般的なオプションには、月、四半期、年が含まれますが、これはカレンダーのセットアップによって異なります。

前提条件科目データを入力する

前提条件科目はモデルシートに読み取り専用セルとして表示されます。そのデータは算出科目内の他のデータを制御します。前提条件科目にデータを入力するには: 

  1. シートの要約から「前提条件」リンクを選択します。このリンクは、シートに前提条件科目がある場合にのみ表示されます。 
  2. シートにおいてすべての前提条件科目は行、期間は列に表示されます。 
  3. データを入力してシートを保存します。 

[値ルックアップ] と [スプレッドルックアップ] を作成する

[属性] 列と [テキストセレクタ] データ入力列にルックアップを追加できます。ルックアップを追加するには:

  1. シートの要約から列および組織を選択します。  
  2. キャンバスからカスタム属性またはテキストセレクタを選択します。[タイプ] 列を参照し、それがどのようなデータ入力列になっているかを確認します。
  3. 全般プロパティから [値ルックアップ] または [スプレッドルックアップ] を選択します。 
  4. 新規ルックアップの追加を選択します。 
  5. ルックアップの [名前] を入力し、[OK] を選択します。 
  6. 値またはスプレッド情報の追加前にシートを保存してください。 
  7. 新規ルックアップで列に戻ります。
  8. ルックアップ名の横にある[編集]を選択します。
    • スプレッドルックアップについて、月数とスプレッド式を入力します。
    • 値ルックアップについて、テキストセレクタまたは属性のオプションが行で一覧表示されたシートが表示されます。各期間およびオプションの値を入力します。シートを保存します。 

列にルックアップを追加すると、シートの要約からそれらに直接アクセスして編集することができます。

  • この記事は役に立ちましたか?