メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

地域最適化の距離を計算する

2 つの位置の間の距離を自動計算し、販売用 Adaptive Planning における販売プランニング用のモデルシートにその距離を表示させる方法について説明しています。

Available only with sales planning.

販売担当者と地域間の距離の把握は販売地域の割り当て時に役立ちます。販売担当者を近隣の地域に割り当てることで、次が可能になります。

  • コスト削減
  • 移動時間の短縮
  • 販売サイクルの高速化

距離を自動計算するには、地域と販売担当者を郵便番号の属性値に関連付けます。次に、郵便番号の説明フィールドに地理座標を提供します。算出科目の三角数式を使用して郵便番号の間の距離をマイルで生成します。モデルシートの表示列に距離の計算結果を表示します。

Before You Begin

  • 必要な権限: モデル管理アクセス > モデル
  • 販売科目の地域と販売担当者の位置の郵便番号について緯度と経度を取得します。複数のオンラインソースによって郵便番号の座標が提供されます。

How You Get There

Compass.pngnav menuから [モデリング] を選択します。

基本ステップ

  1. 販売科目の郵便番号の属性を作成します。
  2. 販売担当者の郵便番号の属性を作成します。
  3. モデルシートに計算を追加します。
  4. モデルシートに属性を追加します。
  5. モデル算出科目を作成します。
  6. 距離の表示列を追加します。
  • シートを表示して計算された距離を確認します。
  • 販売科目の郵便番号の属性を作成する

    Compass.pngモデリングメニューから [属性] を選択します。

    1. AccountZipCode属性を作成し、属性詳細のリスト属性のチェックを外します。この属性は階層的でなければなりません。
    2. 個々の販売科目の郵便番号とまったく同じ名前を付けた属性値を作成します。郵便番号が11411であれば、属性値の名前を11411にするといった具合です。
    3. その属性値の説明フィールドに個々の郵便番号の座標を入力します。たとえば、郵便番号が 11411 の場合、座標値は 40.694021,-73.736216 になります。

    販売担当者の郵便番号の属性を作成する

    1. RepZipCode属性を作成し、属性詳細の [リスト属性] のチェックを外します。この属性は階層的でなければなりません。
    2. 個々の販売担当者の郵便番号とまったく同じ名前を付けた属性値を作成します。郵便番号が11422の場合、属性値の名前を11422にするといった具合です。
    3. その属性値の説明フィールドに個々の郵便番号の座標を入力します。たとえば、郵便番号が 11422 の場合、座標値は 40.66006,-73.736012 になります。

    モデルシートに計算を追加する

    郵便番号の属性を追加する 

    Compass.pngブレッドクラムで [モデリング] を選択します。シート メニューで [ユーザ割当シート] または [組織割当シート] を選択します。

    1. 距離計算を含めたいモデルシートの横にある [編集] リンクを選択します。
    2. [列と組織] を選択します。
    3. 販売科目の郵便番号の AccountZipCode 属性をモデルシート ビルダー キャンバスにドラッグします
    4. AccountZipCodeの下にある販売担当者の郵便番号のRepZipCode属性をモデルシートビルダーキャンバスにドラッグします。
    5. シートを保存します。

    モデル算出科目を作成する

    この科目は、説明フィールドで提供する座標を評価することによって2つの郵便番号間の距離を計算します。たとえば、2つの座標セット間の距離を評価する一般的な数式には三角関数が必要です。

    ACOS(    COS(        RADIANS(90-Lat1))        *COS(            RADIANS(90-Lat2))        +SIN(            RADIANS(90-Lat1))        *SIN(RADIANS(90-Lat2))        *COS(            RADIANS(Long1-Long2))) * 3958.756

    Lat1およびLong1は第一位置の緯度と経度、Lat2およびLong2 は第二位置の緯度と経度です。 郵便番号の属性値については、説明に緯度と経度の座標が含まれています。 算出科目において必要な数式には、説明フィールドから座標を引き出すための追加的なテキスト処理が必要です。

    1. ブレッドクラムを使用して要約に戻ります。
    2. [モデル科目] を選択します。
    3. ツールバーで [新規計算科目を作成] をクリックし、科目の詳細を入力します。
      • コード: 距離
      • 名前: 距離(m)
      • タイプ: 計算(周期)
    4. 科目に対し、これらのデータタイプの設定を提供します。
      • 表示形式: 数値
      • 数式:
        acos(    cos(        radians(90-            tonumber(substring(this.AccountZipCode.description,0,search(this.AccountZipCode.description,",")))))                * cos(radians(90-            tonumber(substring(this.RepZipCode.description,0,search(this.RepZipCode.description,",")))))                + sin(radians(90-            tonumber(substring(this.AccountZipCode.description,0,search(this.AccountZipCode.description,",")))))                * sin(radians(90-            tonumber(substring(this.RepZipCode.description,0,search(this.RepZipCode.description,",")))))                * cos(radians(                tonumber(substring(this.AccountZipCode.description,search(this.AccountZipCode.description,",")+1,99)) -                tonumber(substring(this.RepZipCode.description,search(this.RepZipCode.description,",")+1,99))))    )* 3958.756
    • 小数点の位置: 4
    1. 科目を保存します。

    [距離の列を表示する] を追加する

    1. ブレッドクラムを使用して、シートの要約に戻ります。
    2. [列と組織] を選択します。
    3. [要素] のリストから [列を表示] を展開します。
    4. 距離(m)を、RepZipCode属性のちょうど下にあるキャンバスへドラッグします。
    5. 保存します。

    シートを表示させて距離を確認する

    nav menuからシートを選択し、郵便番号属性列と表示列を含むシートを開きます。[距離(m)] 列は、販売科目と販売担当者の郵便番号間の距離を示します。

    • この記事は役に立ちましたか?