メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

時間管理

カレンダーの設定方法について説明します。

時間管理により、モデルにおいて現在定義されている時間層を確認、設定できます。これは、層のフルタイム ツリーを表示します。各期間がどのくらいになるか、およびその期間が他の期間にどのように合計されるかを示します。

次の操作ができます:

  • 時間の設定に使用されるスプレッドシート をアップロードおよびダウンロードする
  • デフォルト ロケール カレンダーを選択する
  • カレンダーにロケールを追加する
  • 期間ラベルと ロケールの短縮名を含むスプレッドシートをアップロードおよびダウンロードする
  • スワップせずに、インスタンスの定義時間をカスタム時間構成に拡張する

インスタンスで時間構成を変更すると、期間を指定するバージョン 15 より古いすべての API が非アクティブになります。時間をカスタマイズしたら、特定の月のデータを要求する古い API バージョン(または同様の API 呼び出し)を使用しようとすると、エラーが返されます。新しいバージョン 15 API を使用して新しい期間を指定するには、すべての API クライアントをアップグレードする必要があります。

が始める前に

管理者のアクセス権および [時間管理] 画面を表示する時間管理アクセス権。カレンダーをインポートしてデータを消去するには、追加のカレンダーの設定権限が必要です。 

そこに着く方法

Compass.png ナビゲーションメニュー から [モデリング] を選択します。その後、[バージョン] と [時間] メニューから [時間] を選択します。

時間管理 UI

3 つのパネルが含まれます。1 時間/ロケール、2 時間ツリー、 3 層の合計。

Time Management

時間/ロケール

このパネルでは、ロケールの管理、カレンダーのインポートとエクスポート、[タイムツリー] パネルに表示するロケールの選択を実行します。カスタムカレンダーが設定されていない場合は、このパネルを使用してインスタンスの定義時間を延長することもできます。 

時間パネルのツールバーには、ロケールの追加、カレンダーのインポート、カレンダーのエクスポート、ラベルのインポート、ラベルのエクスポート、選択されたロケールの削除を実行するボタンがあります。また、右側には、すべてのデータを消去するための [データをクリア] リンクがあります。

[データをクリア] アクションは、 バージョン、レポート、シート データ、およびその他のデータを含むすべてのデータを消去します。これは、元に戻すことはできません。 

ロケール リストを使用すると、デフォルトのロケールを決定し、サポートされているロケールをリストに追加できます。ロケールを選択すると、他のパネルは、そのロケールの 情報で動的に更新されます。一度に選択できるロケールは 1 つだけです。

保留中の変更がある場合、[カレンダーのインポート] ボタンは無効になります。

カレンダーは、デフォルトのロケールでのみアップロードできます。

時間ツリー

このエリアには、ユーザーに選択したロケールに対しAdaptive Insightsで情報を表示するのと同じように、ラベルを付けて時間ツリーが表示されます。これは、インスタンス内のすべてのシートとすべての機能に適用されます。選択したロケールの名前が、 上部に表示されます。

すべての期間には、定義したかどうかにかかわらずラベルが付けられます。リストは展開および折りたたみが可能です。あるいは、[検索] タブを使用して検索することも可能です。

層合計

これは、既定の時間層をオレンジ色でハイライト表示して、定義した時間層を、低位の時間層を高位の時間層に相互にどのようにロールアップするかを示しています。時間層合計 の右側には、インスタンスの既定時間層の設定のためのドロップダウンがあります。

画面左端にある[総合計を非表示にする] ボタンを選択すると、時間層の合計ペインを折りたたむことができます。

インスタンスの定義済み時間を展開します

インスタンスで定義された時間は、[時間/ロケール] ツールバーの [延長 ]ボタンをクリックして、カスタムカレンダーに変換せずに延長できます。

カスタムカレンダーの場合、時間の延長はできません。2017.2リリースに沿って作成されたすべてのカレンダーはデフォルトでカスタムカレンダーです。カスタムカレンダーをエクスポートし、それに年を手動で追加してインポートできます。

[5年後に延長] extendBackward.pngをクリックして、定義した時間の初めに5年追加します。個々の選択によって5年間延長されます。
[5年前に延長] extendForward.pngをクリックして、定義した時間の終わりに5年追加します。個々の選択によって5年間延長されます。

カレンダーをインポートする

時間を設定するという最終的な目標は、インスタンスが時間構造のどこに収まるかを認識することです。

あるカレンダー タイプから別のカレンダー タイプに移行する場合—(毎月から毎週、毎週から毎日、毎月から 13 期間など)—、サンドボックス インスタンスを作成し、そこでテストを実行してください。1 つのタイプから別のタイプへリーフ層を交換すると、カレンダーのデータが破壊されます。

時間は、会計システムでよく使用される 形式のスプレッドシートをアップロードすることで設定されます。1 年のすべての日が、 左端の列に表示されます。また、コード、ラベル、および短縮名という 3 つの列があります。これらの列は、インスタンスの時間ツリーの各層ごとに、どの期間が含まれるかを特定します。

可能な値 説明
日付* Excel の日付形式。 例: yyyy/mm/dd 1 列目の日付は必須です。 Excel の日付形式である必要があります。
コード* この日付の層の説明に使用される固有のコード。 
 例: M1_FY16
コードは、層の固有の識別子であり、数式参照で使用されます。 これは変換できず、スペースを含めることもできません。破線や他の特殊文字が許可されています。インポートテンプレートの2行目のコードは層を定義し、3行目以降のコードは期間を定義します。
ラベル* この日付の層の説明に使用されるテキスト。 
 e.g. Month1 2016
ラベルはシートとレポートの表示目的にのみ使用されます。 ロケールごとにローカライズできます。
短縮名 オプションのフィールドは空白のままにすることができます。この日付の層の説明に使用されるテキスト。 
  例: M1 -16
短縮名は、長いラベルを省略する際に使用できます。これはシートとレポートの表示目的にのみ使用されます。  ロケールごとにローカライズできます。  
* は必須の列を示します

コード、ラベル、および短縮名という3つの列 は、左の最低位にある時間層(週など)から、右の最高位にある時間層 (年など)まで順番に並んでいる必要があります。

以下は、週のカレンダーの例です。週はリーフ層です。

time-structure-xlsx.png

インポートのオプション

時間構造を設定する場合、次の 3 つのオプションがあります。

  • 構造の 更新: このオプションを使用すると、既存層のラベルを提供するなどの変更を行うことができます。また、新しい層を追加するために使用することもできます。このオプションは、既存のデータを変更しません。「データを含む層のカレンダー更新」についてさらに詳しくお読みください。
  • 構造の追加: このオプションを使用すると、新しい期間を追加できます。層を変更することはできません。層を追加または削除することはできませんが、期間を追加することはできます。日付は連続している必要があり、既存の期間を変更することはできません。
  • 構造全体を再ロード: このオプションは、既存のデータをすべて消去します。月次計画から週次計画にインスタンスをスワップするなど、時間構造を大幅に変更する場合にのみ使用します。

カスタムカレンダーをインポートする

  1. デフォルトのロケールを選択します。
  2. 更新オプションを使用する計画である場合、[カレンダーをエクスポート] exportCalendar.pngを選択して既存の時間構造をダウンロードします。
  3. ツールバーで [カレンダーをインポート] importCalendar.pngを選択します。以下のオプションを含む時間構造インポート用のウィンドウが現れます。
  • インポートの操作 - [更新]、[追加]、または [構造全体を再ロード] を選択します(再ロードすると、既存のデータがすべて消去されます)。
  • [テンプレートをダウンロード] リンク - 選択すると、[追加] または [構造全体を再ロード] オプションの空のテンプレートをダウンロードできます。
  • [アップロード] および [キャンセル] ボタン
  1. リンクを選択してインポートテンプレートをダウンロードします。
  2. [追加] または [再ロード] では、インポート テンプレートに追加したい項目を読み込みます。
  3. [更新] では、手順 4 でダウンロードしたカレンダー スプレッドシートを変更します。

    更新操作の場合、インポートファイルの日付範囲は既存の時間構造の日付範囲と一致していなければなりません。ステップ4からエクスポートされたカレンダーの最初の入力と最後の入力は、既存の時間構造の日付範囲を表します。

  4. コンピューターの従来の場所にインポート テンプレートまたはエクスポートしたカレンダーを保存します。
  5. 構造インポート ポップアップ ウィンドウで [ファイルの選択] ボタンを選択し、インポートファイルを見つけて選択します。
  6. [アップロード] を選択します。

時間層を作成する

  1. デフォルトのロケールを選択します。
  2. ツールバーで[カレンダーをエクスポート] exportCalendar.pngを選択し、設定した時間を含むスプレッドシートをダウンロードします。
  3. コード*、ラベル*、および短縮名の列を、この順序で、ロールアップする層の左側に挿入します。
  4. 追加した新しいコードラベル追加した列のすべてのセルに、データを入力します。必要に応じて、短縮名列にも入力します。スプレッドシートを保存します。
  5. ツールバーで [カレンダーをインポート] importCalendar.pngを選択します。
  6. [時間構造のインポート] ダイアログで [更新] を選択し、[ファイルを選択] を選択して、ローカルに保存されたスプレッドシートに移動します。
  7. [アップロード] を選択します。

新しいロケールを追加する

  1. ツールバーで [新しいロケール] newLocale.pngを選択します。
  2. ロケールを選択して [追加] を選択します。

デフォルト以外のロケール ラベルの更新

これらの手順は、デフォルトとして設定されていないロケールでも機能します。

すべてのロケールのラベル インポートには制限があります。期間が短縮名を持つ場合は、対応する層も短縮名を持つ必要があります。

  1. [時間/ロケール] パネルで、ラベルを更新するデフォルト以外のロケールを選択します。
  2. [ラベルをエクスポート] exportLabels.pngを選択してTimeLabels.xlsxファイルをダウンロードします。
  3. スプレッドシートの ラベルおよび短縮名列にデータを入力し、ローカルに保存します。コード列は編集しないでください。
  4. [時間/ロケール] パネルで、更新するロケールが選択されていることを確認します。
  5. ツールバーで [ラベルをインポート] importLabels.pngを選択します。
  6. [ラベルをインポート] ダイアログで [ファイルを選択] を選択し、TimeLabels.xlsxファイルをアップロードします。

デフォルトロケールラベルを更新する

  1. [ラベルをエクスポート] exportLabels.pngを選択してTimeStructure.xlsxファイルをダウンロードします。
  2. *ラベル列のラベルを変更して、スプレッドシートを保存します。
  3. ツールバーで [ラベルをインポート] importLabels.pngを選択します。
  4. [時間構造のインポート] ダイアログで [構造の更新] オプションを選択し、[ファイルを選択] を選択して、ローカルに保存したスプレッドシートに移動します。
  5. [ラベルをインポート] ダイアログで [ファイルを選択] を選択し、TimeLabels.xlsxファイルをアップロードします。

ロケールを削除する

ロケールを削除すると元に戻せません。

  1. 削除したいロケールを選択します。デフォルトのロケールは削除できません。
  2. ツールバーで[削除] TrashIcon.pngを選択します。

デフォルトロケールを変更する

  1. 「ロケール ラベルの更新」の手順に従って、デフォルトに設定する必要があるロケール用に完成した TimeLabels.xlsx ファイルをアップロードします。
  2. このロケールの [デフォルト] ラジオボタンを選択します。

デフォルトの時間層を設定します。

既定時間層を新たに選択できます。 標準シート、キューブシートまたはモデルシートは、設定時間から継承されます。これにより、Model Dependent Time(モデル依存時間)で、異なるモデル領域に異なる時間層を使用しやすくなります。たとえば、インスタンスは、週 > 月 > 四半期 > 半年 > 年とロールアップする設定カレンダーを持つことができます。モデル の核は、月の時間層のみが必要なことがあります。特定のモデルシートおよびキューブシートは、 時間層の週を使用するように設定できます。

インスタンスの既定時間層は、標準科目と標準シートのすべてのデータが消去されるまで変更できません。

  1. すべての標準データを消去するには、ツールバーで削除TrashIcon.png deleteEraseStandardData.pngの右にあるドロップダウンアイコンを選択し、[標準データの消去] を選択します。
  2. すべての標準データが消去されることを確認し、[はい] を選択して確定します。

標準データを消去すると、元に戻すことはできません。

  1. [層合計] バー内のドロップダウンを選択し、別のデフォルトを選択します。
  2. [設定] を選択します。選択したデフォルトの時間層がオレンジ色でハイライトされます。  
  • この記事は役に立ちましたか?