メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

共有数式

複数の組織に適用する計算(共有数式)について説明します。共有数式を追加、上書き、削除する方法も説明します。

複数の組織に 適用する  共有数式と呼ばれる、計算を定義できます。 共有数式を追加、管理するには、 [ホーム] > [数式]ページに移動します。 [共有数式] ページを使用すると、複数の組織にわたる科目 に共有数式を設定できます。共有数式は、選択したバージョンの期間全体に適用されます。 共有数式は、他の数式を見た目は同じですが、同じ数式をすべての期間で適用できます。 たとえば、 キャッシュフロー計算を、計画バージョンと実績バージョンの両方のすべての組織に適用する共有数式として定義するとします。共有数式は、シートにデータを入力すると上書きできます。ただし、シートが読み取り専用の場合は除きます。

が始める前に

許可が必要: モデル管理とモデル。

共有数式で使用可能な科目

GL と カスタム科目に共有数式を作成できます。 合計 科目とシステム科目は、共有数式科目のセレクタに表示されますが、共有科目に選択することはできません。合計またはシステム科目では、データ入力は、許可されていません。 

メトリック科目、モデル科目、キューブ科目、前提条件科目に共有数式は作成できません。メトリック科目の数式は、科目管理で管理されます。モデル科目、キューブ科目の数式は、シート管理で管理されます。前提条件科目の数式は、ユーザーの編集としてシートで管理されます。 

共有数式で使用可能な組織

共有数式を追加できる組織に制限はありません。科目がある組織で非表示になっている場合でも、組織を選択して数式を追加できます。 

どのバージョンにも追加できる共有数式の数には上限が設けられています。科目/組織の交差部分で入力できる共有数式は 200,000 件までで、科目/組織/時間の交差部分に入力できる共有数式は 1,000 万件までです。 

[数式] ページ

[数式] ページの制御オプション:

  • ドロップダウンの [科目] メニューを使用してGLとカスタム科目を検索します。科目 構造 を移動することも、[検索] を使用して科目を探して選択することもできます。

  • 組織リストを使用して組織を探して選択します。リストを移動することも、組織を検索  することもできます。

    •  sharedFormulaExpandTree.png をクリックすると、組織リストを全体的に展開(または折りたたむ)ことができます。 
    • これらの列は、各組織で選択した科目に関する追加情報を提供します。 
      • 編集 sharedFormulasUserEdits.png :  値、数式、またはデータのインポートがシートに入力されました。

      • 非表示 sharedFormulaAccountHiddenOnLevel.png :科目はこの組織 では公開されていません。

      • 数式:  数式は科目、組織に割り当てられます。 

  • 検索: 組織でフィルタされた検索結果を表示します。

  • [選択済み] タブ: 選択した組織にさらに絞り込みます。ここから、数式入力を管理し、特定の選択した組織を更新できます。 組織と科目の選択が維持されるので、バージョンを切り替えても組織と科目を再度選択する必要はありません。

共有数式の追加 

共有数式を追加するには:

  1. [数式] に移動します。

  2. [バージョン](画面の右上隅)を選択します。

  3. [科目] リストから科目を選択します。 

  4. 更新する科目を選択したら、数式を追加する組織を選択します。  

複数の組織を 一度に選択し、一括操作(たとえば、数式の設定、編集の消去、数式の削除など)ができます。 キーボードのショートカット(Shft キー + クリック、Ctrl キー + クリック、右クリック)は、共有数式で効率的なナビゲーションとマルチ組織範囲の選択に使用できます。 

  1. 科目と組織を選択したら、[詳細] > [数式の設定]を使用して数式を入力します。

数式を [数式の設定] に入力するか、コピーします。またはフォーミュラアシスタントを使用することもできます。組織の共有数式を作成または変更しても、共有数式を上書きする組織のユーザー編集は消去されません。

  1. ユーザーが編集する場合、次のいずれかを選択します。

  • 保持: ユーザーがシートの数式を変更できます。

  • 削除: ユーザーがシートを保存したときに数式への編集を消去します。 

  1. 数式の編集をキャンセルして元の状態に戻すには、[キャンセル] adminCancelDetailChange.png をクリックします。

  2. 数式( ユーザー編集の選択を含む)を設定するには、[保存] adminSaveDetail.pngをクリックします。

共有数式の上書き 

以下のように、共有数式を上書きするには、いくつかのオプションがあります。

  • シートのユーザー編集: ユーザー編集で科目が利用可能である場合は、シートで共有数式を上書きできます。 
  • マスター数式: マスター数式を科目に追加すると、 共有数式が上書きされます。詳細については、 科目詳細のマスター数式、データタイプ を参照してください。

共有数式の削除 

  • 共有数式を削除するには、組織を選択して [削除] TrashIcon.png をクリックします。

  • 組織で表示されるユーザー編集内容をクリアするには(組織のセルに 強制的に共有数式を表示するには):

    • [詳細] パネルで [ユーザー編集] > [削除] を選択してから、 [保存] adminSaveDetail.pngを選択します。

    • [ユーザー編集を削除  sharedFormulasRemoveUserEdits.png ](画面左上)をクリックします。

 数式のバージョンおよび組織 の管理

新しいサブ組織が作成されると、その親組織のすべての数式が新しいサブ組織にコピーされます。ただし、確定したバージョンの場合を除きます。同様に[Create New Version(新規バージョンの作成)] を使用すると、 元のバージョンのすべての数式が 新規バージョンにコピーされます。

  • この記事は役に立ちましたか?