メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

フォーミュラアシスタントの使用

フォーミュラアシスタントを使用して数式を作成する方法を説明します。

フォーミュラアシスタントは構文的に正しい数式を作成するのに役立ちます。手動で科目用語や用語修飾子を入力して数式を定義する必要はありません。 

フォーミュラアシスタントで数式を作成するには:

  1. ツールバーから [フォーミュラアシスタント] ボタン(またはリンク)をクリックしてアシスタントを開きます。

フォーミュラアシスタントは、数式を追加できる任意の場所で開くことができます。たとえば、シートのツールバー またはメトリック科目の [科目詳細] > [データタイプ] パネルです。 

2. フォーミュラアシスタントは、構文的に正しい数式を作成する必要のある作成ブロックを組み立てるのに役立ちます。次のような作成ブロックがあります。

  • 科目用語修飾子(時間、組織、属性、特性の設定を含む)。
  • 関数(数学演算子、論理演算子、その他の種類の関数を含む)。 
  1. 数式の作成ブロックを組み立てる:
  • [科目] 領域を使用して科目用語を探し、数式に含めます。次の操作ができます: 
    • 名前別に科目を検索します。 
    • 科目ツリーを移動して科目を探します。
    • ドロップダウンメニューを使用して科目リストを絞り込みます。すべての科目を表示することも、科目タイプ別(たとえば、前提条件、キューブ、またはメトリック)に絞り込むこともできます。 

1 科目のリストを絞り込むには、科目タイプを選択します。

2 これらのアイコンをクリックすると、科目ツリーを展開または折りたたむことができます。 

3 科目名の一部または全部を入力して科目を検索します。 

  • 科目を選択すると、科目名が科目用語修飾子で表示されます。  

  • 必要に応じて科目修飾子を追加して、時間、組織、属性と値、特性と値、または合計の設定を含めます。科目用語が更新されて、選択した各修飾子が表示されます。科目参照および修飾子の数式構文」を参照してください。

  • 修飾子の追加が完了したら、[適用] をクリックします。科目用語が [数式] 領域に移動します。
  • [数式] 領域を使用して数学、論理などの種類の式を数式(+、-、...)に追加します。

  • 科目用語と関数の追加を繰り返して数式を完了します。以下は、フォーミュラアシスタントを使用して作成できる簡単な数式例です。数式例の詳細については、数式例を参照してください。概要
    • この数式は、2つの別個の科目の単純な加算(+) を示します。 ACCT.Personnel.Headcount+ACCT.Actual_Headcount
    • この数式は、時間修飾子を持つ1つの科目を、時間修飾子を持つ別の科目で除算(div)します。 div(ACCT.4000_Revenue-ACCT.4000_Revenue[time=this-12],ACCT.4000_Revenue[time=this-12])
    • この数式は、論理演算子(if)を使用して、会計年度の初月に従業員の昇給を適用します。 if (FiscalMonth(this)=1,ROW.ExpectedRaise,0)

ヒント:複数の計算書を含む数式を準備するときは、[数式] 領域の正しい位置にカーソルを置いていることを確認してから、[数式に挿入] または [適用] をクリックします。そうしないと、コピーして貼り付けて計算書を正しい順序で取得する必要が生じることがあります。カーソルは、細い垂直バー(|)として表示されます。

  1. 数式の作成が完了したら、[OK] をクリックして変更を保存します。
  • この記事は役に立ちましたか?