メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

数式の確認

数式を検証する方法と、数式エラーを追跡する方法を示します。

バージョンでの数式の検証

数式を追加して変更内容を保存する際、数式の正しい構文や循環参照などが検証されます。この数式ごとのチェックに加えて、特定バージョンで数式エラーを検索し、それを単一画面に表示できます。   

  1. [モデリング] > [モデル管理] > [科目] > [数式の検証] にナビゲートします。  

 [数式の検証] をクリックすると、現在作業中のバージョンが自動的にチェックされ、数式エラーを列記したページが戻されます。  

2. チェックを絞り込むには、次の手順に従います。

  • ドロップダウンで別の [バージョン] を選択します。
  • 表示されるエラーの最大数([最大エラー数])を設定します。範囲は1から500までです。 
  • 参照エラーを除外します。エラーのある数式を持つセルのみを表示します。エラーのある別のセルを参照する有効な数式は、これに含まれません。
  1. [更新] をクリックし、もう一度検証を実行します。 

検証結果

検証結果には、検出したエラーの数と、エラーの最大数に達するまでに実行された計算回数が示されます。また、検出した各エラーに関する詳細も示されます。詳細については、「検証フィールド 」を参照してください。 

エラーのトラブルシューティング 

エラーの原因を検出します。

  1. エラーメッセージをクリックし、[セルを探索] を開きます。数式エラーは赤色で表示されます。 
  2. 数式エラーが入力されたシートにおいて根本原因が見つかるまで(赤色のエラーテキストをクリックして)ドリルダウンを続けます。 
  3. 数式を修正します。

Formula error.png

検証フィールド

要約

  • 必要な計算の合計回数: モデル内の考えうる計算対象の場所の数を示します。

  • 実行された計算の合計回数:  [最大エラー数] の値に達するまで、ページの生成中に実際に実行された計算の回数。

  • 経過時間: この情報を計算するためにサーバー上で費やした時間。

  • 検出されたエラー数: エラーが検出された場所の合計数。この数がその下に表示されているエラー数と異なる場合は、ツールチップでその差異について説明が行われます(たとえば、 この数値にはスキップされた27件の合計エラーの数が含まれます)。

  • バージョン名:  数式を検証されたバージョンの名前。

[数式の検証] は現在作業中のバージョンでのみ実行されます。現在作業中のバージョンを変更するには、 ドロップダウンから別のバージョンを選択します。

エラー詳細

  • 科目名: エラーと表示された科目の名前と、その科目コードに関するツールチップ。

  • 組織名: エラーと表示された組織の名前。

  • 日付: エラーが表示された月。

  • エラーメッセージ: エラーメッセージと、[セルを探索] へのリンク。

  • この記事は役に立ちましたか?