メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

プロパティのドット表記

ドット表記(.)を使用して数式のプロパティを参照する方法について説明します。

プログラミング言語のオブジェクト参照に類似しており、数式においてドット表記を使用できます。ドット表記は、現在の場所に基づいて数式を変えることができるため、IFF 命令文を使用した数式で特に便利です。たとえば、次の数式では、計画バージョンは異なる方法で実績バージョンのメトリックが計算されます。

IFF(this.Version.IsActuals, ACCT.ActualsValue, ACCT.PlanValue)  

オペランド 

オペランド数式の構文は、標準化されたthis 項を使用して、セルの現在の位置を示します。

オペランド 説明

this.Version

バージョンオブジェクトを返します。バージョンオブジェクトは、this.Version.Name.といった追加ドット(.)と組み合わせることができます。以下の「オブジェクトタイプ」 を参照してください。

this.Level

組織オブジェクトを返します。組織オブジェクトは追加ドット(.)プロパティと組み合わせることができます。 

this.Account

科目オブジェクトを返します。追加ドット(.)プロパティと組み合わせることができます。 

this.dimension_name

指定された属性の現在のセルの属性値を返します。指定された属性で、現在のセルに値がない場合は、空(空白)オブジェクトを返します。このプロパティには、属性が、正当な識別子(数字以外の文字で始まり、文字、数字、下線のみで構成される)である名前を持つ場合にのみアクセスできます。非識別子の名前を持つ属性(名前に複数の単語を持つものなど)は、数式で取得することはできません。

this.attribute_name 指定された特性で、現在のセルの特性値を返します。指定された特性で、現在のセルに値がない場合は、空のオブジェクトを返します。このプロパティには、特性が、正当な識別子(数字以外の文字で始まり、文字、数字、下線のみで構成される)である名前を持つ場合にのみアクセスできます。非識別子の名前を持つ特性(名前に複数の単語を持つものなど)は、数式で取得することはできません。

this.<stratum_code>

要求された層の型のTimeperiodを返します。これには、現在のセルの時間座標が含まれます。要求された層が現在のセルの層よりも小さい場合(より細かい場合)、この関数は、現在のセルの層で見つかった層の最初のTimeperiod を返します。 

オブジェクト型 

データ型は、オブジェクトを表し、"ドット表記法"を使って、それらのオブジェクト プロパティへのアクセスを可能にします。使用可能なオブジェクト プロパティは次のとおりです。

バージョン 

IF 命令文の現在のバージョンのさまざまなプロパティを参照します。

例: IF (this.Version.Name = "Budget 2018", x, y)

プロパティ 説明

Version.Name

バージョンの名前を表す文字列を返します。実際のセルが計画バージョンにオーバーレイされている場合、実際のバージョンは、そのセルのバージョンと見なされます。

Version.ShortName

バージョンの短縮名を表す文字列を返します。

Version.Description

バージョンの説明を表す文字列を返します。

Version.Type

exportVersions APIにおいて返されたとおり、バージョンの型を表す文字列を返します。次のいずれかを返します: PLANNING, ACTUALS, VERSION_FOLDER, JOURNAL_ENTRY

Version.StartDate

バージョンの開始となる、期間の最初の日を表す日付け値を返します。

Version.EndDate

バージョンの終了となる、期間の最後の日を表す日付け値を返します。

Version.PositionOf

バージョンの全期間内で、指定された期間の相対的な順序を返します。  最初の順序は0(1ではなく)から始まります。期間がバージョンの開始時点より前であれば、順序番号は負数である可能性があります。 この関数は、バージョンの終わりを超える期間に対しても機能します。 

Version.IsActuals

このバージョンが実績バージョンかどうかを示すブール値を返します(これには、タイプACTUALS, SUBACTUALS,JOURNAL_ENTRYが含まれます)。

Version.IsGroup

このバージョンがバージョン グループであるかどうかを示すブール値を返します(データを含むバージョンではない)。

Version.IsParent

 このバージョンが子バージョンを持つかどうかを示すブール値を返します。 

Version.Parent このバージョンの親であるバージョンを返します。

組織 

IF 命令文における現在の組織のさまざまなプロパティを参照します。 

例: IF (this.Level.Name = "Sales", x, y)

プロパティ 説明

Level.Name

組織の名前を表す文字列を返します。

Level.ShortName

組織の短縮名を表す文字列を返します。

Level.InWorkflow

組織がワークフローに含まれているかどうかを表すブール値を返します。ワークフローが無効であるインスタンスの場合、すべてのレ組織は false を返します。

Level.IsElimination

組織が相殺消去組織であるかどうかを表すブール値を返します。相殺消去機能がないインスタンスの場合、すべての組織がfalseを返します。

Level.IsTradingPartner

組織が相殺消去の取引パートナー組織であるかどうかを表すブール値を返します。相殺消去機能がないインスタンスの場合、すべての組織は false を返します。

Level.Currency

組織のISO通貨コードを表す文字列を返します(例: EUR またはUSD)。

Level.Parent

この組織に親がない(ルート組織である)場合、この組織の親である組織、または特殊な「null」組織を返します。

Level.IsLeaf

組織がリーフ組織であるかどうかを示すブール値を返します(つまり、組織に子がない場合、このプロパティはtrueを返します)。

科目 

IF命令文における現在の科目のさまざまなプロパティ(値ではない)を参照します。

例: IF (this.Account.IFRS_Category.Name = "Assets", 1, 0)

プロパティ 説明
Account.Code 科目コードを表す文字列を返します。
Account.Name 科目の名前を表す文字列を返します。
Account.ShortName 科目の短縮名を表す文字列を返します。
Account.Description 科目の説明を表す文字列を返します。
Account.Parent この科目に親がない(ルート科目である)場合、この科目の親である科目、または特殊な「null」科目オブジェクトを返します。
Account.<attribute_name> 指定した特性に関連付けられた属性値オブジェクトを返します。このプロパティには、特性が、正当な識別子(数字以外の文字で始まり、文字、数字、下線のみで構成される)である名前を持つ場合にのみアクセスできます。非識別子の名前を持つ特性(名前に複数の単語を持つものなど)は、数式で取得することはできません。
Account.isCredit 科目がCREDIT BalanceTypeを持つ場合または持たない場合、ブール値を返します。一部の科目(例: メトリック科目)は [デビット] や [クレジット] のいずれでもない点に注意してください。
Account.isDebit 科目がDEBIT BalanceTypeを持つ場合または持たない場合、ブール値を返します。一部の科目(例: メトリック科目)は [デビット] や [クレジット] のいずれでもない点に注意してください。

属性と特性 

プロパティ 説明
DimensionValue.Name 指定された属性で、属性値の名前を表す文字列を返します。
例: IF (this.Region.Name = "East", 1, 0)
DimensionValue.ShortName 属性値の短縮名を表す文字列を返します。
DimensionValue.Description 属性値の説明を表す文字列を返します。
DimensionValue.Parent 属性内でこの値に親がない(例: その「親」が属性自身のルートである)場合、この値の親である属性値または特殊な空白のオブジェクトを返します。
例: this.DimensionValue.Parent.Nameはこの属性値の親の名前を返します。
DimensionValue.IsLeaf 指定された属性の属性値がその属性のリーフ値であるかを示すブール値を返します。
DimensionValue.<attribute_name> 指定された(属性値に対応した)特性の値を返します。
AttributeValue.Name 特性値の名前を表す文字列を返します。
AttributeValue.ShortName 特性値の短縮名を表す文字列を返します。
AttributeValue.Description 特性値の説明を表す文字列を返します。
AttributeValue.Parent 属性内でこの値に親がない(例: その「親」が属性自身のルートである)場合、この値の親である特性値または特殊な空白のオブジェクトを返します。
AttributeValue.IsLeaf 指定された特性の特性値がその特性のリーフ値であるかを示すブール値を返します。

期間 

期間は、構成されたカレンダー層の特定の期間を表します。期間のデータ型は、他のデータ型と比較することはできません。期間と時間層の詳細については「柔軟な時間モデリング」を参照してください。

例:

IF (this.Month.NumberOfDays > 30, 1, 0)
IF (this.Year.PositionOf (this.Month) > 6, "Past sixth month", "Not")
IF (this.Quarter.PositionOf (this.Week) = 1, "First week of qtr", "Not")

プロパティ 説明

Timeper.Code

期間のコードを返します。時間判別式で期間を参照する方法と一致します。

Timeper.NumberOfDays

期間の総日数を返します。
例: IF (this.Month.NumberOfDays > 30, 1, 0)

Timeper.Parent

現在の期間を含み、層連続で1つ高い(粗い)層である期間を返します。より高い層がない場合は、現在の期間を返します。 

Timeper.StartDate

期間の最初の日を表す日付を返します( Version.StartDateと同じ)。

Timeper.EndDate

期間の最終日を表す日付を返します(Version.EndDateと同じ)。

Timeper.PositionOf(tp)

(その層の他のメンバーと比較した)ソース期間内の期間(tp)の位置を示す整数を返します。指定された期間(tp)が指定されたTimeper  よりも小さい層ではない場合、あるいは、tpが指定されたTimeper  の範囲に含まれていない場合、0を返します。

予約キーワード

これらの予約キーワードは、ドット表記の式において構造要素(組織、科目、属性、特性)の名前として使用する場合、無効な入力警告を生成します。

  • 科目
  • 組織
  • これ
  • タイプ
  • この記事は役に立ちましたか?