メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

連結バージョン

実績および計画バージョンのほかに、連結を使用するインスタンスは、複雑なデータの管理と分析を行うために特別なバージョンを使用することがよくあります。それには、サブバージョン、仕訳入力バージョン、仮想バージョンが含まれます。それぞれに連結の目的があります。

バージョンの作成」を参照してください。

サブバージョン

サブバージョンでの合計値と編集可能バージョン

バージョンの階層

バージョンのドロップダウンは、バージョンが実績にどのように合計されるかを把握する上で役に立ちます。

Actuals Version Hierarchy.png

Actuals2 つのサブバージョン: Pre-Elimination,およびEliminationsPre-Eliminationは 3 つのサブバージョンを有しています。

バージョンの値

1 ルート実績は、すべてのサブバージョンの合計を表示します。

2 Eliminations サブバージョン のセルは白色(編集可能)です。なぜなら、階層に示されているように、Eliminations にはサブバージョンがないからです。

3  [Pre-Eliminationサブバージョン] のセルはグレー (読み取り専用) です。なぜなら、Pre-Eliminationsはそのサブバージョンの合計値を示すからです。

Actuals Versions rolling up 1.png

仕訳入力バージョン

仕訳入力バージョンは、インポートした実績の統合性を連結インスタンスが保持できるようにするためのサブバージョンのタイプです。データを変更するのではなく、データを調整する仕訳入力を作成します。そのような調整は均衡がとれている必要があります。つまり、仕訳入力を転記する前に、調整におけるすべての借方は、すべての貸方の合計に等しくなければなりません。  GAAP、増数額、再分類に対するIFRS用の複数の仕訳入力バージョンを作成します。

仮想バージョン

仮想バージョンは、2 つの異なるバージョンからデータを使用して読み取り専用の複合バージョンを作成する計画バージョンです。仮想バージョンを用い、1 つのバージョンのデータを使用して別のバージョンの為替レートを適用できます。これによってレート変動を排除できます。仮想バージョンを作成し、固定通貨レポートの作成を可能にします。

A virtual version removes exchange rate fluctuations from variance reports

これで、2つのデータセット間の収益を比較すると、「本当の」相違だけが示されます。為替レートは固定されたままだからです。「固定通貨報告」を参照してください。

 

  • この記事は役に立ちましたか?