メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

相殺消去方法の選択

インスタンスに連結機能がある場合に相殺消去方法を選択する方法について説明します。

相殺消去方法は、取引先の相殺消去による連結モデルで使用可能な 2 つの方法のいずれかを指します。特性方法または分割方法を選択できます。

Before You Begin

  • 連結機能を利用するには、プロフェッショナル サービスまたは実装パートナーにお問い合わせください。「 お問い合わせ」を参照してください。
  • 相殺消去方法の選択は、グループ間相殺消去をの設定手順の 1 つです。
  • 必要な権限: 管理アクセス > 一般設定
  • 選択する方法は、ERP システムと厳密に適合する必要があります。方法の選択については、プロフェッショナル サービスまたは実装パートナーにお問い合わせください。

How You Get There

Navigation Icon5.png nav menuで [管理] > [一般設定] に移動します。

相殺消去方法の選択

[設定詳細] セクションで [取引先科目 識別] 設定を見つけて、次のいずれかを選択します。

  • 科目特性の使用 (デフォルト)
  • 分割の使用

相殺消去方法の変更

その他必要な権限: モデル管理アクセス > 連結モデル管理アクセス > 組織構造

相殺消去方法を変更する場合は、トランザクションを消去するため、すべてを再構成する必要があります。すべてのデータはそのまま残りますが、論理、ルール、タグは削除されます。

分割から特性への変更

  1. すべての相殺消去ルールを削除します。
    これにより、すべてのロジックとデータ移動が削除されます。そのため、ロック中のすべてのバージョンを一時的にアンロックする必要がある場合があります。「相殺消去ルールの作成」を参照してください。
  2. すべてのシートから取引先組織属性を削除します。
    これにより、分割からすべての属性タグが削除されます。「標準シートの編集」を参照してください。
  3. [管理] > [一般設定] に移動して、相殺消去方法を変更します。
  4. 取引先および相殺消去組織を作成する。
    取引先と相殺消去組織の設定を、適切な組織に再割り当てします。取引先組織に、適切な取引先特性値をタグ付けします。
  5. グループ間科目の設定
    取引先ごとに科目を作成します。科目に適切な取引先特性値でタグ付けします。
  6. 相殺消去ルールの作成

特性から分割への変更

  1. すべての相殺消去ルールを削除します。
    相殺消去ルールの作成」を参照してください。
  2. 相殺消去方法を変更します。
  3. 取引先および相殺消去組織を作成する。
    取引先と相殺消去組織の設定を、適切な組織に再割り当てします。
  4. グループ間科目の設定
    取引先ごとに科目を作成します。[グループ間]ラジオ ボタンで科目にタグを付けます。
  5. グループ間取引トランザクション シートを作成します。
  6. 相殺消去ルールの作成
  • この記事は役に立ちましたか?