メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

相殺消去ルールの管理

対象者:モデルを管理する管理者。

相殺消去プロセスは、相殺消去ルールによって決まります。[相殺消去ルールの管理] ページを使用して、相殺消去ルールを作成、編集、および削除します。

が始める前に

  • インスタンスは連結が有効になっていなければなりません。
  • 許可が必要です: モデル管理アクセス>モデルと連結。 
  • 相殺消去ルールを作成する前に、相殺消去の設定を完了する必要があります。

そこに着く方法

Compass.pngナビゲーションメニューから [モデリング] をクリックします。[ルール] メニューから [相殺消去ルール] を選択します。 

相殺消去ルールの作成

  1. 画面最下部にある [新規ルール] ボタンをクリックします。 

  2. [定義] および [範囲] タブのフィールドを完成させます。[定義] および [範囲] タブに関する説明と情報の詳細については次のセクション「相殺消去ルールの詳細」を参照してください。

  • データを失うことなくタブ間をクリックできます。

  • 部分的に完了した相殺消去ルールを保存できますが、すべての必須フィールドに情報が入力されるまで、有効にはなりません。

  1. [保存]をクリックします。

  2. [完了] をクリックします。

ルールに向けて選択した内部取引科目が共有数式またはマスター数式を有している場合、その数式が他のルールと科目にどのような影響を与えるのかを考慮してください。数式を有する科目を持つルールは、それらの数式に応じた科目を持つルールに優先しなければなりません。

相殺消去ルールの編集、削除、変更

[相殺消去ルールの管理] ページには、相殺消去ルールのリストが表示されます。このリストには、すべての相殺消去ルールに加え、ルールの説明、ルールの影響を受けるバージョン、および開始周期と終了周期が表示されます。

移動: [モデリング] >  [モデル管理] >  [相殺消去ルールを作成] に移動します。[相殺消去ルールの管理] ページが表示されます。

[アクション] 列にあるアイコンを使用して次の操作を実行します。

  • ルールを編集: 名前のリンクをクリックするか、Edit Icon をクリックします。

  • ルールを削除: Delete Icon をクリックします。

  • リストでルール’の位置を調整する: Up or Down Arrow Icons をクリックし、ルールを上下に移動します。

相殺消去ルールの詳細

[定義] タブ

フィールド 説明
名前

必須。ルールの名前。

明確でわかりやすい名前を使用してください。ルール名は、相殺消去ルールの管理ページのルール リストとセル エクスプローラーに表示されます。

例: 

  • グループ間の販売オフセット: わかりやすい 名前。
  • 販売オフセット: わかりにくい名前。これは、[相殺消去ルールの管理] ページのコンテキストではかなり 明確ですが、セル エクスプローラーのコンテキストではあまり役立ちません。
説明 オプション。複数の管理者が相殺消去ルールを処理する場合に役立ちます。説明は、­相殺消去ルールの管理リスト ページに表示されます。
グループ間借方科目 このルールで使用する借方科目を選択します。このリストにはグループ間として設定した借方科目のみが表示されます。
グループ間貸方科目 このルールで使用する貸方科目 を選択します。このリストには「グループ間」として設定した貸方科目のみが表示されます。
内部取引調整科目 このルールで使用する内部取引調整科目を選択します。このリストには、グループ間として設定したシステム科目のみが表示されます。

[適用範囲] タブ

フィールド 説明
バージョンに適用する

検索または参照して、ルールが適用されるバージョンを選択します。 

実績:  選択されていて、実績サブバージョンが存在する場合、[実績バージョン] セクションが表示されます。

  • 移動元実績: デフォルトでルートの実績バージョンに設定されており、変更できません。
  • 移動先実績:  相殺消去を保存する サブバージョンを選択します。これは、任意のリーフレベルのサブバージョンになります。
基準の期間 特定の月を選択するか、バージョンの開始と終了を選択します。 定期的にこの設定に戻り、必要に応じて更新してください。
オプションの属性照合

オプション。 グループ間の残高を一致させるときに、使用する属性を指定します。 選択されている場合、 属性のある残高は、属性の値に基づいて相殺消去されます。 

たとえば、相殺消去ルールで、次の属性値を持つ 製品属性を選択したとします。ノートパソコンデスクトップサーバー。 

相殺消去プロセスは、 製品 が、値ノートパソコンデスクトップサーバーである場合に、残高に対して相殺消去します。

属性が一致すると、相殺消去レポートを 実行し、属性によってスライスされた入力を参照できます。

  • この記事は役に立ちましたか?