メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

PRIVATE - ディスク - グラフの時刻設定

Time Setting

DIS-timeSettingsTab.png 選択したグラフのデータ設定を構成するには、画面右側で [ 時間設定 ] タブをクリックします。

Granularity

データ設定の時間範囲を設定します。

可能な値:

  • 四半期

Span

時間をもとに値を算出する方法を選択します。 

可能な値:

  • 範囲: 選択されているときは、スパンタイプと期間の開始と– 終了を指定します。
  • 1 つの期間: 選択されているときは、日付範囲、スパンタイプ、期間を指定します。

Data Range 

タイムスパンに1つの期間を指定した場合は、値を算出するのに使う 時間を示します。

可能な値:

  • 合計期間: 期間の全日付を含めます。
  • 終了日: 指定した日付までの全日付を含めます。

Span Type

期間のスパンタイプを設定:

  • 絶対: 具体的な期間または期間の範囲、2017年5月から2017年6月までなど。
  • 相対: 現在の日付に関連付けたオフセットをもとにした期間。たとえば、現在の日付より1か月前の日付のデータを表示します。

From - To (Span: Range, Span Type: Absolute)

期間は選択された時間層に基づきます。たとえば、時間層として月を選択した場合は、月/年を基に期間を選択できます。四半期の場合は、四半期をもとに期間を選択できます。年の場合は年をもとに期間を選択できます。

From - To (Span: Range, Span Type: Relative) 

時間層(月、四半期、年)をもとにした現在の期間に対する相対的な時間、ここで0オフセットは現在の時間を表します(月、四半期、または年)。相対期間をもとに値を検索するときは開始-終了オフセットを選択します。

オフセットの一例:スパンが範囲で今日の日付が2017年6月、Q2とすると:

開始 - 終了範囲 時間層 これらの期間を含む 結果
-2 - 2 現時点より2カ月前から2カ月後まで 5カ月:4月から8月
-2 - 0 2カ月前から最大今月まで 3カ月:4月から6月
-3 - 0 四半期 4四半期前から現在の四半期まで  4半期:Q3 2016 ~ Q2 2017
-3 - 0 年  4年前から今年まで 3年:2014 ~ 2017

Period (Span: Single Period, Span Type: Absolute)  

 月、四半期、年など、具体的な期間を設定します。 

Relative Period (Span: Single Period, Span Type: Relative) 

 時間層を基に現在の期間と相対的な時間を設定します。ここで0オフセットは現在の期間です。オフセットを指定します。この期間のオフセットとして-1など。 

  • この記事は役に立ちましたか?