メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

セルの編集

セルを編集するには次のように操作します。

セルが編集できたら、次のように操作します。

  • すべての編集を消去 をクリックすると、シート上の保存されていない変更内容が すべて消去され、データが元の値に戻ります。
  • シート メモを追加または更新します 

変更した値はすべて、保存されるまで青字のテキストで表示されます。ツールバーの [保存  ] ボタンをクリックして、変更を保存します。 

セルがグレーのときは編集できます。これは上位の許可に基づいてこのシート上では科目が読み取り専用になっているか、科目が科目または組織の合計であるためです。

値または数式を入力:

  • セル に新しい値を直接入力するか、 数式バー  を使用してより長い、またはより複雑な数式か値を入力します。
  • 属性列を含むシートでは、属性値を選択または変更できます。シート上で属性を編集する権限がある場合、値を追加するか、属性値の名前を変更することができます。 
  • モデルシートでは 属性列内のセルにタブで移動し、文字を入力したらタブを押します。入力した文字に一致するものがあれば、残りの部分がセルに自動入力されます。一致する内容が複数あるときは、選択リストが表示されます。

コピー転送の使用

コピー転送のコマンドを使用することで、編集可能なあらゆる セルの数値または数式を、将来の期間にコピーできます。データまたは期間を合計するセルにはコピー転送は使用できません。 このコマンドは選択された最も右にあるセルの値または数式を、すべてのセルにコピーします。たとえば、第1四半期(Q1)に100を入力すると、シート上のすべての四半期セル(Q2, Q3, Q4...)に100の値が入ります。 複数の行を選択した場合、選択項目内のすべての編集可能行に対して、[コピー転送] が実行されます(読み取り専用行やブランクの行は無視されます)。

  1. コンテキスト メニューを表示するにはセルを右クリックします。
  2. [コピー転送] を選択します。
  3. 現在表示されているシートの最後までコマンドを実行するには、[最後までコピー] を選択するか、[高度] を選択して次のオプションから選択します。
    • : 現在選択範囲に含まれる値。
    • 次までコピー: スプレッドシートの最後まで、今年の最後まで、あるいは、今四半期の最後までなど、値をコピーする範囲を選択します。
    • 0 で停止: パーセントまたは値ごとに数を減らしているときにはこのボタンを選択することで値がゼロ(0)に達した時点で停止し、負の数にならないように指定することができます。
    • インクリメント: 変更することなく同じ値をコピーする(ドロップダウンメニューを無視し、値ボックスを空欄のままにする)、あるいは、パーセントまたは値ごとにインクリメント/デクリメントしながら値をコピーするかを選びます。
    • : パーセントまたは値ごとにインクリメントまたはデクリメントを選択した場合は、このテキストボックスにパーセントまたは値を入力します。パーセントを入力するときは、整数で入力し、パーセント記号は使用しないでください。たとえば、10%を指定するのであれば、「10」と入力します。
  4. [OK] をクリックしてコマンドを実行します。

コピーして貼り付け

アプリケーションの中に、アプリケーションの外へ、およびアプリケーション内でセルのブロックをコピー(または切り取り)して、貼り付けることができます。また、標準のキーボードコマンドである Ctrl+C、Ctrl + X、Ctrl + V を使用することもできます。 

コピー、切り取り、貼り付けの場合:

  • 複数のセルを選択するとき、セルのグループが選択された状態で数字を入力すると、選択した最初のセルにのみその数字が反映されます。他のセルは変更されず、選択されたままになります。
  • 列または行が折りたたまれているときは、コピーコマンドはその下にある列と行もコピーします。 たとえば、標準シートですべての月と四半期が折りたたまれている場合、年間の合計のみが表示された状態でセルのブロックをコピーすると、クリップボードには選択した年に属するすべての月のデータも含まれます。
  • 貼り付けコマンドは範囲内の全セルにデータを挿入します。このとき、セルが見えているか折りたたまれているかは関係ありません。
  • Adaptive シートへの貼り付けは貼り付け時に選択されている範囲に応じて異なる動作を見せます。
    • 選択されているセルが1つの時は貼り付け操作により、そのセルを開始地点としてクリップボードの内容すべてが必要に応じて下方向/右方向へと書き出されます。
    • クリップボード上で数値は、数値として貼り付けられます。
    • テキストの入力項目は、数式として貼り付けられます。
    • 標準シートでは貼り付け操作は合計や読み取り専用行に影響しません。また、シートのページまたは行を越えて貼り付けられることもありません。たとえば、Excel で4行分のデータを標準シートの3行分の領域に貼り付けようとすると4行目のデータは失われます。

    • モデルシートではクリップボードの内容がシートの下部を越えて貼り付けられ、追加分の行が追加されます。貼り付け操作が入力値の設定されているドロップダウンメニューを含むセルの上にかかると、貼り付けられたデータはメニューの有効な選択範囲である場合にのみ入力されます。
  • 範囲が選択されている場合、貼り付け操作はクリップボードに含まれる上部左側の長方形にあるデータを選択された範囲に挿入し、選択された範囲のみを上書きします。選択範囲に該当しないデータまたは読み取り専用セルに入力されたデータは破棄されます。

 期間合計 を編集

期間合計(たとえば第1四半期)を編集することで、合計を素早く更新し、合計された期間(第1四半期であれば1月、2月、3月)に新しい合計を再配分します。科目の編集権限があれば、期間合計を編集できます。

  1. 期間合計セルに値を入力し Enter を押します(または画面右上部にある緑のチェックマークをクリックします)。 
  2.  合計値の按分ダイアログボックスからオプションを選択します。
    • 過去の値の比率で按分 現在の値をベースに入力された値を過去の値の比率で、合計された期間に分配します。合計期間がすべてその時点で空白の場合は、このオプションは"均等に按分と同じように機能します。”
    • 均等に按分: 合計された期間に入力された値を均等に分配します(均等の大きさに分割します。150と入力すれば第1四半期の各月に50ずつ配分されます)。
    • 4-4-5: 合計された期間に、4-4-5(月ごとの週数)の加重を使用し、入力された値を配分します。4-4-5 では 150 は 46、46、58 に配分されます。
    • 4-5-4: 合計された期間に、4-5-4(月ごとの週数)の加重を使用し、入力された値を配分します。4-5-4 では 150 は 46、58、46 に配分されます。
    • 5-4-4: 合計された期間に、5-4-4(月ごとの週数)の加重を使用し、入力された値を配分します。5-4-4 では 150 は 58、46、46 に配分されます。
    • 前提条件: ご使用のインスタンスにカスタムで作成された全按分方法が設定されたドロップダウンメニューを表示するにはこのオプションを選択します。
  3. [適用] をクリックします。

合計セルの1つを右クリックしてコンテキスト メニューから [調整] を選択して合計を編集することもできます。このとき実行した調整は合計の一部になるすべての値に適用されます。

  • 次の値で部分的に変更: 入力した数値を調整中の合計値に加え、合計に加算されるすべての値に調整によって生じた差分を現在の値に均等に分散します。
  • 次の値で均等に変更: 入力した数値を調整中 の合計値に加え、合計に加算されるすべての値に調整によって生じた差分を加算されるセルに均等に追加します。
  • 値ごとにインクリメント (またはパーセント、デクリメント): 入力された数値を各加算対象の値に追加します(または 入力されたパーセンテージに割り当てます)。

セルの編集についてさらに詳しくは、 シート ビューアー ツールバー および シート ビューアーのコンテキスト メニューを参照してください。

 

  • この記事は役に立ちましたか?