メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

レポートを E メール送信

レポート ビューアーからレポートへリンクする E メール を 送信することで、レポートを共有できます。レポートの E メールには対象のレポートへのリンクが含まれますが、レポートの内容は含まれません。受信者が E メール のリンクをクリックすると、レポートを表示するにはシステムにログインするよう促すメッセージが表示されます。

 マトリクス、モデル、パターン、スナップショット、トランザクションなどの各種レポートのほか、レポート ブックなど、共有レポートを E メールで送信できます。

必要な権限: レポートの E メール送信

レポートを E メール送信

レポート ビューアーのツールバーの [レポートを E メール送信] アイコンをクリックするか、レポート メニューの右クリック コンテキスト メニューの [レポートを E メール送信] をクリックします。選択したレポートを E メールで送信するには:

  1. [宛先:] ボタンをクリックするか、[宛先:] フィールドをクリックして、[受信者を選択] ダイアログ ボックスを開きます。このフィールドは必須で少なくとも 1 人以上の受信者を選択する必要があります。
  2. [受信者を選択] ダイアログで、以下で説明する 3 つの分類のうち、任意の組合せで E メールの受信者を選択してください。グループ、ユーザー、または組織を選択するには、受信者をクリックして、[右へ移動] ボタンを選択します。[選択された受信者] リストで削除したい受信者を選択し、[左へ移動] ボタンをクリックすることで、受信者を削除できます。注:一度に複数の受信者を選択して追加することができます。リストから前後に位置していない受信者を選択するには、キーボードの CTRL キーを押したまま受信者をクリックしてください。リスト上で範囲を選択するときは、範囲の 1 人目の受信者を選択して、Shift キーを押したまま、範囲の最後の受信者を選択します。
    • 使用可能なグループ:このタブにはグローバル E メール グループと個人 E メール グループが表示され、受信者リストに追加できます。グローバル ユーザー グループは、グローバル ユーザー グループの管理権限を持つ管理者によって作成され、[レポートを E メール送信] にアクセスできるすべてのユーザーはこれを使用できます。予算管理者も個人 E メール グループを [マイ プロファイル] 画面で作成できます。E メール グループの作成と管理の詳細については、「Managing Global User Groups」(グローバル ユーザー グループの管理)および「Managing Personal Email Groups」(個人 E メール グループの管理)を参照してください。
    • 使用可能なユーザー:現在のインスタンスに属するすべてのユーザーが [使用可能なユーザー] タブに表示されます。
    • 使用できる組織:アクセス権のあるすべての組織のほか、それらの組織の親と子がこのタブに表示されます。
  3. [CC:] フィールドはオプションです。[宛先:] フィールドと同様に指定することができます。
  4. [件名:] フィールドには、"Adaptive Planning Report: 送信されるレポートの名前"と自動挿入されます。このフィールドは編集でき、必要に応じて変更できます。
  5. E メールの本文にはデフォルトのメッセージが自動挿入されますが、こちらも必要に応じて変更できます。
  6. 送信している E メールのコピーを自分にも送信したい場合は、[自分にコピーを送信する] チェックボックスをオンにしてください。
  7. [送信] をクリックします。
  • この記事は役に立ちましたか?