メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

レポート ビルダーのツールバー参照

この参照資料では、マトリクス、モデル、トランザクションのレポート ビルダーで使用できるアイコンについて解説します。

アイコン

説明

レポートの種類

 

保存: レポートを保存します。メニュー (矢印アイコン) をクリックし、次を選択します。

  • 保存 (デフォルト)。レポートを保存したことがあるときは、レポートは­直ちに保存されます。保存したことがないときは、名前を付けて保存オプションを設定できる [名前を付けて保存] ダイアログが開きます。

  • 名前を付けて保存: レポートに再度名前を付け、出力、­共有オプション、場所などを変更します。

  • 保存して実行。変更内容を保存し、デフォルトの出力設定をもとにレポートを実行します。レポートを初めて保存するときは、レポートを実行する前に [名前を付けて保存] ダイアログが表示されます。

マトリクス、モデル、トランザクション

 

実行: レポートを実行します。メニュー (矢印アイコン) をクリックして、レポートを実行するための形式設定を選択します。

  • HTMLとして実行: レポートを実行し、生成されたレポートを同じウィンドウに表示します。

  • 新しいウィンドウでHTML として実行: レポートを実行し、生成されたレポートを新しいウィンドウに表示します。

  • Excelとして実行: レポートを実行し、レポートをExcelTM ファイルとして保存するためのダイアログを開きます。

  • PDFとして実行: レポートを実行し、PDF ファイルとしてデスクトップにレポートをダウンロードします。

マトリクス、モデル、

matrix_report_builder_toolbar_icon_show_sheets.png 

シートを表示: 繰り返し使用するレポート用のページ下部に表示されるスプレッドシートタブ軸の表示と非表示を切り替えます。

マトリックス

reportFilter.png 

フィルター: レポートを特定のデータサブセットに絞り込みます。

モデル、トランザクション

 

垂直線の追加、行の番号付け、合計行数の表示、空列の非表示設定など、表示プロパティーを含むレポートプロパティーを管理します。

表示タブ:

  • タイトル: レポート タイトルを作成または変更します。レポート タイトルは生成されたレポートの上部に表示されます。タイトルを変えてもレポート名に影響しません。

  • ライン ノート: 列、フットノート、本文のいずれかで表示または非表示 (マトリクスレポート)

  • 下部に合計行を表示

  • 属性列のヘッダーを表示

  • Excelで行ラベルを繰り返す

  • レポート情報を表示する (繰り返し使用するレポートの最上位行にExcel タブ名)

  • 科目コードを表示

  • 縦線を表示

  • ロゴを表示: マトリクスレポートでExcel のエクスポート時にロゴを表示します。

  • 空白列を表示しない

  • すべてゼロまたは空白の場合は行を表示しない

  • 科目ごとに分割額を表示

  • 合計しない: 展開した­要素の合計を隠します。チェックボックスがオンの場合、HTML レポートの展開/折りたたみ­コントロールも非表示にします。

  • 行と列のヘッダーを固定 (HTML のみ)

  • 行番号を表示

  • ドリルダウンを許可 (マトリクスレポート)

  • 行の展開を許可 (マトリクスレポート)

  • セル ノートを表示 (マトリクスレポート)

スタイル タブ (マトリクスレポート):

  • 列の幅をピクセルで表示。

  • ヘッダーのフォントスタイル、データのフォントスタイル。

条件形式設定タブ (マトリクスレポート):

  • レポートの値をもとに形式設定を変更します。

数値タブ (マトリクスレポート):

  • ゼロの表示方法を指定します。

  • 精度を指定します。

  • 千の単位の区切りを選択します。

  • 大きさを選択します。

  • 数字の形式をプレビューします。

  • 負の数の形式を選択します。

パラメーターを印刷タブ:

  • ページ サイズ、方向、拡大縮小、カラー、マージン、部数など、ExcelおよびPDF レポートの­出力用パラメーターをセットアップします。

グラフ (マトリクスレポート):

  • グラフの種類を選択します

マトリクス、モデル、トランザクション

elementProperty.png 

プロパティーの編集: レポート デザイン領域で選択された要素のプロパティーを編集します。

  • 名前の変更タブ: 列のタイトル名を変更します。

  • 表示タブ: 列の幅、ヘッダーなど要素の表示を定義します。

  • スタイル、本文スタイル。

  • 日付の表示形式: 日付要素の表示を定義します。このタブは日付要素でのみ使用できます。

  • (トランザクション レポートのみ) 通貨タブ: ­通貨の種類を選択します。通貨を指定した数値の合計行で使用できます。

マトリクス、モデル、トランザクション

move.png 

APUG_Reports00044.jpg 

左に移動、右に移動: レポートで表示される列の順番を変更するために、選択した要素を右または左に移動します。

(マトリクスとモデルレポートのみ)上に移動、下に移動: 1行目以外の任意の行から選択した要素を上または下に移動します。要素は関連付けられた層の中でのみ移動できます。

マトリクス、モデル、トランザクション

deleteIcon.png 

削除: レポートから選択した要素を除去します。

マトリクス、モデル、トランザクション

  • この記事は役に立ちましたか?