メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

レポート作成ブロック

レポート作成ブロックを使用することにより、保存されたマトリクスレポートのレポート要素を再利用することができます。 

部署の経費レポートと人員レポートを作成するものとします。あなたは人員が変化するのに合わせて経費も変化する新しいレポートを作成しようとしています。次の2つのレポートからレポート作成ブロックを組み合わせて新しいレポートを作成できます。 

  • バージョンと期間の構成で、同じ構成を使用するレポートが複数あることに気付きました。新規レポートの一部として再使用可能レポートからバージョンと期間の作成ブロックを使用することができます。 
  • 作成ブロックの形式設定は、新しいレポートに適用されます。形式設定を再適用する必要はありません。これにより新しいレポートの作成時に時間を節約し、整合性が得ることができます。 

次で再使用するための再使用可能レポートから作成ブロックを選択できます。 

  • 単一要素の選択 
  • 複数要素の選択 
  • 要素セグメントの選択 

 マトリクスレポートの列軸、行軸、シートタブ軸に作成ブロックを追加できます。マトリクスレポートの作成について詳しくは、マトリクスレポートビルダーを参照してください。 

レポート フォルダーパネルでは次の操作を実行できます。 

  • 再使用可能レポートとして保存されたレポートを追加する 
  • 再使用可能レポートのみを使用するようレポートをフィルターする 

マトリクスレポートビルダーでは次の操作を実行できます。

  • レポート要素から再使用可能レポートにアクセスする 
  • レポート要素からレポート領域に作成ブロックを追加する

レポートを再使用できるようにする方法 

ナビゲーション: レポート> レポート フォルダーを開きます 

レポートを再使用できるようにするには、レポートを右クリックして、[再使用可能レポートに追加] を選択します。レポートが再使用可能になったら、作成ブロックが他のレポートでも再使用できるようになります。 

注:[再使用可能レポートに追加] オプションはお気に入りフォルダーでは使用できません。 

再使用可能レポートの検索 

ナビゲーション: レポート> 再使用可能レポートフォルダーを開きます。 

保存されたレポート作成ブロックにアクセスするには、まずレポートを再使用可能に設定する必要があります。 

再使用可能レポートフォルダーには新しいマトリクスレポートを作成するために使用できるレポートのリストが含まれています。再使用可能レポートのリストには、他のレポート ユーザーが追加した共有レポートも含まれます。 

レポート作成ブロックへのアクセス 

ナビゲーション: レポート> [新規レポート] をクリックし、[マトリックス ] を選択します

レポート作成ブロックには、マトリクスレポートビルダーの左パネルにあるレポート要素からアクセスします。ここから、レポート作成ブロックを表示するには再使用可能レポートを展開します。 

レポート作成ブロックを使ってマトリクスレポートを作成する方法 

ここに記載されちる手順では、経費対予算レポートが作成され、再使用可能レポートに追加されたものと見なします。 

保存されたレポートから作成ブロックを使用するには: 

  1. 新しいレポートを作成します。 
  2. 再使用可能レポートのリストを表示するには、レポート要素を展開します。
    例: バージョン、時間、科目の作成ブロックを表示するために経費予算対実績レポートを展開します 
  3. 左パネルの列軸から作成ブロックをドラッグし、レポート領域の列軸へドロップします。
    : レポート領域の列軸に実績バージョンの作成ブロックをドロップします。 
  4. 左パネルの行軸から作成ブロックをドラッグし、レポート領域の行軸へドロップします。
    例: 左パネルのPL経費科目作成ブロックをレポート領域の行にドロップします。 
  5. 必要なレポート構成をもとに、レポートに他の作成ブロックをドロップします。 
  6. レポートを保存し、実行します。 
  • この記事は役に立ちましたか?