メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

レポート要素の説明

マトリクスレポートを作成するときに選択できる 要素について説明します
要素 説明
科目 あらゆるタイプの科目がすべて含まれます。各マトリクスレポートには最低でも 1 つの科目が必要です。
時間 現在のモデルと以下の特殊な時間要素ですべての期間を含みます。
  • 期間から現在まで: 時間層と指定した期間から現在までを素早く指定するために使用されます。デフォルトではルート層が選択されています。 
  • 期間:  期間の範囲を素早く指定するために使用されます。 
  • このレポートのバージョンの期間:  デフォルトで選択済み。レポートの バージョン全体に日付すべてを含めるために使用されます。
  • ~: 構造に2つの任意のリーフ期間範囲を選択するために使用されます。
  • 含む: 通常、月、四半期、年といった値の集約目的で時間層を選択するために使用されます。カスタムカレンダーを使用する場合は、時間層のすべてが選択したとおりに表示されます。
レポートで期間を指定しない場合は、デフォルトでレポート バージョンの期間内の月がすべて含まれます。
組織  表示可能な組織すべてが含まれます。レポートで組織を指定しなければ、デフォルトでレポートの実行者が表示できる組織すべてが使用されます。
バージョン 実績を含むバージョンがすべて表示されます。バージョンを指定しない場合は、デフォルトでレポート実行者が現在作業しているバージョンが使用されます。
通貨 インスタンスで構成されているすべての通貨を表示します。通貨が指定されていないときは、次のルールに従ってデフォルトの通貨が使用されます。
  • ご使用のレポートに含まれるのが、同じ通貨の組織からのデータのみの場合は、組織の通貨がデフォルトになります。
  • レポートに異なる通貨の組織が含まれる場合は、社用通貨がデフォルトになります。 
表示形式 次の形式で数字を表示できるようにします。
  • 値: 通常の値として数字を表示します。
  • 科目のパーセント: 科目ツリーの選択した科目のパーセントとして表示します。
  • カスタム: 現在の共通部分で評価する表現を作成するためにフォーミュラアシスタントにアクセスできるようにします。このフォーミュラアシスタントはレポートの要素に制限されていません。カスタム要素はアカウントの表示形式 % 要素として同一階層に配置できます。  異なる行で異なる数式を使用し、1 列に値を生成する IF 表現を書くこともできます。
科目特性 現在のインスタンスのすべての科目特性が含まれます。

組織の特性 

現在のインスタンスのすべての組織の特性が含まれます。
属性特性 現在のインスタンスの全属性特性が含まれます。
属性 現在のインスタンスの全属性が含まれます。
計算 他の属性要素の数字の小計を作成するための数学的な計算が含まれます。
  • 他の要素の小計 
  • 2つの他の要素の数字の差異 
  • 属性の要素にカスタム計算を作成するための方法。 
計算オプションはすべてレポート層に適用され、1 件のレポート内で層をまたぐことはありません。詳細については「レポートの計算」を参照してください。
再使用可能レポート レポート作成ブロック: ユーザーがアクセスできるレポートで再使用可能レポートと指定された全レポートが含まれます。
  • この記事は役に立ちましたか?