メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

データ抽出

ダッシュボードグラフのデータ分析設定を使用するオプションを説明します。グラフ内のデータを細分化するためのいくつかの例が含まれます。

細分化の設定では、カテゴリまたはセグメント(期間、サブ科目、属性など)にデータが 切片化されます。細分化はグラフの [データ設定] タブから設定できます。グラフのタイプの大半にはデータの細分化オプションがあります。– ゲージグラフ、KPIグラフ、クロス集計グラフ、およびスコアカード グラフには細分化オプションはありません。

細分化オプション 説明 グラフのタイプ
属性 徹底的な分析のため、カテゴリ別にデータを分類します。カテゴリには「販売チャネル」、「場所」、「製品」など 多くの 可能性があります。 面、横棒、縦棒、ドーナツ、地理マップ*、折れ線、円、ピラミッド
なし 科目はカテゴリ別に分類されません。 面、横棒、縦棒、折れ線
メトリック データを科目別に定義したカテゴリに分類します。たとえばウォーターフォールでは、 総収益、売上原価、売上総利益、管理コスト、純利益などの販売メトリック別にデータを 分類できます。  ウォーターフォール
シリーズ グラフに追加する科目で系列が決定し、その 系列ごとにデータを分類します。たとえば収益の円グラフで 系列ごとにデータを細分化すると、スライスは製品、サービス、保守の収益を示します。 ドーナツ、じょうご、円、プラミッド
時間層
時間
グラフで構成された [時間設定] に基づいて、月、四半期、年などの期間に科目データを細分化します。 面、横棒、縦棒、ドーナツ、地理マップ*、折れ線、ピラミッド、ウォーターフォール
    *Adaptive Insights for Salesでのみ利用可能

2番目の細分化

面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフの場合、第1段階と第2段階の細分化を設定して、よりきめ細かいデータのスライスをグループ化および分析できます。例えば、四半期ごとに年間収益を分析し、場所または製品ごとにデータをさらに細分化できます。

細分化の設定

編集モードでデータを細分化できるグラフを開きます。

  1. [データ設定] Disc-DataSettings.pngタブに移動し [細分化] セクションを展開します。

Breakdown Settings on a Chart

  1. 細分化オプションを選択します。選択肢はグラフタイプによって異なります。 

列と折れ線グラフの細分化例

時間で細分化する

この例は、時間ごとの細分化を含む積み上げ縦棒グラフを示しています。データ設定インセットは、細分化の [タイプ] が [時間] であり、[積み上げ] がオンであることを示しています。

Column Chart with a Time Breakdown

属性で細分化する

この例は、位置属性によって細分化された折れ線グラフを示しています。データ設定インセットは、細分化の [タイプ] が [属性] であり、選択した属性メンバーが [場所] であることを示しています。

Column Chart with breakdown by Location Dimension

細分化なし

この例は、細分化のない積み上げ棒グラフを示しています。この設定は、複数のデータシリーズの比率を比較するのに役立ちます。データ設定インセットは、細分化の [タイプ] が [なし] で [積み上げ] がオンであることを示しています。

breakdown_barNone.png

円、ドーナッツ、およびピラミッドグラフの細分化例

円グラフとドーナツ グラフを系列、時間、属性ごとに細分化できます。

系列で細分化する

この例は、各スライスがデータシリーズを表すシリーズ別の細分化を含むドーナツグラフを示しています。データ設定インセットは、細分化の [タイプ] が [シリーズ] であることを示しています。

Pie Chart with Revenue broken down by Data Series

属性で細分化する

この例は、属性ごとの細分化を含む円グラフを示しています。各スライスは、完全所有会社の場所の収益を表します。データ設定インセットは、細分化の [タイプ] が [属性] であり、選択された属性メンバーが [Level > Big Services (100% Owned) > Operations] であることを示します。

Pie Chart with Breakdown by Location Dimension

時間で細分化する

場合によっては時間別に円、ドーナツ、プラミッドグラフのデータを細分化することにも意味があります。時間セグメント別に細分化されたデータシリーズを表示するには、時間スパン範囲を定義する必要があります。

この例は、時間別に細分化されたピラミッドグラフを示しています。各スライスは時間を表します。データ設定インセットは、細分化の [タイプ] が [時間] であることを示します。時間設定インセットは、スパンが [範囲] に設定されていることを示します。

Example Pie Charts with Breakdown by Time

ウォーターフォールの細分化例

ウォーターフォールのデータはメトリック、属性、または時間ごとに細分化できます。

メトリックで細分化する

以下は、前年度の予測収益と実績を 比較したウォーターフォールの例です。メトリック別に細分化されており、各ステップは3つの製品ラインの収益です。 このグラフはウォーターフォール グラフの既定の設定を表しています。

Example Waterfall that Compared Planned Revenue with Actuals

属性で細分化する

次のウォーターフォール グラフは、場所の属性で細分化された収益を示しています。

Waterfall with Breakdown by Location Dimension

時間で細分化する

次のウォーターフォール グラフは時間ごとに細分化されたデータを示しています。このグラフは、第3四半期の各月の収益がどのように認識されたかを可視化するのに役立ちます。

Example of a Waterfall Chart with Breakdown by Time

この可視化を設定するには、すべての設定タイプに時間要素を設定する必要があります。

1データ設定: [時間] による細分化を選択する

2時間設定: [層] を [] に設定します。

3外観設定: [基準値] の [時間の配置] を [] に設定し、 [期間] を [四半期] に、[オフセットカウント] を [1] に設定します。

  • この記事は役に立ちましたか?