メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

グラフの計算を作成する

ダッシュボードグラフに適用できる計算を作成する方法について説明します。メトリック エディターを使用して、既存の科目やその他の保存された計算を参照して式を作成します。計算の編集および削除方法も説明します。

始める前に

  • 計算に詳しくありませんか? 詳しく説明します。
  • 計算の作成: 
    • 目的や終了結果は何ですか? 
    • 式にはどの科目が必要ですか? メトリック エディタを開く前に、式で参照する科目コードを書き留めます。
    • 計算はグラフに適用されるか、別の計算で再使用されますか?
  • 計算のサブフォルダーを作成します。インスタンスに多くの計算がある場合、フォルダーは有用でブラウジングに役立ちます。計算を作成すると、移動できません。 

計算の作成

計算を作成し、データシリーズとしてグラフに追加できます。

  1. エリアとダッシュボードに移動します。ツールバーからEditをクリックして、編集モードに切り替えます。
  2. 左のパネルでAccount Tabをクリックし、科目およびメトリックのリストを表示します。 
  3. 任意の [<インスタンス> メトリック] フォルダーにカーソルを置いてください。More Iconをクリックしてその他のメニューを開いて [計算されたメトリックの追加] を選択します。

Metrics More menu in the Left Panel

メトリック エディターが表示され [設定] タブが開きます。

計算の名前付け

[設定] タブを使用して計算に名前を付けます。各計算には表示名とコードが必要です。グラフおよびその他の計算は、コードを使用して計算を一意に識別します。コードは固有である必要があります。スペースおよび特殊文字は使用できません。

  • QuickRatio (有効)
  • quick_Ratio(有効)
  • quick_ratio_1(有効)
  • quick-ratio (有効ではありません)
  • quick ratio (有効ではありません)

Settings Tab on the Metric Editor

  1. [設定] タブで、名前を入力します。スペースと特殊文字が使用できます。
  2. 計算に固有のコードを提供します。
  3. オプション。短い名前を入力します。
  4. [表示] ドロップダウンから形式を選択します。
    • 通貨(デフォルト)
    • 数値
    • パーセント
  5. 小数位を変更します。デフォルトは0です。
  6. オプション。[保存] をクリックします。

計算を完了する前にキャンセルする必要がある場合、時間を節約するために、各主要なステップ(名前、式の構築、属性の制限)の完了後に保存します。

  1. この時点で保存した場合、計算を再開し、計算の編集を続行します。左のパネルから、計算のMore Iconをクリックし [編集] を選択します。

式を作成する

メトリック エディタのHelp Iconをクリックして、演算子と関数のリストを作成します。

Expression Tab on the Metric Editor

属性と特性を制限する

表示モードでグラフおよびドリルダウンでのフィルタリングと細分化を制限するために、計算の属性と特性を制限できます。例えば、計算で使用可能な属性を [製品] および [場所] 属性に制限できます。

Dimensions and Attributes Tab on the Metric Editor

編集モードでのグラフフィルタと細分化、および表示モードでのドリルダウンで使用可能な属性と特性を制限するオプションを選択します。オプションの例:

  • 自動: デフォルト。組織属性のみ。 
  • カスタム: すべての属性と特性が選択されました。グラフ設定とドリルダウンで使用可能な属性と特性の組み合わせを選択できます。
  • すべて:すべての属性と特性が選択されました。グラフ設定で選択できる属性と特性を選択できます。すべての属性および特性はドリルダウンで使用でき、変更できません。

グラフに計算を追加してデータ設定を編集する場合、フィルタリングの選択は、メトリック エディターから選択した属性と特性に制限されます。

[製品] および [場所] による制限を選択した場合、これらの属性のみが、データシリーズの属性ごとの細分化を選択する際のフィルタリングまたは選択に使用できます。1は、計算が [自動] または [すべて] に設定されている利用可能な属性の例です。2は、計算が [カスタム] に設定され、[製品] および [場所] に制限されている場合の制限された属性の例です。

Available Dimensions after Restricting Drilldown to Product and Location

計算の編集

[<インスタンス>メトリック] フォルダーのいずれかの計算を編集できます。計算の上にカーソルを置き、計算のMore Iconをクリックして [編集] を選択します。設定を編集、式を変更、または属性を変更できます。

変更を行う前に、他のグラフで他の人がこの計算を使用している可能性があることに注意してください。

計算の削除

計算を削除するときは注意してください。他のグラフで使用される場合があります。計算を削除すると、エラーが発生したり、計算を参照するグラフの分析が変更されたりする可能性があります。

[<インスタンス> メトリック] フォルダーのいずれかの計算を削除できます。計算の上にカーソルを置いて、 計算のMore Iconをクリックして [削除] を選択します。確認メッセージが表示されます。[OK] をクリックして削除します。

  • この記事は役に立ちましたか?