メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

計算用の演算子と機能

ダッシュボードグラフの計算で使用される演算子および機能について説明します。

構文ルール

  • 科目、計算およびカスタムメトリックが必要です。科目コード(名前ではない)を使用するか、式の計算コードを使用します。

    • かっこに入れる必要があります。例: [1000_Assets]または[My_Quick_Ratio]

  • バージョン。オプション。構文[code](version = [version name])を使用して、インスタンスで定義されている科目、計算、または、カスタムメトリックのバージョンを参照します。例: [headcount_FTE](version = [Forecast 2018])ここではHeadcount_FTE は科目で、Forecast  2018はバージョンです。指定されていない場合は、デフォルトのバージョンが使用されます。バージョンおよび注文優先順位の詳細は「グラフの計算」を参照してください。

    • かっこで囲んでください。

    • バージョン名にスペースがある場合は、かっこが必要です。例えば、Working Budgetはかっこで囲む必要があります。WorkingBudget にかっこは必要ありません。

  • 演算子の優先順位: 左から右に評価されるか、かっこで囲んで最初に計算してください。

数学演算子

比較演算子

比較演算子は、IF関数で使用します。例: iif([30_Net_Income] <= ([41_laptopRev] + [42_desktopRev] + [43_tabletRev]), [30_Net_Income], 40_Product_Revenue])

比較関数

機能説明
iif(comparison, true expression, false expression) 比較式を評価します。Trueの場合はTrueの式を返し、それ以外はFalse式を返します 。 iif([metric1] > 10 AND [metric1] < 20, [metric2], [metric3])

計算機能

検証機能

機能説明
isnull(expression, null expression) 式がはnullであるかどうかを確認します。Trueの場合、null式を返し、それ以外の場合は、式を返します。 isnull([metric1], [metric2])
isinfinity(expression, infinity expression) 式が無限(ゼロで除算)かどうか確認します。Trueの場合は、無限式を返します。それ以外の場合は、 式値を返します。 isinfinity([metric1], [metric2])
isnan(expression, NaN expression) 式が数値(ゼロをゼロで除算)でないかを確認します。 Trueの場合は、NaN式を返し、それ以外の場合は、式を返します。 isnan([metric1], [metric2])
isnrn(expression, NrN expression) 式が無限、NaN、またはnullなどの実際の数値でであるかどうかを確認します。Trueの場合は、NrN式を返します。それ以外の場合は、式を返します。 isnan([metric1], [metric2])
  • この記事は役に立ちましたか?