メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

ダッシュボードでシートを使用する

ダッシュボードにシートを追加して、プランニング プロセスを簡素化し、共同作業を容易にします。

ダッシュボードのシートを使用して、ダッシュボードから移動せずにデータを入力します。シートを保存して、依存グラフやダッシュボードの変更を動的に表示します。

設定オプションとツールバーの説明については、「ダッシュボード上のシート設定」を参照してください。

Before You Begin

基本ステップ

  1. [編集 Edit] を選択し、ダッシュボードを編集モードにします。
  2. 左のパネルで、Chart tabを選択してグラフを選択します。[シート]  Sheet Chartをドラッグ アンド ドロップし、設計エリアに移動します。
  3. 右のパネルの [外観設定]  Appearance Settingsで、シートに名前を付けます。これはシート用のコンテナのみであり、シート名は変更されません。
  4. [データ設定]  Data Settingsを選択し、シートを選択します。アクセスできるすべてのキューブ シート、モデルシート、標準シートを使用できます。
  5. [完了 Done] を選択します。

シート コンテンツの編集

シートをダッシュボードに追加すると、次のような場合、内容を編集できます。

  • シートの内容を編集する権限があります。
  • ダッシュボードのエリアのコンテキストで、シートが属する組織を選択します。
  • ダッシュボードは編集モードになっていません。

実行可能な編集のタイプは、シート タイプによって異なります。

  1. エリアのコンテキストでこのシートが属する組織を選択します。
  2. 編集するシート内部を選択します。シートのツールバーと、利用可能な右クリックのコンテキスト メニューを使用できます。
  3. Saveを選択して、ダッシュボードのシートと依存グラフを更新します。

キューブ シート フィルタの変更

キューブ シート フィルタを変更するには:

  1. キューブ シートを含むグラフ上にカーソルを移動します。
  2. キューブ シート フィルタを編集可能にするには、シートの [最大化表示] disc-FullViewChart.pngを選択します。キューブ シート フィルタは、デフォルト表示では表示のみです。
  3. キューブ シート属性フィルタを編集します。
  4. 最大化ビューの右上にある [X] を選択し、シートを通常表示に戻します。

エリア属性フィルタは、更新されたキューブ シート属性フィルタをオーバーライドします。

ダッシュボードのシートの表示変更

それぞれのシートの行と列の表示を変更できます。同じ基本シートに基づいて異なる表示構成を使用して、複数のシートを作成できます。エリアのコンテキスト フィルタは、シート表示および表示設定より優先されます。

それぞれのシート グラフの表示を変更するには: 

  1. 編集モードからシート> [データ設定 Data Settings  > 表示オプション] を選択します。
  2. 行と列の表示を変更します。エリアの組織で異なる時間範囲のシートを動的に変更するには、相対的な [表示可能な時間範囲] (例: 現在の月)を選択します。

  3. [OK] を選択して保存します。

[表示オプション] sheetchartdisplayoptions.pngでシートの表示オプションを一時的に変更します。これらの表示変更は、ページから移動したり、エリアの組織で変更を行っても持続しません。

シートを最大化した場合、最大化ビューで行われた表示または表示の変更は、デフォルト表示に保持されない場合があります。

ダッシュボード上のシート例

トップ ライン費用の What-If 分析

費用のトップ ライン ダッシュボードには、トップ ライン費用がリストされている場合があります。ダッシュボードにシートを追加してデータを入力し、グラフのドライバ番号を変更して、さまざまな what-if シナリオがトップ ライン費用にどのように影響するかを確認できます。

An example of Expenses Top Line dashboard that lists your top line expenses

 

  • この記事は役に立ちましたか?