メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

数値形式設定

レポートに数字の形式設定を適用する方法を説明します

データタイプが数値、通貨、パーセントであるあらゆるレポート要素の数値形式を設定します。数値形式設定は、テキストや日付のような数値以外の値には影響せず、シート上のデータにも影響しません。

適用できる数値形式設定: マトリクス、モデル、トランザクションレポート

数値の形式設定

  1. 要素を右クリックしてメニューから [形式] を選択します。
  2. 数字タブで要素の数字形式設定を行います(形式設定のオプションは下記で 説明します)。
  3. 変更をプレビューし [適用] をクリックして変更を保存します。

レポートの競合する数値形式

数値形式設定が競合する要素がレポート上で交差する場合、数値形式設定を持つ要素の形式設定は、形式設定を持つ科目要素をオーバーライドします。

科目ではない2つの要素については、次の形式設定:

  • 内部階層の要素は、外部階層の要素の形式設定をオーバーライドします。
  • 行要素は列要素の形式設定をオーバーライドきします。
  • 列要素は、スプレッドシート要素の形式設定をオーバーライドします。

数値形式が交差するが、競合しない場合は、レポートは両方の形式をマージします。

ゼロの表示形式設定

オプションの例:

  • 科目の形式を使用する: ゼロはレポートの形式設定で使用する要素に共通した科目に選択された [Display Zero As] (ゼロの表示形式)によって形式設定されます。このオプションはマトリクスレポートで科目なしの要素を形式設定しているとき、および、科目以外の要素のデフォルト値の場合にのみ表示されます。
  • 0: レポート上、ゼロは"「0」"として表示されます。デフォルト。
  • - : -レポート上、ゼロはダッシュ「-」として表示されます。
  • 空白: レポート上、ゼロは空のセルとして表示されます。セルにデータがない場合、セルは自動的に空白で表示されます。 

精度の 形式設定

オプションの例:

  • 科目の精度を使用する: モデリング > モデル管理 > 科目ページの順にアクセスし、科目の詳細で小数点の位置の設定を使用します。キューブ科目の場合、キューブ シート ビルダーのキューブ科目ページを使用します。このオプションは科目要素を形式設定しているとき、および、それが科目要素のデフォルト値の場合にのみ表示されます。
  • 科目の形式を使用する: レポートで形式設定する要素と共通する科目の精度設定を使用します。このオプションはマトリクスレポートで科目なしの要素を形式設定しているとき、および、科目以外の要素のデフォルト値の場合にのみ表示されます。
  • -9 - 9: 科目と科目以外の数字要素に具体的な精度を選択します。
    • 正の数の精度: 正の数は表示する小数点以下の桁数を意味します。たとえば、精度 2 は、100 分の 1 の位まで小数点以下の桁数を表示することを意味します。
    • 負の数の精度: 負の数は小数点の左側が指定した桁数に四捨五入される数を示します。たとえば、精度 -2 はすべての値を 100 の位で四捨五入することになります。

千の位の区切り(,) 書式設定

オプションの例:

  • 科目の形式を使用する: 数字は形式設定する要素と共通する科目に対して選択された、千の位の区切りで形式設定されます。このオプションはマトリクスとトランザクションレポートで、科目なしの要素を形式設定しているとき、および、それが科目以外の要素のデフォルト値の場合にのみ表示されます。
    • 千の位の区切りを表示する: ブラウザのロケールに指定されている千の位の区切り設定で表示されます。これは科目要素のデフォルト設定になります。
    • 千の位の区切りを隠す: 数値は千の位の区切りなしで表示されます。

大きさの形式設定

オプションの例:

  • 科目の形式を使用する: 数字は形式設定で使用する要素に共通した科目に選択された大きさオプションで形式設定されます。このオプションはマトリクスレポートで科目なしの要素を形式設定しているとき、および、それが科目以外の要素のデフォルト値の場合にのみ表示されます。
  • 値を表示する: データベースに格納される際、数値を表示します。これは科目要素のデフォルト設定になります。
  • 千単位で表示する: 数値は1,000で割った千単位の数字で表示されます。
  • 百万単位で表示する: 数値は1,000,000で割った100万単位の数字で表示されます。

負の数の形式設定 

オプションの例:

  • 自動設定された文字の色で負号付き: 負の数は表示形式タブで指定された文字の色で、負号とともに表示されます。
  • 赤字: 負の数は赤色の文字で表示されます。
  • 自動設定された文字の色でかっこ付き: 負の数は表示形式タブで指定された文字の色でかっこ付きで表示されます。
  • 赤文字でかっこ付き: 負の数は赤文字とかっこ付きで表示されます。

これらのオプションの表示例:

 

  • この記事は役に立ちましたか?