メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

マトリクスレポートを作成する

レポート ビルダーを使用したマトリクスレポートの作成方法の基礎について説明します。

マトリクスレポートは、行と列の両方に属性を持っています。典型的な損益計算書レポートは、最も一般的なマトリクスレポートで、科目が行に並び、時間が列に並びます。マトリクスレポートは、要素を [要素] パネル1からキャンバス2に向かってドラッグして作成します。 

Create matrix report

各行および列軸には少なくとも 1 つの要素を配置する必要があります。  

が始める前に

  • レポートに詳しくない場合、「Webレポーティング」で記事のリストを参照してください。
  • 必要な権限: レポートにアクセスします。
  • ルールを検討します。

そこに着く方法

Compass.pngナビゲーションメニューから [レポート] をクリックします。次に、ツールバーから [新しいレポート] をクリックして [マトリクス] を選択します。 

基本的なマトリクスレポートを作成する

ビデオを見る:47秒

Create a Basic Matrix Report
 
  1. [要素] パネルから、[科目] を展開し1つ以上の科目を行軸にドラッグします。
  2. [要素] パネルから [時間] を展開し、1つ以上の時間要素を列軸にドラッグします。
  3. [レポートを実行] runReport.pngをクリックします。
  4. 表示に問題がなければ [保存] reportViewerSave.pngをクリックして、レポートの [名前] を入力します。
  5. 出力を選択します。HTML は、レポートを Adaptive Insights に保存します。ここでは、後でレポートを編集できます。PDFはレポートをハードコピーとして保存します。ハードコピーはダウンロード、E メールで送信、共有できますが、編集はできません。 

レポートの消去と削除

保存したレポートを消去するには、レポートの全要素を選択し、削除します。レポートがまだ保存されていない場合は、レポートを終了し、新しいレポートの作成を開始します。

要素

[レポート要素] は科目、組織、時間、バージョンなどがあります。これらの要素は [要素] パネルに別々のリストとして保存されます。レポートに追加できる項目を表示するには、要素リストを展開します。

要素のメインリストに戻るには [要素に戻る] またはリストドロップダウンをクリックします。

Back to element list

キーワードを入力して要素を検索し、検索結果から直接ドラッグします。

層を作成

キャンバスの上で、行および列の要素内に要素をネストできます。項目 を相互に上または下にドラッグして新しい層を設定します。たとえば、バージョン層を持つ時間要素は、時間の列ヘッダーと、その下にバージョンのあるサブ列のあるレポートを表示します。 

Tiered elements in matrix reports

上記の例では、A社の各組織の資産勘定についてレポートしています。

列および行で、要素を展開または折りたたむ

ほとんどの要素は階層の複数層を使用します。下位要素を持つ要素は、"親"と呼ばれ、下位要素は"子"と呼ばれます。デフォルトでは、レポートビューアーには、ロックしない限り、行の要素を展開および折りたためるオプションがあります。レポートビューア―は、列を展開または折りたたむことはできません。

キャンバスに追加されたときに、要素が展開されているか折りたたまれているかどうかを確認できます。

レポートの要素が折りたたまれた状態で、その下位要素の合計値が表示されています。

要素が展開された状態で、下位要素の値が表示されています。 

要素を追加する前後に変更できます。 

要素の折りたたみ

[要素] タブで要素を折りたたみ、その要素を列または行にドラッグアンドドロップします。[要素] タブには、レポートに表示される要素が表示されます。  

Collapsed Column in matrix reports

要素がすでにレポートに存在する場合、レポート内で要素を右クリックして [階層の管理] をクリックします。[常に折り畳む] を選択し、適用します。階層ウィンドウに表示されている要素がレポートに表示される要素です。  

 manage a hierarchy by always expanding, always collapsing, or customizing the hierarchy tree

要素内に500以上の階層がある場合、すべてを表示するか、すべてを折りたたむかのみを選択できます。行の場合、レポートを設定することで、 必要に応じてビューアに行を展開して表示できます 。 

要素を展開する

下位要素を表示するには、[要素] タブの要素を展開します。次に親要素のみを列または行にドラッグアンドドロップします。 要素を展開して親とその子の両方をドラッグすると、レポートには重複するデータが表示されます。 行と異なり、下の例の列は、レポートで展開することも折りたたむこともできません。 

Expanded Columns in matrix report

要素がすでにレポートに存在する場合、レポート内で要素を右クリックして [階層の管理] をクリックします。[常に展開する] を選択し、適用します。階層ウィンドウに表示される内容はレポートに記載されています。 

要素階層の表示方法を選択する

要素階層を選択し、レポート ビューアで常に展開した状態または常に折りたたんだ状態で表示します。デフォルトの [カスタム] オプションでは、要素階層のツリー表示をカスタマイズできます。 

  1. レポートキャンバスで、要素を右クリックして、[階層の管理] を選択します。
  2. 階層の表示方法を選択:
    • 常に展開。すべての子が公開された状態で親を表示します。例えば、親 [資産] 科目は、すべての [現在の資産] と [固定資産] がその下で字下げされた状態で表示されます。階層が変更された場合、新しい親が自動的に展開されます。 
    • 常に折りたたむ。子を使用せずに親のみを表示します。例えば、親の資産科目のみが表示されます。その下に子科目は表示されません。階層が変更された場合、新しい親は自動的に折りたたまれます。 
    • カスタム。階層を定義するときに、要素階層ツリーを表示します。例えば、階層の一部を展開し、他の部分を折りたたむことができます。

ビューアでの 行 の展開または折りたたみを制御する

  1. reportProperties.png をクリックしてレポートのプロパティを開きます。 
  2. [表示] タブで、行を拡張できるように 選択または選択解除して[適用] をクリックします。 
  3. レポートを保存し、実行します。 

フィルタ 

フィルタを使用することで、レポートに取り込まれるデータが制限されます。例えば、[エンジニアリング](合計)などの特定組織を [フィルター] セグメントにドラッグする場合、レポートには、その組織のデータのみが表示されます。 

  1. 列または行として使用されていない [要素] タブの要素をクリックします。
  2. リストを展開し、サブ要素をレポートの [フィルター] セグメントにドラッグアンドドロップします。 


     
  3. レポートを保存し、実行します。

パラメーター

 パラメータを使用することにより、オプションを選択して特定の要素を有効にすることができるため、レポートを再実行して異なるデータセットを表示できます。 

パラメータを使用すると、レポートを表示するユーザーは異なるフィルターを選択できます。パラメータをレポートに追加するには、まず要素がすでに行、列、またはフィルターであることを確認します。 

1行、列、またはフィルターセグメントから要素をドラッグし、[パラメータ] セグメントにドロップします。一致するプラグアイコンが複製セグメントに表示されます。 

2 パラメータ要素を右クリックして [プロパティ] を選択し、[パラメータ設定] ウィンドウを開きます。

Drag elements from rows, columns or filters into parameters.

3ビューアーに表示されているドロップダウンメニューの名前として表示されている [ラベル] 名を入力します。たとえば、 のような名前を入力し、バージョンを選択します。 

4 実際のレポートを表示する前にビューアでパラメータを選択する場合は、[表示前にダイアログを表示する] チェックボックスをクリックします。 

5 [選択肢] セクションで、ビューアに表示するオプションのチェックボックスをクリックします。展開して要素の"子"を選択します。 

6 任意のオプションをクリックしてから、[ 初期の選択として設定] ボタンをクリックします。レポートは、既定としてこのパラメータで実行されます。 

[適用] をクリックして、レポートを保存し実行します。

バージョンのオフセット

バージョンが要素として使用されるときは常に、レポートの時間要素に従ってデータのオフセットを選択できます。 たとえば、時間要素が2017年で、バージョンを12か月遡る場合、レポートには2016年のデータが表示されます。 

  1. レポートのバージョン要素を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。 
  2. 要素が行または列のセグメントにある場合、[バージョンのオプション] タブをクリックします。 
  3. ](週、月、四半期など)を選択します。使用可能なオプションは、インスタンスのカレンダー設定によって異なります。
  4. 選択されているに基づいてどれぐらいオフセットするかを入力します。 
  5. [] または [] ラジオボタンをクリックしてデータを切り替えます。
  6.  [適用] をクリックします。
  7. レポートを実行し、[情報] をクリックしてバージョンのオフセットを表示します。 

ゼロと空白の管理

対応するシートセルに入力された値がゼロの場合、または対応するシートセルに値がまだ入力されていない場合、ゼロが表示されます。 

データクロスセクションが存在しないときに空白が表示されます。これは、科目が列 よりも高位の時間設定であることが原因で発生します。たとえば、科目には月単位データIntern Expenseがあるとします。 科目に週単位のデータがないために、週単位の列は空白で表示されます。  

レポートにゼロを表示させる方法を管理するには:

  1. レポートを実行し、[編集 ]をクリックします。
  2. [プロパティ ]をクリックします。
  3. [表示] タブで、[すべてゼロまたは空白の場合は行を表示しない] チェックボックスをクリックできます。選択すると、データがない行、すべてゼロの行は非表示になります。 
  4. [数字] タブをクリックし、[Display Zeros(ゼロの表示)] ドロップダウンリストから 科目の形式0-、または空白を使用するように選択します。 
  5. [適用] をクリックします。
  6. レポートを保存し、実行します。

列と行の要素のプロパティは、レポートの設定を 上書きします。各要素のゼロを管理するには:

  1. 要素を右クリックし、[プロパティ]を選択します。 
  2. [数字] タブをクリックし、[Display Zeros(ゼロの表示)] ドロップダウンリストから科目の形式0-、または空白を使用するように選択します。   
  3. [適用] をクリックします。
  4. レポートを保存し、実行します。

ベストプラクティス: ゼロを0または-で表示して、ゼロ値と無効なデータポイントとを区別します。 

マトリクスレポートルール

  • 同様の要素は同じ軸を共有する必要があります。列軸に要素をいったん配置すると、同じ要素を同一行上に配置することもフィルターで使用することもできなくなります。 たとえば、現在のアセット(科目要素)を列軸に配置したら、固定資産(こちらも科目要素)を行軸には配置することも、フィルターとして使用することもできなくなります。このルールは行軸にも適用されます。

  • レポートのフィルターセクションに要素が配置されたら、これは行、列、シートタブで利用できなくなります。フィルターとして配置された要素はパラメータ用として使用できます。

  • パラメータとして使用された要素は、レポート上の行、列、フィルターに配置されている必要があります。 

混合時間構成

レポートの時間要素階層を管理するときは、科目の時間設定を考慮します。

  • 時間要素を展開して科目の時間設定を合わせます。たとえば、レポートに月単位の科目しかない場合、月単位のみのデータを含めるか、それより上位の時間要素階層のデータのみを含めたいとします。
  • 時間要素の階層を展開し、科目の最も大きな時間設定と合わせます。 たとえば、科目が週単位で、一部が月単位である場合、時間要素階層を月単位のみで展開します。レポートには、月間の週単位の科目の合計値が表示されます。時間要素に週を含める場合、例の研修費用に示されているように週単位のセグメントが月単位の科目に空白で表示されます。

  • フィルタとしての科目: 異なる時間設定の科目がフィルタとして使用されるときは、データがどのように表示されるのか に留意してください。たとえば、フィルタに複数の科目(週単位と月単位が混在)が含まれていて、時間要素を下位の時間に展開する選択をした場合、レポートには次のデータが表示されます。
    • 週のセグメント: 週単位のすべての科目の合計。
    • 月のセグメント: 週単位と月単位のすべての科目の合計。

スタイルと形式設定

マトリクスレポートの可読性を改善するために、レポート値に基づいて形式設定ルールを指定できます。「レポートの条件付き形式設定」を参照してください。条件付き形式設定は、次のタイプの形式設定で使用できます。これは、すべてのタイプのウェブレポートで使用できます。

  • この記事は役に立ちましたか?