メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

マトリクスレポート用ツールバーボタン

マトリクスレポート ビルダーのアイコンと要素メニュー項目について説明します。
アイコン 説明
reportViewerSave.png 保存、名前を付けて保存、保存して実行
レポートを保存、名前を付けて保存、レポートをHTML, PDFとして保存し実行、またはExcel ファイルとしてエクスポートします。
runReport.png 実行、Xとして実行
レポートを実行、HTML, HTMLとして新しいウィンドウで実行、Excelとして実行、またはPDFとして実行します。
reportShowSheets.png シートを表示
繰り返し使用するレポート用のページ下部に表示されるスプレッドシートタブ軸の表示と非表示を切り替えます。
reportProperties.png レポートのプロパティー
垂直線の追加、行の番号付け、合計行数の表示、空列の非表示設定など、表示プロパティーを含むレポートプロパティーを管理します。

[表示] タブ: 概要レポートプロパティの設定、空白行の非表示、セルノートの追加、行の拡張の許可、科目での分割の表示、すべてがゼロまたは空白の場合に行を非表示、合計の非表示、レポート上のロゴの表示、既定のラインメモの場所の設定などを行います。行の展開と折り畳みの機能をオフにすることで、レポートで必要になる計算の回数を減らせるため、実行速度を改善できる可能性があります。

合計を非表示にすると、マトリクスレポートフィルダーで展開した要素の合計を非表示にします。また、HTML レポートで展開/折りたたみコントロールを非表示にします。

合計の非表示をオフにすることで無効になります。

  • 下部に合計行を表示 
  • 行の展開を許可 

スタイル タブ: ピクセルで列幅を設定し、ヘッダーやデータのフォント サイズ、色などを変更します。

条件形式設定タブ: 条件形式設定ルールの設定、追加、削除を行います。

数字タブ: ゼロの表示方法の設定、精度の選択、 千の位の区切り文字の選択、大きさの指定、形式設定のプレビュー、負の数の形式設定の選択などを行います。

印刷パラメータータブ: Excel PDF のレポート出力用パラメーターを設定します。これには、方向、&用紙のサイズ、色の管理、縮小/拡大、部数、マージンなどが含まれます。

reportEditProperties.png 要素のプロパティー
選択した要素のプロパティーを管理します。

要素プロパティを編集する方法を変更します。

  • デザイン領域で要素を右クリックし、メニューでプロパティを選択します。
  • デザイン領域で要素をダブルクリックします。

名前の変更タブ: 列タイトルの表示を変更します。

スタイル タブ:要素の形式設定を変更します。

数字タブ(数値の要素でのみ使用可能): ゼロの表示法、小数点の位置、千の位の区切り、大きさ、負の数の形式設定など、数値の形式設定を変更します。

通貨タブ(通貨を使った数字要素の合計行にのみ使用できます): 通貨の種類を選択します。

左右に移動する
選択した要素を右または左に移動します。

その他の移動手段: 右クリックして [左に移動] または [右に移動] をメニューで選択します。

上下に移動する
選択した要素を上下に移動します。

その他の移動方法: 右クリックして [上へ移動] または [下へ移動] をメニューで選択します。

削除
要素を選択し、キーボードの Del キーを押します。

  • 右クリックし、メニューで [削除] を選択します。
  • ツールバーの削除アイコンに要素をドラッグします。
  • この記事は役に立ちましたか?