メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

レポートのカスタム計算の数式構文とルール

マトリクスレポートの数式構文、ルール、計算例を提供します。

計算のルール

既存の層に計算を追加して、その層で計算します。例えば、カスタム計算を組織層に追加して組織を計算します。「マトリクスレポートに計算を追加する」を参照してください。計算数式では、レポート内の以下の要素を参照できます。

  • レポートプロパティまたはユーザーセッションに依存しない [要素] パネルcallout_1.pngの要素。これらの要素は、レポートの行、列、フィルター、またはシートタブには含まれていません。例えば、科目で計算する場合、[要素>科目] の下に表示される科目と同じ科目を数式で使用できます。   
  • callout_2.png行、列、フィルター、シートタブなどのキャンバス内の要素。これらの要素は、一部のレポートプロパティまたはユーザーセッションに依存しています。計算は、要素コードを使用してキャンバス内の要素を参照します。例えば、 Current Versionは、[バージョン] 属性の特定の値を参照しないキャンバス上の要素です。レポートの実行時に現在のユーザーが使用しているどのようなバージョンにも対応するように変更されます。

image showing elements panel and report canvas

数式構文例

すべての標準数式演算子と関数は、レポート数式構文に加えて、レポートのみの次の数式構文で使用できます。  数式関数」および「計算用の演算子と関数」を参照してください。 

[要素] ペイン

「科目コード」または「要素名」を使用して、角かっこのこれらの要素を囲みます。次の例を参照してください。

  • 科目。例えば、粗利益を計算するには: [PL_Income]-[PL_COGS]。 
  • カスタム属性。例えば、米国、日本、カナダを合計するには: [米国]+[日本]+[カナダ]
  • 組織属性 親要素を合計するには、かっこで囲んだプラス(+) とマイナス(-)を使用します。例:
    • [操作(+)] は、操作の合計を指します。

    • [操作(-)] は「操作のみ」の組織を指します。

  • 合計()。この関数を使用して、モデリングで科目に設定されている合計モード(合計または平均)に基づいてデータを集計します。例えば、マーケティング、エンジニアリング、および販売組織のデータを合計するには、次を使用します。合計([マーケティング]、[エンジニアリング]、[販売])。合計に別の値のサブセットである値が含まれる場合、関数は親値を使用し、サブセットを無視します。この合計()関数は、レポートのカスタム計算要素でのみ使用できます。 

レポートキャンバス

コードを使用してレポートキャンバス内の要素を参照するには、RPT構文を使用します。以下に例を示します。

  • レポートで最初の月を参照するにはRPT.FirstMonthを使用します。
  • 地域のエリアの共有を計算するには、 DIV(RPT.SelectRegion,[Region(+)])*100を使用します。Select.Region は、販売 - 北米などの特定の組織のコードです。Region(+)は、操作などの特定の組織の親組織を表します。

    例えば、北米(NA)地域が占める販売収益総額の比率を表示したいと考えています。      このレポートを作成するには、レポート行にSales Revenue科目およびNA とその親エリアを追加します。カスタム計算をエリア層にドラッグします。列上で、時間と組織(HQ)を追加します。カスタム計算に数式を追加して、地域合計の比率としてNA の販売収益の共有を計算します。

    A region's share of the total

要素はレポートパラメータです

要素がレポートパラメータである場合、パラメータ値は計算で反映されます。例えば、レポートの列には時間(1月、2月、3月)が表示されます。時間はパラメータです。[小計] 列には、月の値が追加されます。パラメータを変更して2月、3月、4月を表示する場合、[小計] 列にこれらの3ヶ月の値が追加されます。このレポートに表示されている3つの期間を合計するには以下を使用します。

RPT.FirstMonth + RPT.SecondMonth + RPT.ThirdMonth

FirstMonthSecondMonthおよび ThirdMonthは、時間要素のコードであることに注意してください。

  • この記事は役に立ちましたか?